Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

伴奏者とコレペティトアの違い

何だかんだと区別が曖昧な二つである。近頃は確かに両方の要素を持った者も増えては来ているが、基本的には全く別である。例えば、日本のオペラ公演のプログラム等の記述で、”練習ピアニスト”や”コレペティトア”などいくつかの書かれ方があるが、実際のところこれはそういった区別がはっきりなされずに書かれていることが未だに多い。また伴奏者が”自称コレペティトア”の場合があり、その中には区別がなされてないままの方も残念ながら多くいらっしゃる。さらには、本人は”コレペティトア”のつもりでやっていても、その認識に誤りがある場合も多い。いずれにせよ、そういった循環の結果、未だ間違った認識が多く続いているのは事実である。というわけで、”伴奏者”と”コレペティトア”について、違いを書く。


伴奏者とは、こちらの方が日本では認識がはっきりしていると思われる。本当の職人的伴奏者こそ日本にはごくわずかだが、ジャンルとしてはしっかり存在している。伴奏ピアニストとも言われたりもするが、ソロやアンサンブル等でピアニストを伴う場合のパートナー的ピアニストである。特にリートの分野では、歌手と伴奏者の関係がものすごく深く濃いものである。楽器の伴奏でも癖こそそれぞれの楽器に特徴こそあるものの、やはりソリストのパートナーとしての要素がある。そしてリートも楽器も、デュオという言い方も存在している。これは要するに、片方がメインで片方が脇役ではなく、二人の演奏家で一つのものをやるといったパートナー的表現であろう。日本ではほとんどの演奏会でこの”伴奏者”が存在する。ピアノソロや無伴奏でない限り必ず伴奏をするピアニストが存在する。またオーケストラを伴う公演においても、協奏曲からオペラに至るまでオーケストラが伴奏の役割を担う。その場合は指揮者が伴奏者的立場になるであろう。


コレペティトア、劇場で歌手に稽古をつけるトレーナーである。通常は指揮者が担当するが、専任コレペティトアもいる。ヴォーカルスコアを弾きながら歌手に稽古をつけ、発音、解釈、音楽作り等多くの準備を行う。ヨーロッパのオペラ劇場には必ず何人か存在し、裏方ではあるものの非常に重要なスタッフである。


ざっと説明するとこんなことろである。早い話が、伴奏者=ピアニスト、コレペティトア=トレーナー&指揮者、である。この時点で伴奏者=演奏家、コレペティトア=音楽スタッフ、ということがお分かり頂けるであろう。明らかに違う人種である。業務内容からしても、基本的には全く違う訓練をしてなるものである。


以上のことから、これらの違いは明確になったであろう。しかし、前述の通りこれらを兼任する者も最近は少なくない。ちゃんと訓練さえした者であれば、ピアニストでもコレペティトアとして仕事している者もいるし、あるいは指揮者出身のコレペティトアでもピアノがそれなりに弾ける者であれば、コレペティだけでなく演奏家会で伴奏する者もいる。それゆえに、両者の存在や役割がごっちゃになることもあるかもしれない。それこそ、日本のオペラ公演プログラムである。練習ピアニストは練習で伴奏するピアニスト、コレペティトアは音楽稽古から歌手に付き合うトレーナー、本来これだけの違いがある。が、単にオペラの現場でピアノを弾くから全員コレペティトア、とされていることが非常に多い。これは明らかな間違えである。厳密に言えば、日本のオペラの現場にいらっしゃるピアニストはほぼ全員練習ピアニストである。もし本当に両方が存在する現場があれば、プログラムへの表記は分けるべきである。それだけそこに到達するまでの経緯も業務内容も異なるわけである。


とは言うものの、コレペティトア=指揮者はオペラを指揮する=伴奏するわけである。ゆえに、いいコレペティトアであればピアノの能力がそれなりにあればいい伴奏者になれる可能性は充分ある。同じように、いい伴奏ピアニストがもし必要な訓練をして行けば、いいコレペティトアになれる可能性だって充分ある。伴奏、コレペティ、この二つは確かに違うジャンルではあるが、いずれも同じ音楽家であり、ソリスト等らとアンサンブルをするということでは共通する。本当に大事なもの、土台になるもの、それらには違いはない。