Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

コレペティの留学~準備編(日本)

近頃日本でもようやくコレペティに興味を持ち、本格的に学ぼうとするものが少しずつではあるが増えてきております。自分もそういう人たちに何人かで会いました。しかし、日本では本格的に学べる環境がありません。学科が存在しないし、まず指導者がほぼ皆無。間違った自称者はいるでしょうが、本物を伝えられる人も場所も基本的にありません。となると、本物の”コレペティトア”になりたい方、その訓練がしたい方はヨーロッパへ留学となるわけですが、しかしそれは何をどうして行けばいいのかが分かりません。ここでは自分のコレペティ科での経験とプロのコレペティトア、またはオペラ指揮者としての経験をもとに、日本にいる日本人でコレペティトアを志す者で留学を選択する方、これからしたいと考えている方の為に、その方法を書きます。数回に分けて投稿するので、ご興味ある方は最後までお付き合い下さい。尚、準備編(日本)、準備編(ヨーロッパ)、入試編、留学生活編(入学後&在学中)、実践編(仕事や仕事を目指す部分)に分けて書きます。


日本でコレペティトアを目指す方、現時点では傾向としてピアノ科出身者が多いようです。中には声楽科でピアノが好きまたは得意で、自分が歌うことよりも伴奏することに興味が強い方もいます。ヨーロッパでは本来指揮者を目指して修行中のものがやることが普通で、コレペティ科というのは指揮科に属しています。ゆえにヨーロッパの音大ではピアノ科とコレペティ科はカテゴリーからして全く違う別人種というわけで。が、日本の指揮者はまずオペラを目指す者もほとんどいなくて、その前にピアノを弾かない人がほとんど、さらにはコンクールを目指す=シンフォニー指揮者なため、ヨーロッパの伝統にならった指揮者=コレペティトアというのがありません。ピアノ科出身で声楽の伴奏をやっている方がそのままコレペティへ、というのが日本では一般的とされています。しかしこれは誤解や勘違いから来ていることが多い。


というわけで、まずはコレペティトアを志すということをしっかり認識した上で、それが本当に自分のやりたいことなのか、自分に合っていることなのかを自覚する必要があります。結論から言うと、コレペティトアは演奏家(ピアニスト)ではないので、伴奏ピアニスト等演奏者のつもりでコレペティの勉強を始めてしまうと、たまたまうまく仕事にありつけたとしてもそれはかなりズレた存在であり、また周りにも悪影響を及ぼすことが多く、お互いにとってよくないことになります。自分のためにも周りの為にも、まずはコレペティトアという人種をよく知ることが必要です。


で、コレペティトアとは、要はコーチです。歌手にピアにを弾きながら練習をつけるというのが一応一番の基本ですが、その他それに連なって、レパートリー拡大の為歌手に個人的に練習に付き合ったりなどの手助け的なことも多いです。早い話が、指揮者のやることと同じ、指揮者が本番を振らずピアノ弾きながら歌手の練習全般に付き合っている、そんな感じです。当然求められる要素は指揮者に同じですが、具体的にはテンポ・リズム、ディクション、ブレス、解釈等です。この時点でピアニストになる為の訓練とはまるっくり違いますし、適性が別物です。ピアノ科出身者でこういったことに興味のある方、適正と感じ是非やりたいと思う方は是非勉強を始めていいと思います。


勉強に仕方ですが、大雑把に言うと、歌手への練習のやり方、ピアノの弾き方があります。楽譜の読み方や解釈は基本どの演奏家も同じですが、特徴的なのはディクションではないかと思います。練習のやり方は極めて指揮者的ですが、ピアノの弾き方、まずはこれをピアノ科出身者は思い切って切り替えることが必要です。というのも、コレペティはピアノを弾くことが大事なのではなく、ピアノを利用するということです。まずコレペティトアに必要なピアノの技術、これは音大のピアノ科に入学できるレベルがあれば全く問題ありません。むしろ充分過ぎるぐらいです。ピアノの勉強の仕方としては、技術的にはピアノ科の方はもう全く考える必要がありません。それ以外の方は、例えばコレペティ科や指揮科を受験する場合は、入試課題的には一応はピアノ科入試と似たようなレベルが出ることが多いので、とりあえずピアノ科を目指すようなつもりで練習して行けばいいと言えます。


で、具体的にコレペティの練習ですが、ヨーロッパのコレペティ科に入るという想定での日本でできる準備としては、まずはオペラのヴォーカルスコアに慣れることです。ピアノ曲とは全然容量が違います。まずヴォーカルスコアというのは、一見ピアノ譜のようになってますが、実はかなり無理矢理です。要はオケを無理矢理ピアノ(両手で弾く大譜表)にしているわけで、実はピアニストの指のことはほとんど考えられていません。簡単な部分はいずれにせよ余裕ですが、音が多かったり和音が複雑になると、高音楽器から低音楽器までの音を無理矢理書いてるため、明らかに両手で弾けるわけのない音の書かれ方になります。こういった楽譜に対応するためには、どの音を省くか、ゆえにどのように弾くかということを考えねばなりません。日本のピアノ科出身者は、どうじても書かれている音を全部弾かないと気が済まないという方がほとんど、むしろ音を抜くことはやってはいけないことという嫌悪感が根強い。しかしヴォーカルスコアはそれでは弾けません。さらに言うと、歌手に練習をつけることが仕事でピアノを弾く=演奏することは関係ありません。弾けるところでも歌手に分かりやすくするためわざと音を抜くことは必要不可欠です。コレペティの弾き方は音を抜くことが一番大事といっても決して過言ではありません。ゆえに、まずここで音を抜く=必要で大切なことと切りかえられない方は、単にコレペティトアに向いてない、適正でないということになるので、やめておいた方がいいです。そうは言っても結局ピアノ弾くわけだからやっぱり全部の音弾けた方が…と言いたくなる方はおおいでしょうが、演奏者ではなくコーチなのでそういった自分の都合(演奏)を押し通したくなる方には向いてません。要素の一つとしてコレペティを勉強するだけならそこまでは言いませんが、しかしコレペティの指導者は必ずこのことをかなり重要視しますので、いずれにせよつまづきます。経験上、これがまずコレペティトアになれるかどうかだと思います。


次にできることは、やはりディクション的なことですが、後にコレペティ科に入るのであればそこまで永遠続く終わりのない世界なので、まずはできる限り慣れておく必要があります。まずは自分なりでいいので歌詞を読むこと、そして弾き語りをすることです。コレペティ科のコレペティの実技レッスンは永遠弾き語りにて行われますし、結局これがしあ重要な基本です。よくピアノ科出身者で弾き語りと言うと即面倒くさがる方がいますが、これも前記の音を抜いて弾くと同様に最初歩であり最重要なものです。この2つがないとコレペティというものが始まりませんので、弾き語り=歌詞を読む&覚える、これが嫌ならここで終了となります。弾き語りをしないと、まずコレペティの個人レッスンが受講不可能なので、どんなに興味があっても何をどうすることもできないというわけです。


弾き語りは、要は慣れなのかもしれませんが、やり方ややることはその中で色々あります。歌手に練習をつけるためのものなので、まずは何よりテンポ・リズムの正確さが必要です。主に左手はテンポを作る上で大事なのは言うまでもありません。そして歌手がまだ慣れていない段階では、右手に動きがある場合それらをあえて省いて歌手を鳴らすという弾き方=対応も大切です。続いてディクション、正しい発音、フレージング等。まずは簡単なレベルで構わないので、少しずつこれらに慣れて行くことです。


とりあえず日本で留学前にできることと言えば、とりあえずはこのぐらいかと思います。要はこれからヨーロッパに勉強しに行くと言う段階なので、まずは入試段階として最低限度の導入と基礎というわけです。まずはこれらを理解し慣れることです。入試レベルではまだそこまで難易度の高い課題は出ないと思いますし、仮に出ても劇場の採用試験ではないので完成度よりも可能性が重視されます。そう考えると、その範囲でできるだけできておいた方がいいとは言うものの、間違ったことや余計なことはせず、確実に基礎を学び出来るだけ慣れておくことが最重要です。しかし、一番難しいのが、最初に書いたようにこれらを正確に教え導いてくれる指導者が日本にはほぼいないことです。ある意味その辺が一番問題なのかもしませんが、だからこそ留学したいというわけですね。自分と自分の知り何人かはこの指導可能です。もし真剣にコレペティトアを志し留学したいというのであれば、遠慮なく是非ご相談下さい!


というわけで、日本での準備についてでした。次回は留学準備を本格的にすべく、渡欧してからできる入試準備について書きます。