Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

苦悩

自分は指揮者ではあるが、それ以前にオペラ人と思ってやっている。しかし指揮者であることには間違えない。元々はオペラが中心ではあるものの、決してオペラしかやらないというわけではなく、シンフォニー等もやるつもりで、機会あるごとにやって来ている。指揮者とは、オペラとシンフォニーの両車輪があって大成すると歴史的に言われているが、当然自分もそれを目指しやって来ている。とは言え、指揮者にとってはまずは何よりもオペラが基本であり基礎と言うことも事実である。近頃はシンフォニー指揮者養成所のごとく世界中で指揮者コンクールが多発していて多くの若手指揮者はオペラを避けているが、誰が何と言おうとまずオペラをというのが一流指揮者=本物になる為の最低条件であることには変わりない。


しかしながら、それゆえにか、色々あった結果最近自分はマジでオペラしかやりたくない状況である。まずはこれがないと意味がない。色々な事情から劇場への道が閉ざされたり妨害されたりして来た為、シンフォニーをやってる場合ではないと言うのがまず一つ。そしていざオペラをやろうとした時、すでに自分は日本のオペラ界では通用しない=必要とされないことが明らかで、ヨーロッパで挑戦するしかない。ゆえにヨーロッパでオペラをやる為に全てを集中しなければいけない。経験、勉強、ゆえに今後の為と思い、これまではシンフォニーももちろん合間にやって来てはいたが、これらの理由で、今本気でオペラ指揮かやりたくない、シンフォニーに疲れて来た、こんな状況である。本物のを目指さないのであればどうでもいいかもしれないが、現代のいわゆるコンクール指揮者等を目指すのであれば全く問題ないのであるが、本物の指揮者を目指すには今が踏ん張りどころである。