Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

挑戦

プレイヤーと指揮者の間には永遠平行線な部分がある。これは社員と管理職、リーダーとその他大勢と同じである。良いバランスが一番理想だが、しかしそれを極めるのはかなり難しい。


具体的に、自分の専門職であるオペラ指揮に関して例を上げる。歌手と指揮者との間のことであるが、ここにも永遠平行線な部分がある。歌手とはどちらかと言うと感覚的で精神的要素が多い。指揮者は理論的で機械的な傾向が多い。さらに言うならば、歌手は器楽奏者等にない流れ(呼吸含む)で歌いたいところがあるが、それゆえにいい加減で雑になる部分もある。指揮者はそれを交通整理しようとするがために、機械的でつまらなくなりやすい。これら両方のいい部分を混ぜ合わせいいバランスを作れれば一番いいのであろうが、しかしこれをやる人は基本的現れない。なぜかは分からないが、しかし一つだけ言えるのは、歌手は指揮者的要素、指揮者は歌手的要素、それぞれに興味を持って学ぶことがほぼない。これでは何も変わらないわけである。それゆえに、歌手が指揮者になること、歌手出身の指揮者とはほぼ皆無に等しい。


しかし、自分は珍しく歌手出身の指揮者である。実は元々は歌手的タイプではなかったので指揮者になれたとも言える。反面、歌手としての専門的経験と知識があるからこそオペラが振れるようになり、指揮者として歌手に接する時にかなり強いと言える。ただその結果、歌手からは喜ばれるが指揮者から嫌がられることが多い。これには2つの要因があって、1つは指揮者が好まない、興味ない、苦手な能力を持っているということ。もう1つは、稀にその能力に気づかれると、やはりその方が機能して明らかにいい演奏になるので、嫉妬されて切られるということである。なかなか難しい現実である。


冷静に考えると、現時点では自分のこの能力は結果を出させてもらえない現実にあるが、しかし、気づかず嫌がる人は仕方ないとして、嫉妬する者達のことを考えると、実は目に見えない結果、すなわち能力は認められつつあるとも言える。要は、これをどうやって世に出すかである。自分の人生、これを世に出すことが使命だと思っている。まだないジャンルと世界で開拓をすることになるので最初はかなり難しいが、しかし歌手を筆頭にプレイヤーはこれを求めて待っている。その為に頑張らねばならない!これを達成すると言うこと、すなわち自分がオペラ指揮者として世界で大成すること、自分のやるべきことである。果てなき挑戦、このために全てを捧げて行く。