Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

悲しいかな現実

最近とある記事を見た。演技について書かれているものだが、その内容は芝居もオペラも演技によって表現されるべき的なものである。恐らくこの文章は、今の日本では悪くない方なものなのかもしれないが、しかし正解ではなかった。演技とは何か、その部分に関しては大筋当たっていると思うが、オペラの演技に関しては残念ながら外れている。


と言うのも、この文章ではオペラは舞台作品=芝居ととらえられてるからである。確かにオペラは最終的には舞台作品だが、その前に音楽作品でありそれが何よりの土台であり核である。演技だの演出だのは、音楽で作ったものを舞台作品にする、すなわち視覚化するためのものである。近年演出面も発展し色々開発はされているが、それらは全てその音楽の土台が100%あってからの話である。その文章では演技は後付けではないとあるが、芝居の場合はそれでいいかもしれないが、オペラの場合はこのように音楽があったからの話なので、後付け以外の何物でもない。なぜなら、オペラとは音楽で作るものであり、その流れの中で演技を付けるからである。これは歴史的事実であるから、そういうものだとしか言いようがない。その文章を書かれた方も例外ではないが、やはり日本ではまだまだオペラというものが理解されてないからこのような解釈になるわけである。ゆえに、この文章を書いた方は、今の日本ではかなり優秀でよく分かってられる方だとは思うが、そもそも根本的にオペラを知られていない国での話。その範囲内では最上級レベルでも、本場からするとやはり外れということになる。せっかく色々研究されて意見を述べていても、やはりこの核になる部分が理解されてないと結局全てが狂って来る。残念な現実である。


とは言え、単に日本人の好みとも言える。芝居が大好きで、外から来たものを自分たちの都合に合わせる傾向の強い日本人がオペラをそう変えてしまっているというのもあると思う。となると、仮にオペラが正確に理解されたところで、それは日本でウケるのかということになるが、もちろんそうやってみないと分からないまでも、個人的見解では仮にオペラが背核に100%理解されたとしたら、日本では結果としてはウケないのではと思う。まずオペラに携わる人が180度変わってしまい、当然ファン層が変わって来る。具体的に言うなら、日本でオペラをやっている人々は皆”演じたい”人達であるが、オペラが正確に理解されるとそれが”歌いたい”人達に変わる。そしてファン層も、芝居好き系から音楽好き計に変わる。実際問題、日本のクラシック界は演奏者も聴衆も器楽系と声楽系に結構極端に割れる傾向が強い。ゆえにオペラの認識次第でファン層もがらりと変わってしまうと思われる。いや、結果うまくいけばその方がいいのではと思う。器楽と声楽が今よりかはうまく融合する可能性もなくはない。


しかしながら、日本オペラ界はこの”オペラ=芝居”が何より一番強烈なこだわりを持っているので、まあ変われないであろう。ある友人から聞いたのだが、日本のオペラ界のこの考え方とやり方に失望して本物を求めて留学した若手声楽家がいたと。”偉い!”と言ってしまった(笑)そういう人が増えて欲しいと思うが、しかし自分同様そういう人は日本では通用しなくなる。なかなか難しい現実である。