Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

根本的な違い

先日チェコの名門ブルノ国民劇場”ヤナーチェク・オペラ”に行って来た。演奏はなかなか、建物も初めて入ったがヨーロッパの伝統を感じる素晴らし建築、いい時間でした!


ヨーロッパの劇場に来ていつも思うこと。もちろん演奏レベルは劇場によってさまざまだが、しかし共通しているのは音楽を何より第一に考え大事にしている、そういうことがはっきりと感じられる演奏であること。そして演出、セットこそ劇場によりさまざま(プランや予算等による)とは言え、演技を自然に行おうとしている、言ってしまえば日本のオペラよりはるかに無駄がない=動こうとしていない。この時点で根本的な違いがはっきりと分かる。以下のように。


ヨーロッパ
‐ まず音楽重視で全てを作る
‐ そこに演技をプラスアルファ―で仕上げる


日本
‐ 何より演技が重要でそれですべてを作ろうとする(無理矢理芝居化する)
‐ 最後にそこに音楽を添える(なぞる)


である。


具体的に言うと、ヨーロッパではオペラは舞台作品である以前に音楽作品である。ゆえに音楽で全てを作り、そこに演技をプラスアルファ―することで舞台作品にする。それに対して日本は、この音楽にあたる部分はあくまで楽譜をなぞって覚えるだけ、さらに言うならば声=発声の技術こそが音楽だとされているようである。そして全てを演技で作ろうとし、オペラという本来音楽作品を無理矢理芝居にしてしまおうとしている。それにより無理が来ている。


まず音楽について。基本的にオペラも楽譜にほとんどのことが書かれていて、そこから読み取るのである。これはどんな音楽でも同じだが、オペラも決して例外ではないどころかむしろその要素が一番強い。言わば音楽の究極がオペラである。ゆえに解釈、表現等ももちろん全て音楽で行われるわけで、ヨーロッパではまずこれがすごい!ゆえに指揮者以前にコレペティトアが立ち会い徹底的に練習する。しかし日本のオペラはこれが欠落している。ゆえにコレペティトアは仕事がない。正確に言えば必要とされていない。なぜならそこまで音楽を重要視していない=必要と思っていないからである。


演技について。ヨーロッパでは音楽で作ったものに、演出家が付けた演技をプラスアルファ―することで音楽作品→舞台作品と仕上げるわけである。しかし日本は、順番としては先に音楽練習をするものの、それはあくまで書いてある音の確認に過ぎず、その後演技で全てを作ろうとしてしまう。ゆえにこの時点で音楽作品ではなく芝居に無理矢理してしまっている。そしてその芝居に先に打ち合わせた?音楽をそえるだけである。結果芝居の出来損ないになり、オペラでは全くない。


そもそもなぜ日本でオペラ=芝居となったのかは実は謎である。ヨーロッパのどこのどんなオペラを見ても演技主導ではないし、なぜ皆それに気づかないのか。確かに、思い込みや洗脳で、日本のその理解で見ればどこのオペラでも同じ年か思えないのかもしれないが、本場はヨーロッパであることを忘れてはならない。日本でオペラを芝居とする理由、これが本気でそう思い込んでいる=信じている、もしくは本当は違うと分かっていてもどうしても芝居としてやりたいからと聞く耳持たず押し通しているのかは分からないが、しかし日本のオペラ=芝居はあまりに強烈である。ヨーロッパのその伝統よりも強いこだわりである。多くのオペラ関係者とオペラの話をするとほとんどが芝居の話しかしない。それならばなぜオペラを辞めて芝居に行かないのか不思議で仕方ないが、その前にオペラ指揮者にそういう話し方をする時点でオペラを分かっていないというわけであるし問題である。最近思うのが、ズバリ言うならば、比べて言えば日本とヨーロッパのオペラは全く違く事をやっている、すなわち音楽と芝居である。ヨーロッパを基準に言うならば、ヨーロッパがプロで日本はアマである。サッカーに例えるなら、ヨーロッパの5大リーグと日本のサッカーサークルのように。そう考えると理解と納得がいくわけであるが、しかし悲しくも不思議な現実である。日本でオペラに出ている方々は、それゆえにほとんどが音楽ではなく芝居をしたい人達である。もちろん中には音楽にもちゃんと意識を持っている方もいるが、しかしヨーロッパの音楽重視で演技もしっかりやるというタイプの歌手はまず見ない。そういった人材の育成も必要と思うが、しかし今の日本のオペラの現実(無理矢理芝居としてやるオペラ)では逆にそういった人材は必要ないし、歌手のみならず指揮者もコレペティトアも必要ないというわけである。


ヨーロッパの劇場に行くといつもこのようなことを考えてしまう。見た瞬間あまりに明らかな現実だが、しかし…、である。そういう意味では島国の日本はまだ閉ざされているのかもしれない。日本ではオペラは演出の時代とさえ、世界的にそうなっていると言われているが、全然違う。それはあくまで日本人の考えと希望でしかない。さらに言うならば、ヨーロッパでは演出の時代が来たのではなく、音楽(指揮者)のレベルが落ちた結果演出方面に視点が行ってしまったというのが正確であろう。これはこれで問題ではあるが。話を戻して、いつの日か日本にも本物のオペラ=音楽としてのオペラが認知される日が来て欲しいと切に願う。


チェコの劇場について

今自分の活動拠点になっておりますチェコの劇場についてです。チェコ国内にはプロとしてオフィシャルに稼働しているオペラ劇場はいかがあります。


プラハ国民劇場(プラハ国民劇場、プラハ国立歌劇場、スタヴォフスケ劇場)
ブルノ国民劇場”ヤナーチェク劇場”
オストラヴァ・モラヴィア=シレジア国民劇場
ウスティ・ナド・ラヴェム北ボヘミア歌劇場
プルゼニュ・ティル劇場
チェスケ・ブディヨエヴィツェ西ボヘミア歌劇場
リベレツ歌劇場
オロモウツ・モラヴィア歌劇劇場
オパヴァ・シレジア歌劇場


こんな感じです。プロダクション的にはこの9劇場ですが、首都プラハと第2の都市ブルノに関しては規模が大きい為説明を加えます。


まずプラハですが、大きな枠組みではプラハ国民劇場となり、その中に()内の3劇場が存在しております。かつては国民劇場&スタヴォフスケ劇場と国立歌劇場の2つに分かれていましたが、約6年ぐらい前に合併して1つになりました。またスタヴォフスケ劇場とは年間プログラムは一応ありますがややイベント劇場的要素があるため、国民劇場が同じメンバーでずっとやってました。またここはかつてW.A.モーツァルト”ドン・ジョヴァンニ”が初演され、映画”アマデウス”のロケでも使われた有名な劇場です。このように、プラハの劇場は厳密には3つ存在していますが、プロダクション的にはかつては2つ、今は1つです。とは言えキャラクターはそれぞれで、国民劇場はチェコオペラ中心、国立歌劇場は世界のオペラを、スタヴォフスケ劇場は”ドン・ジョヴァンニ”を中心にW.A.モーツァルトのオペラがメインで、その他はさまざまです。


ブルノ国民劇場、通称”ヤナーチェク劇場”と言われる歴史と由緒ある名門劇場です。当然、かつてL.ヤナーチェクの名作が初演されております。この劇場はプロダクションは1つですが、建物が2つあります。簡単に言えば新旧で、旧劇場がヤナーチェクのオペラが初演されたりして来たところでマーヘン劇場、いかにもヨーロッパらしい建物です。新劇場が前世紀に作られたモダンな建物で、これが”ヤナーチェク劇場”と呼ばれています。サイズ的にも結構大きなホールです。そして上演ですが、オペラは主にこのヤナーチェク劇場で行い、マーヘン劇場ではバレエ等が主に行われていますが、もちろん重要なオペラ公演も多く行われています。


その他の劇場はほとんどがプロダクションも建物も1つないわゆる普通の劇場的サイズのものがほとんどです。各劇場それぞれのキャラクターがあります。チェコの劇場は対ギアどこでもシステムとして、オペラ、オペレッタ&ミュージカル、バレエ、演劇、と部門が分かれていて、それぞれのチームが存在します。どの劇場にも総裁がいて、オペラ部門にはオペラシェフ、音楽監督、専属指揮者、副指揮者、合唱指揮者、コレペティトアがいます。


社会的にはと言うと、自分が上記の全ての劇場へ行ったわけではないのでずべ手は分かりませんが、少なくとも自分が行ったことある、関わったことある、話に聴いたことある範囲で言うならば、大体どの劇場も結構集客があるようです。オペラ劇場は街の文化歴史の象徴で誇り、皆ものすごく大切にしていることが伺えます。とは言え、チェコオペラ界には財政難など色々な問題もあるようで、たまに経営困難に陥り閉鎖のうわさが聞こえることもありますが、今のところ国や街やファンの力で閉鎖は聞いていません。ちなみに、近頃はチェコは失業率が極めて低く景気が上昇中とのこと、これからはそれに比例してオペラ界も潤ってくれればいいのですが。


チェコの劇場について、とりあえず表面的な部分ではありますが、ザっと書いて見ました。最近はドイツ語圏の劇場などは変に現代化した結果ヨーロッパらしい良き伝統がどんどん消え失せて行っています。でもチェコはまだまだ古き良きヨーロッパの伝統がそのまま残っている部分が多く、チェコオペラ界もまさにそうです。近頃レベル低迷と言われてはいますが、それはそれとして、それとは別に”ヨーロッパの良き伝統”は守られて欲しいと思います。


日本のオペラの流れ

かつて日本ではオペラは全て日本語上演されていた時代があった。まだオペラが日本で浸透していない時代に始まり、実は結構最近までよく行われていた。未だにドイツオペラは日本語上演が残り、オペレッタは来日公演以外は全て日本語である。


日本語上演が主流だった頃、要するに日本でオペラが伝わり上演され出した時代、日本には劇場がなくオペラ指揮者もコレペティトアもいなかった。というより、劇場がない日本に必要な人材ではなかったし、当然教育できる者も教育機関もなかった。そして演出家はというと、そのまま芝居の演出家が対応せざるを得ない。さらに、日本語上演にすることにより、本来作曲された音楽(ディクションから来るフレージングやアーティキュレーション等)が完全に崩れるのは仕方ない話。それらにより、芝居的演出>音楽となり、日本オペラ界は芝居化の一途をたどった。


オペラとは総合芸術ではあるが、舞台作品である以前に音楽作品、作曲家が音楽を付けないことにはオペラにならない。当然、オペラを支配しているのは音楽であり、歌手はまず歌って表現することが最優先、そこに後程演技が付き舞台作品となるわけである。日本のオペラ界は上記の流れにより、その音楽部分が知られぬまま進み、早い話がヨーロッパのオペラの音楽部分がごそっと抜けたような状態になってしまった。さらに、目に見える形ある者が好き&形から入ることが好きな日本人、ただでさえ姿かたちのない音楽、まだ知らない西洋音楽の中身を追及するより、そのまま日本語上演で芝居化に走ってしまったわけである。こうして日本のオペラは、本来音楽であるオペラを無理矢理芝居としてやり続けて来た結果、現在に至る。


ところが、最近は留学生も増え、少なからず本場の本物を知るものが少しずつ増えて来た。そして日本でも原語上演は主流になって来た。となると、多かれ少なかれオペラにおける音楽の必要性と重要性を考えずにはいられなくなって来た。とは言え、歴史的に日本のオペラは芝居で作る者とされてきている為、いまいちこの音楽が浸透しない。流れからして、日本オペラ界は古い世代ほど芝居、若い世代ほど音楽に気づきつつある、といったところだろう。とは言え全てが未だに芝居重視であることには変わりない。でもこの若い世代がもっと音楽としてオペラを学び、気づき、そして変えていく、そうなればいいのだが。それには当然、まず我々指揮者&コレペティトアが頑張らねばならない!