Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

出版

この度、自費出版ではありますが、”コレペティトア~訓練と実践”が出ました!


このブログで説明して来たコレペティトアについて、オペラの現実、オペラ指揮やディクションについて、などをさらに丁寧に深くまとめてみたつもりです。主にこれからコレペティトアを目指し真剣に学び実践していきたい方を対象にした内容になっておりますが、もちろんオペラに興味ある方々にとってもおもしろいネタがあります。


Amazonからご購入頂けます。どうぞよろしくお願い致します♪



発音記号

最近何人かのコレペティとしていて、改めて考えさせられたことがある。ディクションの際、発音記号を筆頭に辞書等の出典を何より頼りにする歌手がいる。しかし、そういう方々はほぼ例外なく発音が間違っているかそれなりの問題がある。一見真面目に発音を気にしているように思えるようでいて、実は一番発音に問題ある人種というわけである。これにはいくつかの要因がある。


まず単純に。発音記号とはその単語の読み方を記す共通の記号であるが、しかしそれは厳密には最低限度の記事順に過ぎない。というのも、基本的な読み方が分かったところで、それをそのまま読めば、その人の癖で読むことになる。要するに、いくら発音記号を正確に読んでるつもりでも、正確な発音を音として認識できていない場合、例えば日本人なら単に日本語発音にしかならないわけである。これでは、どんな有名な辞書、権威ある出典を参考にしたところで全く意味がないわけである。正確な発音とは辞書やネット等の出典から読み取ることも、また書面で伝えることも不可能である。やはり、現地へ行き可能な限りひたすら実体験でもって謙虚に学ぶしか菜と言うわけである。したがって、発音記号をやたらと意識する人、出典を何より信じる人は、真実とは程遠いことがほとんどである。日本では、例えばねと上ではそれがむしろ正しいような常識となっているようなところがあり、メディア等もそれに同じである。言いかえるならば、出典からメディアに至るまで、真実はほとんどないと言える。中身や深い世界に今日のない者はそれが全てとなるのかもしれないが、世の中本当に大事な必要なこと=真実は、目に見えない形のない者が多い。したがって、上記のように、例えば発音記号にとらわれている場合、少なくともオペラで使えるディクションになり得ることはない。なぜなら、音楽は真実だからである。


発音記号、参考の一部にするのは構わないが、あくまでそこまでにすべきである。音楽とは音を使った芸術、発音もやはり記号などの書面のものではなく、音として認識せねば全く意味がないわけである。


一目瞭然

最近ドイツの某劇場歌手2名に対してコレペティをする機会があった。いずれも若手歌手で、経験値こそそこまでではないが、しかしこれからが楽しみな優秀な人材であった。彼らと一瞬ではあったかもしれないが、コレペティという形で音楽をすることができ、自分にとっても刺激のあるいい経験になった。


ところで、今に始まった問題ではないが、こんな時にいつも思うことがある。いや、改めて考えさせられると言った方がいいであろう。日本の歌手と比べて一目瞭然、即明らかな違いが分かることが一つある。それは、日本の歌手は演技を軸に作ろうとしているのに対して、ヨーロッパの歌手は音楽を軸に作ろうとしていることである。コレペティなので動く必要はないわけだが、それでもテンションが上がって動く歌手は意外に少なくない。例えば、先日の劇場歌手の1人(ソプラノ)もや演技派で、一時軽く動き出した瞬間もあった。日本の歌手にも音楽練習時から派手に動き、自分の演技に音楽を添えるという明らかに演技で作ろうとするタイプが非常に多い。しかし、ヨーロッパの歌手というのは、一部の低レベルを省き、演技はな性格であっても必ずまずは音楽から作ると言うことである。このコレペティで動き出すというのは、演技で作ろうというのではなく、あくまで音楽でやろうとしていることへのプラスアルファ―であり、よりイメージを明確化するための方法の一つに過ぎない。コレペティでのその部分を一瞬見るだけで、日本とヨーロッパ歌手のそういった違いが即理解できる。これはいつどこでやっても毎回感じることである。


今日から東京で来月本番のこもりの練習が開始する。演奏会形式、さらに言うならばガラコンサート的設定であるので、演技ではなく音楽だけで作る企画である。自分が振る限り、やはり自分の経験や能力で以って貢献できなければ意味がない。その為にも、上記のヨーロッパのオーソドックスなやり方をできるだけ伝え実践することで本場の者を伝える、これが日本で自分ができる唯一のことであろう。正直、自分の為だけを考えるならこんなやり方はしなくてもいいのかもしれないが、仲間の為、公演の為、世のなかの為を考えれば、演奏会形式で自分が周りの為に貢献できる設定をするのは大事なことである。今回、どこまで行けるか…。