Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

なぜ気づけないのか?

最近色々と聞くことである。日本のオペラが気持ち悪いと。理由は、取ってつけたような変な演技、本来音楽であるオペラの強制芝居化、などなど。オペラファンではない音楽ファン、音楽ファンではない方々、とにかく広い範囲で聞く。要するに、数少ないオペラファン以外全員ということになるであろう。


日本のオペラ関係者は、これらと真逆にオペラの強制芝居化まっしぐらである。自分の知る限り、日本でオペラに携わってる方で、ある程度のレベルで音楽に興味があり実践している方を知らない。逆に芝居化には最低でもみな強烈なこだわりをもっている。


このやる側と聴衆側の真逆なギャップは何なのか?一つ言えることは、オペラは芝居ではなく音楽ということ、これだけは世界の常識、歴史がそうである。そして個人的に一番謎なのは、日本のオペラ関係者が、オペラは芝居ではなく音楽であるということ、一般人らから気持ち悪がられて敬遠されファンが増えないこと、なぜこれらに気づけないのかということである。オペラ関係者は皆、芝居=演技がないと集客につながらないと強く言うが、それで来るのは内輪の話であって、それ以外は上記の通り、これが世の中の現実である。ここまで来ると、気づけないというより、我を通しているに過ぎない。なぜそうなるのか、音楽家として、人として、とにかく不思議である。


聴衆の為

聴衆の為に、お客様の為に、よく聞く言葉である。それゆに、色々な演奏団体が色々なコンセプトを考え実施しているわけである。それにより色々な考え方ややり方が出て来るのは当然である。しかし、忘れてはならないことがある。演奏家は何より演奏で表現し聴衆を満足させねばばらず、それ以外の考え方ややり方はその後の問題であり、何より演奏そのものをどうするかが聴衆の為になるということである。聴衆はやはり演奏者には演奏の良し悪しを求めて来るのである。


日本のオペラ団体によくあるのは、演奏が一番後回しになり、過剰な芝居や舞台セット等に意識が行き過ぎである。さらに、日本のオペラ界は何とも言えない独特なスタイルと言うか風習があり、それを貫くことが聴衆の為と思い込まれているところが多い。しかしとんでもない間違いである。それらこそがオペラファンを増やせない最大の理由になっていることに誰も気づいていない。まず日本独特の強制芝居化による学芸会のようなオペラ公演、最大の欠点である。身内は来てくれるかもしれないが、それ以外のファン層獲得に一番障害になっていることは明らかである。それゆえの日本のオペラ界譜独特の風習等は当然見直すべきところが多い。オペラ関係者は「日本のオペラは〇〇だから、そうでないといけないし、聴衆の為なら〇〇すべきである」といった言い方をよくする。はっきり言うと、それが理由で日本ではオペラは発展してないし、その前に本来オペラとは何か、どういうものか、それらを学び直さねばならない。


悲しいのが、残念ながら日本のクラシックファンのほとんどがオーケストラや器楽系と言ってもいいだろう。オペラファンはごく少数。そして同じクラシックファンでありながら、オーケストラや器楽のファンがオペラを毛嫌いしてこない者が非常に多い。理由は簡単である。日本のオペラは強制芝居化による学芸会がほとんどであるため、音楽と思えないからである。オペラは芝居ではなくて音楽である。ヨーロッパはもちろん世界の常識である。それを普通に自然にやれば、少なくともこういった毛嫌い的な者は減るかなくなるであろう。聴衆の為、これをもし本当に第一に考えるならば、まずはオペラ本来の姿を知った上で、あくまで演奏で聴かせることに集中すべきである。演技等はそれらが最低限度できてからの話である。日本でオペラを発展させるにはこれしかないと思う。しかしこれが一番不可能に近いぐらい難しい。ほんの少しのわずかな挑戦かもしれないが、自分が 日本でやるオペラ人としての最後の仕事がこれである。どこまでできるかは分からない、恐らく全く無理かもしれない、でも最後にもう少しだけ試してみようと思う。


日本語発音

そもそも外国語を日本語で書くことには限界があり、外国語の専門家=発音を分かっている人ほど日本語(カタカナ)で書きたがらないものである。自分も例外なくそうである。カタカタにすると明らかに違た音になり誤解も生じる。可能な限り正確に表記したつもりでも、日本人の日本語発音とは外国語と同じになることはない。これは世界中どこだも誰でもそうであるが、特にアルファベットを使っていない我々はさらに問題になる部分である。


Korrepetitor、日本語ではすでに色々な表記がされている。最近出させて頂いた著書にも書いたことだが、無理矢理正確な発音を頑張ってカタカナにすると「コッレペティートア」みたいになる。みたいというのは正確な再現は不能で限りなく近くということである。しかし、これを日本人が普通に読むと、原語とはかなりかけ離れたものになってしまう。ゆえに、自分は著書でもそうだが、原語の発音と日本語表記のバランスを考え、日本人が読んだ場合一番原語に近い発音をということで「コレペティトア」と書いている。ドイツ語のように長母音短母音もなければアクセントもない日本語、この表記が一番自然に来る。事実、色々な表記がすでに存在しているとはいうものの、現地を経験しそれなりのレベルの者=ドイツ語が最低限度分かっている者は、やはり「コレペティトア」と表記している者がほとんどである。このように、限界はあるとは言え、可能な限り正確な音を伝えることは非常に重要である。


誤解を解いておくと。日本に多い間違った表記は以下である。


コレペティトール
コレペティトゥア
コレペティートル
コレペティートーア


などである。解説する。


コレペティトール
途中までは悪くないが、トールというのは完全なる日本語読みである。ドイツ語の場合、通常語尾のrは巻かずに発音するが、歌唱表現の場合は巻くことがある。ゆえにこうなったという考えもある。しかし話す時にこれは言わない。また現実問題、ドイツ語を分かってない声楽家ほど全てのrを巻くものと思い込んでいる場合が多い。そして古くからドイツ語の日本語的日本語表記にこのようなものが多かった。例えば合唱=Chor、これをよくコールと表記している。ドイツ語が最低限度分かる者にとっては極めて違和感がある。実際は無理矢理カタカタで書くとコーアみたいになる。同様にコレペティトールというのもこのようにして日本語発音になった結果というわけである。現地ではまず聞かないものであり、下手したら現地人に通じるかどうかさえ微妙である。


コレペティトゥア
途中まではドイツ語だが語尾が明らかにフランス語である。確かにフランス語でcorepetiteurというのもあるが、恐らく日本に伝わってきているコレペティ…というのはドイツ語から来た認識であろう。ゆえに、これは単にドイツ語とフランス語がごちゃまぜになったものであり、要するに認識不足と言える。あるいは日本の声楽家にはドイツ語が嫌いな者や弱い者が多い為、ドイツ語発音が嫌でこのようになった可能性もあるような気もする。


コレペティートル
コレペティーまでは決して悪くはないが、ここでも上記同様rを巻いている。そしてトルというのは極めて日本語的音である。ゆえに、やはり極めて違和感の強いものとなっている。


コレペティートーア
稀だが、こういう表記があるらしい。結構最近知人から聞いた話であり自分で見たわけではないが、堂々とそう書いている人がいるらしいのであえて指摘しておく。これは完全に一番ドイツ語ド素人である。語尾のrを巻いてないだけまだマシと言えるが、しかしトーアのトーはドイツ語の音としてあり得ない。音に対する感覚の違いとしてそう聞こえてしまうアジア人等は存在するかもしれないが、それにしてもセンスが悪すぎる。少なくとも、ドイツ語話者から専門家の間では聞いたことがない、というよりあり得ない発想である。正直、なぜこうなったのか理解に困るし、堂々とこう書いてしまうという時点で明らかにド素人決定である。


とりあえずこのような感じである。前記の通り、音=発音を紙の上で文字で書いて説明で来るわけもなく、また正確に解読することも限界があり不可能である。やはり言葉の発音とは実際の音で理解し判別するしかないわけである。日本人はどうしても書籍やネット上の出典等を一番信用してしまう癖があるが、しかしそれは現実を見ていないに他ならない。それで済むものも世の中にはあるかもしれないが、恐らくそれは機械的なものや数学的なものであろう。音に関しては出典は全く信用できないし、ましてや音楽家や言語学者などとしてはそれは恥以外の何物でもない。例えば、素人や原語の発音の正しい知識がないものが、いくら権威あるからと言って有名な辞書などの発音記号を参考にしたとする。しかしその者は専門知識がないため、いくら発音記号の読み方が分かっていても正確にその発音を再現することは一生できないわけである。ただでさえ日本人は言葉のみならず全ての者を日本人の都合に合わせてしまう傾向が強い島国な人種、言葉の発音においてもこのようなことが原因で誤解が生じ間違った認識になっているものが非常に多い。オペラに携わっていると、特にドイツ語を筆頭にこういったことが非常に多い。本場本物の現実と真正面から向き合うことの大切さをここから改めて学ばせてもらった。


話を戻して、コレペティ…の発音に関することはごく一部に過ぎない。Chorもそうだが、他にも本当に色々ある。自分一人がこう言っても何も変わらないかもしれないが、少なくともコレペティトアとして活動する者、学ぶ者、これから始める者、せめてまだまだ限られたこの人種だけでもそういった意識を持って頂きたいと切に願う。とりあえず、限界があるとは言えそれなりのレベルの者が表記している「コレペティトア」だけでも正確に認識して頂きたいと思う。やはりコレペティトアとして仕事している者が「自分はコレペティトールです」などど言うと、分かっている者&している者からするとはっきりいって相当引いてしまう。たかがそれだけ?と言う方もいるかもしれないが、ものすごく大事なことであり、逆に言えばその程度も謙虚に理解できない者はその先がないわけである。自分の好き勝手=趣味でいい方はそれが全てかもしれないが、少なくともヨーロッパと日本を行き来して来た者として、せめてその最低限度の知識ぐらいは正確に伝わって欲しいと思ったから、ここのあえて書かせてもらったわけである。