Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

日本オペラ界の象徴

日本でオペラ歌手と言われる&言っている人たちとオペラの話をすると、皆芝居の話しかしない。ベテランや経験豊富とされる人ほどその傾向は強い。一方ヨーロッパでは、少なくとも自分が知る限りでは、それほどまでに芝居を強調したり意識したりするオペラ歌手に出会ったことがない。むしろ音楽にそれレベルで強い意識を持った者は沢山見た。これは歌手に限らずオペラ人全体の傾向だが、要するに日本とヨーロッパではオペラというものが真逆である。基本的認識は、ヨーロッパではオペラ=音楽、日本ではオペラ=芝居である。なぜこうなったのか…。経験上分かる部分もあるが、それにしてもすごい。


日本のオペラ歌手らと話していて、全員とは言わないが大半が芝居のことしか考えていない。そもそもオペラは芝居ではない。後にその要素は加わるが、本物の芝居ではない。オペラの演技の仕方とうのがあるわけである。その前にオペラは全体が常に音楽が支配されている。変な言い方だが、オペラは結局所詮音楽作品である。芝居ではないし芝居にはなれない。しかし日本ではそのオペラを無理矢理芝居として行い、結果芝居に無理やり音楽を付けたようになっている。では演技はと言うと、決して芝居レベルには到達していない。本来音楽の流れの中でやるべきオペラの演技のはずが、無理やりそれ始動でやるため、取って付けたようにしかならず、極めて不自然になっていることがほとんどである。ある人はこう言う。「この指揮者はかつて演劇をやっていたからいいオペラ指揮者だ」と。そりゃ何でも経験するに越したことはないが、しかしオペラ指揮者として言わせてもらうと、確かに演技の都合に対応することはあるが、それらはそこまでまじになって経験しなくても、指揮者として充分意識していれば充分であり、演劇をやっていたことは悪くないにせよオペラ指揮者のクォリティーには大して関係ないわけである。それ以前に、オペラ歌手は確かに演技はするが、実際問題オペラでの演技は多くの日本人が思っているほど過剰に重要と言うわけではない。それよりかははるかに音楽が重要である。決して演技が必要ないと言っているわけではなく、まず音楽で一通りやって、それからという意味である。逆に言えば、演技は後からなんとでもできるが、音楽は絶対的に作曲されていて、それがなければオペラにはならないわけで、まず音楽が最重要ということは世界の常識というか当たり前である。しかしその最重要が音楽ではなく芝居に無理やりされているのが日本である。


自分は日本でオペラを振る時は基本的に演奏会形式と決めているし、自らがプロデュースする場合はそのやり方にこだわっている。今度年明けに振るルサルカもそうである。前述のことから、日本ではヨーロッパとは真逆、すなわち本来のオペラとは違う形にされたオペラ、言わば新ジャンルとして行われている。日本独特のやり方のオペラである。ズバリ言えば、日本には本物のオペラはない。少数派はいるかもしれないが、オペラ界全体としてはオペラをやっていない。無理やり芝居化した偽オペラである。しかしそれは日本では相当定着し、やってる人たちは致命的にそれにこだわりを持っている。ゆえに、自分のようにヨーロッパのものを持ち込み伝えようとするものは基本的にウケない。それゆえに、自分は今回のルサルカを筆頭に、日本ではできることだけできれば、必要とされるところで必要とされれば、と思っている。そんな中で色々な出会いがあり、その中で自分のやることや伝えようとすることに気づいて下さる方が1人でも2人でもいたなら、それでも充分最高である!


ただこれだけは日本のオペラ人は冷静になるべきである。そういった傾向ゆえに、日本ではオペラは変だとか奇妙だとかで人気がないというのは紛れもない事実である。オペラを芝居に仕立てて盛り上がっているのは残念ながらオペラ歌手らだけである。この理由は明らかで、やはり無理やり芝居にして音楽を無視するため、極めて不自然で一般人には受け入れられないわけである。やってる人は音楽をしかkりやっていると言い張るだろうが、それは残念ながらやっているレベルにはならない。自分がそう感じるわけだから世界レベル目線では相当である。さらに演技はというと、本物の芝居の役者からすればオペラ歌手の演技は演技ではない。皆はっきりそう言っている。自分がここで書いてること全ては決して個人感情ではなく世の中の純粋な現実である。事実、それゆえに気持ち悪くて劇場へ行きたくないというオペラを敬遠する音楽ファンも多いし、さらには音楽家や声楽家でさえ、その不自然さゆえに遠ざかってしまっている。オペラ=芝居と思い込みドツボにはまってしまった人はリセット不可能なのかもしれないが、しかし本来はこういった世の中の現実を冷静に見つめ、オペラ人として社会人としてどうあるべきかを考えるべきではないだろうか。オペラも、さらにはオーケストラも人間の集合体であり、結局は民族性や社会性に影響する。日本のオペラがよくなる&変わる唯一の方法は、オペラを芝居ではなく本来の音楽として再出発すること、はっきり言ってこれしかない。しかし、恐らくこれが一番無理なことであろう。