Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

とある会話

何年も前の話である。ドイツ語圏の某劇場の採用試験を受けた時である。試験が終わり、受験したコレペティトア3名(自分含む)で夕飯へ行った。しかも皆アジア人。日本人の自分と、指揮&コレペティを学ぶ台湾人の若い女性、ピアニスト出身のコレペティトアの韓国人女性の3名だった。残念ながら3名ともこの試験に受からなかったのだが、共通の話題が多く話が弾んだ!


コレペティについて話した時、あるネタが面白かった。ピアノの楽譜によく出て来る左手のオクターブ進行である。コレペティの場合こういうのは基本的に単音にしてしまうことが多い。その方がコレペティにとってより効果的だからである。そこで無理してオクターブ弾き続けるよりも余裕あった方が他の対応ができるからである。これはごくごく普通のこと。そこで面白かったのが、ピアニスト出身の韓国人コレペティトアが言ったことである。彼女が言うに、確かにオクターブを単音にするのは効果的でコレペティには必要だが、しかし基本的にピアニスト(ピアノ科学生含む)にとってはオクターブで弾き続けることは全く苦ではないとのこと。確かにそうである!ピアノの専門家にとってはそれは初歩的技術であり、確かに自分も含めて全てのピアノ学習者はピアノの初歩的課題でやってきていることである。しかし、ピアノが専門ではないコレペティトア=指揮者と、ピアノが専門のピアニスト、確かにこの技術的差はうなずける。そこで大事なのは、彼女はいずれも対応できるということである。もし彼女がオクターブを単音にできない、すなわちピアニスト特有の書いてある通りに弾かないと気が済まないというのでやり続けていたとしたら、確実にコレペティトアになれていない。とは言え、時にはオクターブを単音にせずあえてそのまま弾くことも大切なこともある。例えば、何かしらの理由でテンポやリズム、さらにはバスラインを強調したい時、左手をしっかり弾く=オクターブで弾くということである。あるいは元々オクターブで書いてなくてもそれらゆえにわざとそう弾くこともある。そんなオクターブの弾き方で長々と討論して盛り上がった3名であった!


これはごく一例に過ぎないが、このように弾き方の一部分で色々話合えたのは楽しかった。この日はこの他にも色々話したが、何を話したのかはこれ以外はあまり覚えていない。このオクターブネタだけが妙に印象的だった。コレペティトア同士、指揮者同士、時にはこういう一コマもおもしろいものである。