Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

人種差別

ヨーロッパのEU後進国の地方都市へ行くと、未だに日本人がオペラをやってることを知らない人種が意外に多く存在している。そんなところのそんな人に履歴書を見せると、「これは嘘だろ」と言われることもある。確かに日本のオペラは残念ながら世界的にはかなりレベルが低く、しかもオペラを音楽ではなく芝居としてやっているたけ全く違う者になっているので、ある意味馬鹿にされて当然な部分はある。しかし、例えば履歴書のそれ、完全に個人の話であり、少ないとはいえヨーロッパで結果を出している日本のオペラ人もいないわけではない。ヨーロッパ人からしたら日本人は皆同じと考えているのかもしれないが、さすがにこれは確実な人種差別である。


これは音楽的には仕方ない現実かもしれないが、国際社会的には完全に悪いことである。履歴書やプロフィールは確かに自分を売り込むためオーバーに書く者は多いが、しかし少なくとも自分はそれを全くやっていない。とくにオペラに関しては、全く嘘偽りなく書いている。まあ、その辺のヨーロッパ人指揮者よりもオペラ指揮者としての実績やレパートリーがあれば、それを信じたくないと言うわけであろう。さらに、そういった地方都市は保守的でよそ者を入れたくないところがある。ゆえにそういう態度に出るというのも一理ある。そして外部者が来ると良くも悪くも不安を持つという。もしも実力者が外部から来たら…と思うと怖いらしい。自分は決してそんな乗っ取り計画をしているわけではなく、単に仲間に入れて欲しいだけ何だが…。


いずれにせよ、人種や地域、色々な意味でどうしようもない現実がある。そんな中サバイバルするというのはどうしようもなく大変である。