Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

本当は見直すべき部分

日本でもたまにオペラに関する講演やセミナーが行われることがある。しかし残念というかよく分からないのが、その全てが舞台や演出目線のものであり、音楽目線のものを少なくとも自分は見たことがない。確かにオペラは舞台作品であるが、それ以前に音楽作品である。オペラのそういった会が開かれること自体はいいことなのだが、音楽というオペラの最重要部分を省いてすっ飛ばして舞台や演出面だけを見ているのでは永遠にオペラにはならない。


しかしこれが日本の現実でもある。オペラを音楽ではなく舞台=芝居としか見ていないという。要するに音楽には興味がないというわけである。それゆえにそういったオペラの会の講師に指揮者が呼ばれることはまずない。なぜなら興味もなければ追及する気もない、芝居が全てと思っているからである。その証拠に、指揮者を中心のオペラの音楽を作る人種は地位がない、と言うより重要人物と実質的にされていない。日本のオペラ現場での指揮者と演出家の立場の違いと注目度の差はものすごい。日本独特の現象である。結果、某雑誌はオペラは芝居だとあえて強烈にアピールするかのごとく、オペラの案内では可能な限り徹底的に演出家を一番先に書き、指揮者を後にする。同時にオペラ公演紹介分も誰のどういう演出がということを真っ先に書き、指揮者が誰でどんな音楽をということはほぼ書かず、有名な指揮者の時だけ宣伝効果で名前だけ書くと言う。全くもってオペラを冒涜してなめ切っている行動に外ならない。そういうつもりではないのであろうが、しかし世界の現実からすると結果そうでしかない。正直、この表記は教育に悪いし、オペラ人として抗議したい。