Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

まず最初に認識すべきこと

かなり初期にここにも書いたことだが、コレペティトアとは指揮者であり、コーチ又はトレーナー、音楽助手=アシスタント、すなわち裏方である。ゆえに、ピアニストではない。学科的には指揮科かコレペティツィオン科出身者であり、ピアノ科出身者ではない。後に勉強し直して対応できるピアノ科出身者もいるが、根本的にやり方もやっていることも違うわけである。コレペティトアを目指す場合、まず最初に認識すべきことである。


ところが、日本ではコレペティトアと伴奏者が未だごっちゃになっており、多くがピアニストと思い込まれているようである。近頃少しはコレペティトアという名前とジャンルが知られつつあるにも関わらず、コレペティトアはピアニストではないということを未だ理解できていない、もしくは理解したくない、さらにはピアニストと決め込んで日本独自のジャンルにしようとしているようにさえ思えることもあったりする。コレペティトアとしては極めて違和感があり不愉快でもある現実である。


日本人は基本的に外から来たものを自分の都合に合わせてしまう性格が強い人種である。自分を外のものへ合わせると言うことは極めて少なく、むしろそれが嫌な人が多い。自分のように本場で本物を学び経験しそれを日本へ伝えようという試みを少なからずしている者やしたことある者であれば、この現実は直ぐに思い知らされる。人としてどんな選択をしてどんな人生を送るかは個人の自由であり第三者がとやかく言うことではないわけだが、しかし、もう少し謙虚に学ぶべきではないかと言うことがある。というのも、例えばコレペティトアとは本場ヨーロッパのものであり、それを謙虚に学び知るということは基礎である。応用と言うのは基礎があって、それからの話である。そのものを謙虚に受け入れず自分の都合に合わせてしまうとということは、基礎がない、基礎を飛ばす、ということである。自分はコレペティトアでオペラ指揮者なので主にこれらについて謙虚に学ぶということを伝えられるわけだが、それ以外のことでもその意識は大切にしている。


話を戻して、コレペティトアはピアニストではない。ピアニストにはできないしなれない。なぜなら、ピアノを弾くことが大事なのではなく、ピアノを弾きながら何をするか、すなわち歌手の為に何ができるかである。まずこの根本を最初に認識しておかねば、ぜんぜん期の通り基礎のない、要するにでたらめになってしまう。これからコレペティトアを真剣に目指したい方の為にも、さらには声楽家らの為にも、これらが正しく認識されることを切に願う!