Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

ルサルカ~合同練習

今週、年明けに行うルサルカの合同練習を3日間行った。歌手陣は皆チェコ語初心者で、はっきり言ってチェコオペラは素人である。若干名チェコ語で歌ったことがある者も一応いるが、しかしチェコ音楽&チェコ語の正確な情報がないに等しい日本でちょっと歌ったところで、我々現地を知る者からしたらそれは経験ないレベルに等しい。そんなメンバーでチェコオペラ最高傑作ぬ挑もうといいのだから、実は無謀な企画と言うわけである。それでも歌手陣は皆このオペラに興味を持ち、慣れないながらも自分なりに何とかしてきている。そんな中、現地での経験載る自分が少しでも正確にこのオペラを伝え、一人でも多くの方に本物のルサルカを知って頂ければ、という企画である。


とは言え、それゆえに知識&経験がない為、やはり日本のオペラ人はチェコオペラはまだ初心者であり、現時点では例えどんな名歌手を集めたところでチェコオペラをある程度のレベルで演奏するのは不可能である。もちろん日本人の感覚とやり方で日本的に作って日本に中だけで評価をえるのは可能であるが、本場チェコのそれにするのは今はまだ全く不可能である。今回集まった歌手陣は本当に駆け出しの若手からそこそこ経験とキャリアのある中堅&ベテランまで幅広くいるが、しかしその中の経験豊富な辺りですらやはりこの作品を仕留めるのは至難の業である。いい悪いの問題ではなく、知ってるか知らないかの話である。個人的には、日本の声楽家人口からしたら微々あるものかもしれないが、少なくとも今回のメンバーにルサルカとは&チェコオペラとはこういうものというのが伝えられればと思うし、また聴衆にも少しでも伝えられれば指揮者としては充分喜ばねばならないことだと思う。


とは言え、正確な情報が全くないルサルカではあるが、しかしすでに大きな誤解が生じている。日本でルサルカと言えば、ルサルカのアリアしか知られていない。そして一番大きな間違えは、日本ではルサルカは太く重い声の人がたっぷり揺らしてドラマティックに歌うものとすでに思い込まれていることである。これは全くの間違え、と言うより真逆である。実際チェコではもっと軽く細い透明な声のソプラノがサラッと歌っている。特にそのアリアは、日本では無駄に揺らしてドラマティックに歌われていることが多いが、実際はこのオペラの中でも特にサラッと歌うセレナーデ的な歌である。チェコではルサルカは中ぐらいの声(リリコの太くない声)と基本的にはされているが、実際はその中ぐらいから軽め&細目の範囲の声のソプラノが歌っている。逆にそれ以上に太い&重い人は少な、なぜなら声が太く&重くなっていくと歌唱困難になるからである。もちろんそういう声の人でも軽くサラッと歌える技術のある人は歌唱可能で実際に歌っている人もいるが、本来はと軽めの人が適任である。このような誤解が起こった理由は、やはりアリアしか知られてないため適した声を判断するのに情報が不十分というのがあるだろう。そして基本的に大きく太く…なのが好みの日本人の感覚が合わさって、ルサルカの声の設定が本物の情報が来る前に間違って出来上がってしまったのだと思う。


年明けのルサルカ公演、そんなこんなでチェコ語やチェコ音楽の完成度は正直どこまでいけるかというのは現時点ではやはりあるが、しかし今回の歌手陣はオーディションで選び、皆声自体は各役にはまっており、チェコに行けば普通にありえるやつである。というわけで、恐らくルサルカは細い&軽いので?と思われる方もいるかもしれないが、しかしチェコではよくいる声のソプラノが今回選ばれている。その他もそうである。音楽の作り方等もそうだが、設定的なところも踏まえて、今回どこまでオリジナルを日本に伝えられるか、そこが指揮者として一番やるべきことだと思って今回やっている。


とうわけで、前売りも当日券もまだあります。ご興味持って頂けた方は是非ご来場下さい♪