Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

ソリストと合唱

日本の声楽家の間でこの2つには差別的なぐらいの違いがあることが多い。ソリストが偉くて合唱は偉くない=その他大勢、ようするにソリストになれるレベルがないとか、ソリストになれなかった人がやるとか、とにかくマイナスイメージしかないことが多い。人によっては、ソリストが参加費やチケットノルマを持っているプロジェクトにもかかわらず、合唱だったギャラ出せと言う。これはさすがにとんでもないレベルの話だが、これに象徴されるようにとにかく酷いことが多い。


自分もかつて声楽家だったが、しかし当時からこのことを実に不愉快に思っていた。自分はオペラの合唱等を当時は積極的にやっていた。特に学生時代は参加費やギャラとは関係なく。しかし学生の時から、ソリストは勉強になるが合唱はならない=くだらない、という者が非常に多かった。さらに言うと、ソロで歌うのではなく、皆で歌うこと、アンサンブル、こういったものに興味がない人が言いすぎると思う。特に日本で声楽科にはアンサンブルに興味ない者が多いと思う。


確かにソリストはソリスト、合唱歌手は合唱歌手というところあはる。しかしこれは決してマイナスな意味ではない。もちろん好みや適性はあるにせよ、ソリスト>合唱、というのは根本的に音楽家としてなってないのではと思う。日本の、特にオペラ関係に携わっていると、昔も今もこんことを痛烈に感じる。合唱以前に、アンサンブルをもっと大切にすべきと思うし、そこにこそ音楽の醍醐味がある。まあ日本のオペラ界はオペラは音楽ではなく芝居という設定なので、まず音楽に興味がないゆえにの話かもしれないが。オペラ指揮者としては非常に残念に思う。


ルサルカ序曲のネタ

よくオペラの序曲では、そのオペラに出て来る主要な旋律をいくつかメドレーのように出してくるものが多くみられれます。例えば”こうもり”がいい例です。はたまたオペラには出てこない音楽で作られたものもありますが。ルサルカはどちらかと言うと””こうもりのそれに近いと思います。ルサルカの旋律にはじまり、王子の旋律が出て来て…。そして最後はその後の悲劇の暗示的になりそのままⅠ幕へアタッカです。で、一つおもしろいのが序曲の出だしです。最初は低弦とティンパニの出リズム打ち。この出だし、チェコでは例外なく皆4つ振りにします。が、前にドイツの某劇場で8つに細かく分けてる指揮者がいました。そしてこれは自分の経験すが、以前日本である学生にこの序曲を指揮レッスンしたことがありますが、彼もまた8つに振りました。この違いとは…。

まず音楽的に考える。この出だしは水面にある泡、あるいは波紋みたいなものを表現しています。というのも、ルサルカ=水の精とは、設定では、もちろん目に見えないものですが、水面の流れ込み等にできる泡のこととされています。ゆえにまず序曲の出だしでその存在を提示していると言うわけです。ゆえにこの水面に現れる泡、その動きであり、感覚としては自然で揺れのある感じでしょう。というわけで、チェコ人はそれを感じているため迷わず4つ振りで充分と言うわけです。この感じで考えると8つ振りだと機械的になり、その表現としては明らかに違います。この時点で答えになってますね(笑)

次に一応技術的に考える。基本的に分割して振った方が振るのが楽ですし、オケも確実に合うでしょう。またその方がしっかり仕事した気にもなるでしょう。世の中そういう感覚の強い指揮者が多いのも事実。ゆえに指揮者的正義感?生真面目になり8つに振ってしまう人はいるでしょう。しかし前記の通り、これでは明らかに音楽と違ってしまいます。個人的には、初めて8つ振りを見た時びっくりして違和感を持ちました。その後チェコで何人かの指揮者で見て、また自分も振りましたが、どう考えても4つでしょう。

これからルサルカの上演へ行かれる方、まずはこの出だしに注目するとおもしろいかもしれません(笑)音楽を振っているか、単に棒だけ振っているか、その指揮者が即分かります(爆)



Dvorak ‐ Rusalka ‐ Overture


ルサルカ~指揮者にとって

演奏時間は全Ⅲ幕で約150分、決して短くはないがもっと長いものもあるのでまあまあですねw音楽は各幕始まると切れ目がない永久旋律。音楽的にはいかにもチェコらしい音楽、そしてこれほどまでに音楽がよくできているオペラが他にあるのか、と言いたくなるぐらい最高によくできた素晴らしい音楽です。日本ではルサルカのアリアしか知られていませんが、実は他はさらに素晴らしいw言うまでもなくチェコオペラ最高傑作の一つ。

指揮の難易度はというと、オペラ指揮者としての経験が諸に出ます。単に棒の技術的に言えばもっと難しいオペラは色々ありますが、まずチェコ音楽(オペラ)とチェコ語に対する理解、そして何よりオケはもちろん歌手との共同作業における要領&伴奏とその経験、これらがある程度ないと難しいでしょう。チェコ音楽をある程度専門的に知っていてオペラ指揮者としてそこそこ経験があれば普通でしょうが、そうでない指揮者にとっては難易度の高いオペラと言えるでしょう。後者だと、そのレベルにもよりもますが、なかなか厳しい。ましてやオペラ初めてか1~2本程度の経験の者、またはオペラの下積み経験のない者、いきなりこれを振るのはやめておいた方がいいでしょう(笑)とは言え、テンポ設定とテンポの変わり目さえ気を付ければ、良し悪しは置いておいて、とりあえず流れてしまうものでもあります。しかしどれだけいい音楽になるか、歌手が生きるか、これには指揮者によってものすごく差が付きます。

自分はありがたいことに去年チェコでルサルカを振らせて頂き、光栄にもチェコのトップ歌手&オケ奏者との共演ができました。本当に素晴らしい刺激的な経験でした。今度はそれを日本に持ち帰るわけですが、臨む姿勢としては、チェコとチェコ人、そして何より作曲家に敬意を払い、させて頂いた経験を生かしその再現につとめます。日本ではチェコオペラ以前にチェコがどういうところなのかという情報すらまだまだ薄い。特に音楽的な面においては。ゆえにルサルカを聴こうとなると、どうしても皆チェコ以外のメジャー劇場のものを聴いてしまう人が多い。しかし、今回はそれらではなく、純粋にチェコの劇場のものに近づけるように準備して行きたいと思います。そして、まだまだちゃんと知られていないオペラだからこそ、指揮者としてより本物を伝えると言う責任があると思いますので、その為に頑張りたいと思います♪

写真は、プラハにあるドヴォジャークの墓。ちなみに、ドヴォジャークはこのオペラを最晩年に書き上げ、ご存知の通り彼の代表作であることは言うまでもありませんが、しかし本人はこのオペラが自分の代表作であることに気が付いてなかったとのことです(爆)←プラハの某教授談w