Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

演奏会形式オペラ

世界各地で近頃結構頻繁に行われているオペラの演奏形態である。オーケストラがシンフォニーコンサートと並べてオペラを演奏する時、劇場がオペラ上演の合間にたまに挟む時、などなど。オペラ上演よりかは舞台設備もなくシンプルなため日本では不完全な見方が多いが、これはこれでヨーロッパでは充分演奏会としてもオペラとしても成立している。なぜなら結局のところ、オペラとは演奏する方も、聴く方も、音楽を中心に考えているからである。


ところが、日本ではこれが結構はちゃめちゃに変わっている、いや、変えられている。というのも、まずやる方の話だが、皆演奏会形式を基本的に嫌っている。予算等の問題で仕方なくそうしているといったところだろう。なぜなら、皆オペラは演技を何より第一に考えるからである。ここはヨーロッパとは真逆である。そして、それでもそのまま演奏会としてやればいいのだが、日本ではそれでも尚無理矢理芝居化する。舞台上のオケの援護のわずかなスペースで可能な限り動こうとするし、ピアノ伴奏であろうものなら完全にピアノのスペース以外を舞台として使う。リノリウムもなく、照明もそこそこ、当然舞台セットもない。そんな環境で無理矢理衣装をつけて、無理矢理中途半端なセットを置いて、無理矢理動くわけである。正直無理し過ぎて痛々しい、というより申し訳ないが馬鹿らしいレベルである。オペラでそこまで演技にこだわる必要ははっきり言って全くない。


やってる者達はその方がお客さんが喜ぶと思っているらしいく一番必要なこととの認識らしい。確かに日本の数少ないオペラファンと言われる人達は喜ぶかもしれないが、残念ながらそういう人種は少なくそうでない人種の方が多いわけで、そういう人たちは皆日本のそういうオペラの取って付けた無理矢理芝居化オペラを気持ち悪いと思っている。というわけで、お客さんのことを考えるのであればむしろそれはやめるべきであり、それが何よりファン拡大にもつながる。要するにオペラを普通に音楽としてやればいいということである。舞台上演できるならばすればいいが、演奏会形式ならば音楽だけそのままやればいい。やはり不自然なものには違和感しか残らない。


演奏会形式は読んで字のごとく演奏=音楽のみでオペラを再現するわけだが、本来終えpらとは音楽であり、音楽で作って表現されるものである。そして舞台作品にすべく視覚化するためにオペラ演出がある、要するに後付けである。演技等は、話はそこからである。ゆえに、核はあくまで音楽であり、オペラ本来の姿が演奏会形式というわけである。音楽だけ勝負し、オペラ本来の良さを純粋に感じることができる、それが演奏会形式の良さである。日本でもそんな公演が実現してほしいし、そうすることでオペラファンは少なくとも今よりかは確実に増えるであろう。