Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

人材不足

オペラ界にも人材不足がある。例えば、世界中のオペラ界がイタリア人の優秀な人材を欲しがっている。しかし、イタリア人は山を越えて中央や北のヨーロッパになかなか出てこない傾向があり、そもそも優秀な人材が少ない。それゆえに、イタリア人で使える可能性が少しでもあると、例えばドイツ語圏の劇場採用試験でも途端に受かりやすくなることがある。


今住んでいるチェコ。指揮者不足と言われている。長らく閉ざされていた国だが、逆に閉ざされていた頃の方が歴史的名指揮者が多かった。開けた今、逆にいなくなったような。それに、今日優秀な人材は外へ出てしまう。それでいて元々内輪だけで回す傾向の強い国、ある意味必然とも言える。特にオペラ指揮者は本当に優秀な人材がいない。


それらはさておき、日本はどうか。まず劇場がなくてオペラ文化が元々ない国と言うことをあえて前置きしておくが、しかしオペラ指揮者&コレペティトア、明らかに大不足である。もちろん出て来たからと言って”劇場がない=仕事がない”というわけだが、それでもオペラ団体は数多く存在しヨーロッパほどではないにしてもオペラ公演もそれなりに行われるようになって来た時代である。オペラ指揮者&コレペティトアは必要か必要じゃないかと言われれば、やはり必要である!


ではなぜ不足しているか。ヨーロッパとは色々な意味で理由は異なるが、あえて2つの視点から書いてみる。せっかくなのでコレペティトアを軸と考え、日本でコレペティトアになり得る指揮者から、ピアニストからの視点で考えてみる。


まず指揮者からの視点である。日本で指揮者というと”シンフォニー指揮者=コンクール指揮者”である。完全にこれに尽きる。一般のファンからしても、指揮者はコンクールで優勝してオーケストラでシンフォニーを指揮する人、と明らかに思い込まれている。ゆえに、日本で指揮者を目指す人は当然この路線にいる。そして指揮科や指揮の教育機関へ行くと、当然シンフォニー&コンクール対応型とでも言おうか、その路線へ進ませる教え方になる。日本の指揮科にコレペティレッスンなんて恐らく未だに存在してないと思う。とは言え、近頃はオペラも指揮者の道の一つとは認識はされているので、そちらへ行こうとする人もいないわけではない。しかし、ここからが問題である。仮にオペラ界へ指揮者が顔を出したところで、日本オペラ界は明らかに”オペラ=芝居”である。ゆえに、指揮者やコレペティトアが顔を出したところで、残念ながら必要度等が低く扱いもよろしくない。それではいくらやる気出して学ぼうとする者がいても誰も育たない。それゆえに、目指すものが少ない環境にある、目指しても育つ環境がない、まとめるとこんな感じだろうか。そもそも”オペラ=芝居”というのが日本オペラ界最大の問題であろう。少なくともヨーロッパではあり得ない解釈である。この固定観念だと、結局のところオペラ指揮者の地位は恐ろしく低く、コレペティトアは機械のごとく伴奏道具でしかなくなり、オペラ人としての存在感はないに等しい。


ピアニストの視点からである。この場合、伴奏の延長でオペラの方向へ進むことが普通であろう。まずは声楽の伴奏をして、歌曲あり、オペラアリアあり、オペラアンサンブルあり、そしてさらにオペラに興味を持ちオペラの現場へ、こういう流れが通常であろう。ここまでで考えるならば、ある程度オペラが好きでのめり込めばある程度は務まる。日本のオペラ界では、コレペティトアは指揮者という認識はまだ低く、ピアニストと思われていることが多いから、ある程度大事に扱ってもらえるケースもあるかもしれない。しかし、本格的にコレペティトアとしてオペラの音楽スタッフとして動いた場合、日本のオペラ界のネーミングで言うなら副指揮者と立場的に同じになってくる。その場合、指揮者のアシスタント的立場になり、副指揮者同様小間使いになる。ピアニスト&伴奏者としてしかやって来たことのない方ならば、この扱いはちょっと酷なものに感じることもあるであろう。自分もそういった方々を何人か見てきたが、それゆえに続かなくなることが少なくない。この辺がコレペティトアという立場や名前の認識による違いからくる問題であろう。


ここに上げたものはほんの一例に過ぎないかもしれない。しかしながら、少なくともここに上げたものは一つの確かな理由としてオペラ指揮者&コレペティトアの人材不足となっている。理由はなろうとする側にも、その逆側にもある。これは一体どうしたらよくなるのか、非常に難しい問題である。