Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

ルサルカより

先日ルサルカ公演が終了した。何とか…と言った感じだった。ご来場&ご協力頂いた全ての方々へはもちろん感謝していうが、しかし歌手によってくっくりと明暗が分かれた公演になった。特にその暗の部分は日本のオペラ界の一番駄目な部分であった。


よかった部分は、しっかり暗譜し自分なりに歌い切り作品と向き合った歌手が何人かいた。悪かった部分は、演奏会形式にもかかわらず好き勝手に演技しまくって音楽無視の自己満足の歌手が何人かいたということである。しかも、普通の舞台上演でそれならまだ分かるが、演奏会形式で一切動かないと散々言ってきたにも関わらずそういう結果になってしまった、要するに音楽を周りを無視して徹底的にオペラを自分の好き勝手な姿に変えて自己満足に走ったということである。そして主催者側としては、その結果を受けてその暴走(演技をしてしまう)を止められなかったと言うことに反省が一転集中してしまうわけである。


そもそもなぜこうなったか。人間性と言われればそれまでかもしれないが、その前になぜそこまでして契約違反をしてまで動きたいのかである。なぜか日本のオペラ界のほとんどは歌いたいではなく演じたいである。なぜオペラなのに芝居希望者が集まっているのかである。要するにオペラを思い込んでいるか無理矢理変えようとしてるというわけであるが、ヨーロッパで研鑽と経験を積んだ者としてはやはり理解不能である。


今回は舞台所は照明だけそこそこ雰囲気付けて、音楽が途切れないためどこで出てはけてという導線だけを決めて、後は音楽の流れでとしたわけである。しかしやはりオペラは芝居で作るものと思い込んでいたのか、そういう者達はそれを都合よく解釈し、動いていいと覆いこんだのか、あるいは単純に本番は動いた者勝ちとして契約を無視したのか。まあどちらかであろうが、この時点でオペラ人失格であり、またチームプレイ不能な者として社会人としても失格である。主催者側としてはある意味こうなることをある程度予測していた部分もあったので、あえてこの”一切動かない”を相当強調したつもりではあったが、足りなかったようである。あるいは日本のオペラ界では不可能なのか?動かず音楽でオペラを作る、これは当たり前の普通のことであり、実際に演技を入れる前に誰でもやることである。言いかえれば音楽だけで一通り全て作れるわけであるし、それができない者に動く資格はない。ゆえに前述の物は単なるアマチュアということになってしまう。一番避けたかった結果になってしまった。


そんなこんなで、いい部分と悪い部分が超極端な公演ではあったが、ありがたいことに評判は悪くはなかったようである。せめてもの救いだったが、しかし本物をやる、今回ルサルカと言う珍しい作品であっただけに現地のオリジナルを再現する目的でやったが、正直いなかった部分があったのは心残りである。そもそも、動いてしまったがために音楽がぶち壊れてしまった、練習してきたことが全て水の泡になってしまった、そういう何人かは何度も言うようだが残念でならない。今後はこの経験も踏まえてさらに気をつけねばと思った。


ルサルカ~合同練習

今週、年明けに行うルサルカの合同練習を3日間行った。歌手陣は皆チェコ語初心者で、はっきり言ってチェコオペラは素人である。若干名チェコ語で歌ったことがある者も一応いるが、しかしチェコ音楽&チェコ語の正確な情報がないに等しい日本でちょっと歌ったところで、我々現地を知る者からしたらそれは経験ないレベルに等しい。そんなメンバーでチェコオペラ最高傑作ぬ挑もうといいのだから、実は無謀な企画と言うわけである。それでも歌手陣は皆このオペラに興味を持ち、慣れないながらも自分なりに何とかしてきている。そんな中、現地での経験載る自分が少しでも正確にこのオペラを伝え、一人でも多くの方に本物のルサルカを知って頂ければ、という企画である。


とは言え、それゆえに知識&経験がない為、やはり日本のオペラ人はチェコオペラはまだ初心者であり、現時点では例えどんな名歌手を集めたところでチェコオペラをある程度のレベルで演奏するのは不可能である。もちろん日本人の感覚とやり方で日本的に作って日本に中だけで評価をえるのは可能であるが、本場チェコのそれにするのは今はまだ全く不可能である。今回集まった歌手陣は本当に駆け出しの若手からそこそこ経験とキャリアのある中堅&ベテランまで幅広くいるが、しかしその中の経験豊富な辺りですらやはりこの作品を仕留めるのは至難の業である。いい悪いの問題ではなく、知ってるか知らないかの話である。個人的には、日本の声楽家人口からしたら微々あるものかもしれないが、少なくとも今回のメンバーにルサルカとは&チェコオペラとはこういうものというのが伝えられればと思うし、また聴衆にも少しでも伝えられれば指揮者としては充分喜ばねばならないことだと思う。


とは言え、正確な情報が全くないルサルカではあるが、しかしすでに大きな誤解が生じている。日本でルサルカと言えば、ルサルカのアリアしか知られていない。そして一番大きな間違えは、日本ではルサルカは太く重い声の人がたっぷり揺らしてドラマティックに歌うものとすでに思い込まれていることである。これは全くの間違え、と言うより真逆である。実際チェコではもっと軽く細い透明な声のソプラノがサラッと歌っている。特にそのアリアは、日本では無駄に揺らしてドラマティックに歌われていることが多いが、実際はこのオペラの中でも特にサラッと歌うセレナーデ的な歌である。チェコではルサルカは中ぐらいの声(リリコの太くない声)と基本的にはされているが、実際はその中ぐらいから軽め&細目の範囲の声のソプラノが歌っている。逆にそれ以上に太い&重い人は少な、なぜなら声が太く&重くなっていくと歌唱困難になるからである。もちろんそういう声の人でも軽くサラッと歌える技術のある人は歌唱可能で実際に歌っている人もいるが、本来はと軽めの人が適任である。このような誤解が起こった理由は、やはりアリアしか知られてないため適した声を判断するのに情報が不十分というのがあるだろう。そして基本的に大きく太く…なのが好みの日本人の感覚が合わさって、ルサルカの声の設定が本物の情報が来る前に間違って出来上がってしまったのだと思う。


年明けのルサルカ公演、そんなこんなでチェコ語やチェコ音楽の完成度は正直どこまでいけるかというのは現時点ではやはりあるが、しかし今回の歌手陣はオーディションで選び、皆声自体は各役にはまっており、チェコに行けば普通にありえるやつである。というわけで、恐らくルサルカは細い&軽いので?と思われる方もいるかもしれないが、しかしチェコではよくいる声のソプラノが今回選ばれている。その他もそうである。音楽の作り方等もそうだが、設定的なところも踏まえて、今回どこまでオリジナルを日本に伝えられるか、そこが指揮者として一番やるべきことだと思って今回やっている。


とうわけで、前売りも当日券もまだあります。ご興味持って頂けた方は是非ご来場下さい♪


暗譜について

オペラに携わっていていつも思うことだが、なぜ声楽家は大半が譜読みが弱く暗譜を嫌がるのか。特に日本では、暗譜するのは演技するために仕方なく…みたいな者も少なくない。形式的には演技するためというのも一理なくはないとしても、やはり最大の目的はそれではない。それより何より、やはり暗譜した状態が一番音楽に集中できるわけであり、楽譜を見るというのはそれだけで楽譜を見るという意識にある程度集中がいくため、多かれ少なかれ音楽への集中は欠けるわけである。


そもそもなぜ声楽家は譜読みが弱いのか?正直分からない。普通に勉強&訓練すれば普通にできることと思うが、要するにそれをやってないということになるが、なぜ声楽家はそれをやらないのか?これが謎である。ではそれをやらずに何をやっているのか?これまたな謎である。一つ分かるのが、やたらと発声の訓練ばかりして声のことしか考えないというのが多すぎるのはある。しかし、例えばソルフェージュ的なことは最低限度やらねばどうしようもないことであるので、それをやってないとなると単純にアマかということになるが。で、それらが欠けるならば当然暗譜能力もある程度それに比例するわけであるが。


暗譜に関してだが、読譜力等が弱い場合はいくらか手こずることにはなるが、しかしはっきりいって慣れの要素も暗譜には強い。要領悪くともある程度回数と時間をかければ自動的に覚えてしまうものである。速度には個人差が出て仕方ないまでも、暗譜は絶対できないものではない。要するに、気持ち一つである。暗譜ができない、やりたくない、不安、などというのははっきり言って完全なる言い訳であり甘えである。そもそも暗譜できない者はオペラの舞台に立つことは不可能である。


自分はとある考え方から日本では演奏会形式でオペラをやることにこだわっているが、この場合演技がないから=演奏会形式だから楽譜見ていいでしょ?という者が少なくない。我々からすると、演奏会形式=演技なしだからこそ音楽に集中できるというわけで、暗譜してひたすら音楽だけで表現することに徹したいと思うわけである。というより、本来オペラはそれが普通であり、それでさらにプラス演技というわけである。演技があるから歌はほどほどで後は動きで見せればいいというわけでは決してない。結局音楽をしっかりやる=暗譜するは当然で当たり前のことである。それができない者は単にオペラに出ることは不可能、要するに能力なしということである。


最近思うのが、特に日本で演技重視(オペラ=芝居)、そしてこの暗譜等の問題、これらから正直疲れていている。オペラはもちろん自分の最大のネタであり自分が一番世の中に貢献できるものであることには変わりないが、このような状況が続くと逆に自分には何もできなくなり、心身ともに疲れてくるわけである。そろそろ深刻な悩みにもなって来た。