Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

コレペティの留学~実践編

コレペティ科で数年学ぶと、当然その後の進路と言うことになって来る。正確には学生生活の半ばか後半にはすでに考え始めねばならないが、そもそもコレペティ科を目指す時点で誰でもある程度の目的はあると思う。現地人ならともかく、わざわざ日本から行くともなるとそれなりの明確な目的があるだろうし、むしろないといけない。ない人はここまで自らわざわざ苦労する必要はない。


では、コレペティトアとはどういう就職があるのか。ここが結局一番大事というか全てのを考える土台になるであろう。まずはやはり劇場専属のコレペティトアであろう。この場合、指揮者を目指す者がほとんどではあるが、近頃はコレペティしかやらない人、中には伴奏ピアニスト兼任の者もいるので、その限りではない。基本的には指揮科かコレペティ科の者が目指すものである。そしてそれに準ずるものとして、劇場ではなくてもオペラ団体、また箱を持たないツアー専門団体もあったりする。これらは劇場に比べれば規模も限られていてランクも低くなるかもしれないが、大体劇場コレペティトアと似ているとも言える。その他、大学のコレペティトアというのもある。日本の音大で言う伴奏助手みたいなものだが、ヨーロッパの音大、特にドイツ語圏は声楽科に声楽のレッスンみならずコレペティのレッスンがある。単に声楽レッスンで伴奏するだけでなく単独で学生を指導するコレペティトアが何人もいる。同じようなことが器楽にもある。その為、ヴァイオリン科のコレペティトア、フルート科のコレペティトアと言った感じで、大学全体に何人ものコレペティトアがいる。厳密には日本の伴奏助手と比べると明らかに業務内容的にも立場的にも確立されている必要不可欠な存在である。コレペティトアとして専属契約で持ってある程度生活保障があるのはこれらである。その他音楽祭やマスタークラスなどの単発的なものもある。専属契約のある者がオフシーズンにやることもあれば、フリーの者がやることもある。


これらの職に就くには採用試験があるわけだが、参考例にドイツ語圏の劇場の採用試験について書く。細かい部分は劇場の規模やキャラクターによって多少の差はあるが、基本的にはどこも変わらない定型部分がある。準備するための目安としての意味も踏まえ、オーソドックスな者を書いて見る。課題は以下の通りである。


必須
W.A.モーツァルト”フィガロの結婚”Ⅱ幕フィナーレ


選択
R.シュトラウス”サロメ”Judenquintet、"エレクトラ”Maegdeszene、"薔薇の騎士”前奏曲


その他
G.ビゼー”カルメン”Ⅱ幕5重唱
G.プッチーニ”ラ・ボエーム”Ⅲ幕フィナーレ 他


これらは超定番である。フィガロはまず必ず出る。R.シュトラウスはこの3つから選択になる。稀にどれか1つを指定する劇場もあるが、基本は選択なことが多い。その他は、定番の2つを上げてみたが、大体こんな感じのレベルの曲が多い。この他、初見(重要度は劇場による)、ピアノ曲(古典派ソナタ1楽章が定番、大劇場によく出る課題)、歌手とのプローベ(比較的大劇場に多い傾向)、などがある。


採用試験は、まず募集がかかり、志願書に自分の資料(履歴書、推薦状、録音&映像/指揮の場合)を添えて応募する。劇場側が興味ある者にだけ招待状を送り、招待されればそれでようやく受験可能。この倍率が一番難関である。もちろん呼ばれたからと言って受かる保証はないが、計算上では招待されるかされないかの方が確率的にはるかに低い。試験課題は基本的には招待状と共に知らされるが、劇場によっては募集かけた時点ですでに指定するところもある。試験日時も、基本招待時に知らされるが、最初からしてされている場合もある。大体こんな感じである。


採用試験を目指す者は、まずは上記の課題をいつ呼ばれてもいいように常に準備しておくことがまず必須である。まあ100件出して3~4件当たればいい方なので残念ながら相対上はよほどのコネでもない限り滅多に来ない。劇場側の目線では、コネなしでまともに応募する場合、まずは現地人、次いでEU圏内、そして圏外、アジア・中東・アフリカはその後になる。しかし、コネがあればこれらは一瞬にして関係なくなる。招待される者、すなわち劇場側が興味を持ちやすい人種は、まずは何と言っても経験のある者である。学歴は全く関係ない。表向きには指揮科かコレペティ科か同等を出ていることと一応書かれていることはあるが、日本人的にはまずこれと思いがちだが、結局のところ大卒という資格は何の実力の証明にもならないので、ヨーロッパでは専ら経験重視である。なぜなら、学歴よりも経験の方がはるかに実力の証明になる可能性が高いからである。例えば、学生時代に学生オペラでコレペティトアをつとめたとか、外部の音楽祭でコレペティトアの手伝いをしたとか、運よく一時的代役で劇場かそれに準ずるところでコレペティトアをつとめた経験があれば最強である。大卒や修士は、その後学校の先生になるならば必要かもしれないが、ヨーロッパでは演奏家としてやっていく場合は全く必要ない。とにかく大学を利用し、できる限り先につながる経験を得た者勝ちである。


劇場に関しては大体こんな感じ。国が変わればまたキャラクターが違って来る。例えばロシアやウクライナに行くとかなり日本に似て来て、コレペティトアとはピアノ科出身者の職業である。例えばチェコ、ロシアとかに比べると中央ヨーロッパに近いが、ドイツ語圏とはいくらか違う。まず日本でいう副指揮者、ドイツ語圏ではコレペティトアとそのチームとなるが、チェコの場合はコレペティトアと副指揮者は分かれている。そしてコレペティトアがのちに指揮者というのがドイツ語圏ならば、チェコは半分それもあるが、半分は別々で指揮者は副指揮者から、コレペティトアはずっとコレペティトアといった感じがある。もちろん人によるが、それゆえにシステム等はいくらか違いがある。このように地域による違いは多少あれど、コレペティトアの位置づけや業務内容にはあまり差はない。


5回に分けて、コレペティトアを志す方々のための留学のすすめを書いて来た。コレペティトアがどういう人種で、どういう訓練が必要で、どういう世界か、大体お分かり頂ければ嬉しい限りである。言うまでもなく、本気で目指すならば過酷で気の遠くなるような修行になるが、しかしそれだけに本気で惚れ込み目指すものにとっては最高とも言える。難しいことは確かだが、コレペティトアはやはり重要かつ必要で、誰が何と言おうと世界のオペラを支える魅力的な人種であることに間違えはない。日本では増えて来たとは言えまだまだいないに等しく、多くの誤解から間違った認識も多く、いざ目指したくとも不可能に近いのが現状。ここに書いて来たことを参考に思い切って第一歩を踏み出す勇気ある方がいるならば、自分も大いに応援したい。そんな方がいるならば、協力できることなら何でもやりたいと思うので、ご遠慮なくお問合せ下さい。オペラを、コレペティトアを目指す全ての方々の為には努力を惜しみません。