Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

コレペティトアの減少

日本ではかなり前からそうだが、いや、むしろ今が改めて全盛期かもしれないが…。日本の演奏家はとにかくコンクール、これがなければメディアが動かない=一般のファンが信じない。当然指揮者も同じである。楽器や声楽の場合はソリスト以外にもオーケストラや合唱などまだ選択肢はなくはないが、指揮者は指揮者としてやっていけるかいけないかしかない。現状、国内では残念ながらコンクールのみがその道となってしまっている。


しかし元々指揮者とは、オペラ劇場でコレペティトアとしての長い下積みを経て正指揮者になり、後にシンフォニーオーケストラも、というのがヨーロッパの伝統である。コンクール指揮者とは主にシンフォニー指揮者であるが、近頃はヨーロッパでもある意味流行って来ている。世界的傾向として、まずオーケストラ(シンフォニックなレパートリー)を小奇麗に振れれば全てが早道と考えられてしまっている。たしかに、劇場下積みのように長い年月かけるより一攫千金の道があるのならばそれを目指したくなるのは人間のごく自然な心理かもしれない。そして最近はコンクール指揮者(コレペティトアとしても指揮者としてもオペラ経験のない者)がいきなり劇場専属指揮者や音楽総監督に就任ということが増えて来た。


このような指揮者事情から、地道な下積みの叩き上げ指揮者がどんどん減少している。言いかえれば、コレペティ経験のない指揮者、酷い場合はピアノが弾けない指揮者が劇場のトップに君臨するわけである。それはさておき、比例してコレペティトアを志す者は当然減少傾向にあり、いいコレペティトアはさらに少なくなるというわけである。ドイツでお世話になったあるベテランソプラノ歌手とこのような話をしたことがあるが、彼女は切に嘆いていた。「経験のない者にオペラが振れるわけがない。そういう指揮者が歌手を壊すんだ!」と。確かにその通りである。歌手の声とは繊細なものである。精神状態やコンディションなどがそのまま声に出てしまうわけで、経験のない分かっていない指揮者がむちゃをさせると単純に声がやられてしまう。一時的ならともかく、酷い場合はそれにより歌手生命が危うくなることもよくある。


コレペティトアからの叩き上げ指揮者、歴史に名を残した名指揮者は皆これである。しかし、今日この伝統は修行を面倒臭がった結果廃れて来てしまっている。本来はコレペティトアになるということは全ての始まりであり、いい指揮者になる為の必要不可欠な経験である。もちろん、この世にオペラ劇場が存在している限りなくなりはしない役職であり、声楽家という人種がいる限り需要も供給もなくなりはしない。しかし志すもの、優秀な者、どんどん減少している。オペラに携わる者はこの現実を冷静に受け止めるべきだと思う。