Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

一流歌手

昨夜久しぶりにプラハ国民劇場へ行って来た。A.ドヴォジャーク”Jakobin”というオペラ、チェコでは有名な作品である。急に思い立って行って来た。公演はなかなかおもしろく、実は初めて聴いたのだが、ドヴォジャークらしいボヘミアンなきれいな音楽だった。で、今夏チェコで振った同じくドヴォジャークの”ルサルカ”で共演したテノール歌手が出演していた。彼はチェコを代表するテノール歌手の1人で、もちろん演奏は超一級品である!


近年思っていたことがある。それは、世界の一流劇場で歌う第一線の一流歌手と共演してみたい、である。というのも、そのぐらいのレベルの歌手とは一体どんなものなのか、お互いどのようにできるのだろうか、純粋にそう思ったからである。で、今夏チェコでそれが現実のものとなった。その”ルサルカ”の公演である。チェコを代表する国民的オペラの”ルサルカ”を外人がしかもチェコ国内で振る、普通なら許されないことである。しかし色々あって、運よくそのチャンスを得ることができた。もちろん、日本人指揮者が”ルサルカ”をチェコ国内で指揮したのは歴史上初である。この公演は音楽祭のメインイベントとして行われたのだが、歌手陣は1人中国人がいたが、後は皆チェコ人。オケもチェコフィルを筆頭にプラハ国立歌劇場、プラハ国民劇場、プラハ交響楽団の主要メンバーが中心になり、そこに音楽祭のオーケストラアカデミー受講生が乗るという豪華なものであった。そして歌手の主要メンバーが、プラハ国民劇場&プラハ国立歌劇場を筆頭にチェコの歌劇場で常に主役級を歌う一流歌手陣だった。


彼らとの共演は刺激的で、全てにおいて過去最高な体験だった。特に前述のテノール歌手はチェコでかなり有名な方で、某脇役のチェコ人歌手が練習前にビビっていたぐらいである。彼は表現力も声も素晴らしいのだが、歌手にしては破格にソルフェージュ力がすごかった。自分が受け持つパートは完璧に準備できていて指揮者から言うことはないと言ってもいいぐらい。また自分のパートへの責任感が強く、常に完璧なまでに見事なのだが、練習の時に1回だけ間違えた時、後の休憩時間にものすごく紳士的に謝って来た。そして、こちらからの注文はほとんど一度で完璧にクリアする。また自分の意思表示がはっきりしっかりしているので、何をどう歌いたいか、テンポからフレージングまでがよく分かる。指揮者が一方的にテンポを作るのではなく、まさに共演である!本当に高いレベルでのアンサンブルができた。誰が何と言おうと超一流歌手である。彼と練習していて、これこそが自分が求めていた世界的一流歌手との共演だと確信した。


コレペティの現場では、この一流歌手が普通にやりこなすことを細かく全部練習せねばならないことがよくある。もちろんそのれがコレペティトアの仕事だと言われればそれまでかもしれないが、しかし極論かもしれないが、歌手は本来このテノール歌手のようにできるのが理想であり、多くの歌手たちが基本的には目指しているはずである。しかしそれがどうにも難しく、なかなか実践できていないというのがほとんどであろう。指揮者の自分が彼との共演で刺激を受けたように、歌手同士でもこうした一流の方と共演する機会があるならば、それは間違えなく貴重な経験になるはずである。CDや演奏会だけではなく、こうした接点を持てる機会を少しでも多くの方々に求めて頂きたいと強く思う。もちろんそれはなかなか叶わない現実もあるかもしれない、しかし求めれば何とかなるというところもある。


昨夜彼の演奏を聴きながら、ルサルカの時のことを思い出しつつ、また来るであろう共演の機会が待ち遠しくなったのであった。日本から来た見知らぬ指揮者がいきなり自分の国の最高のオペラを振る、正直なめられても仕方ないようなレベルの話であったが、彼らチェコの一流の歌手陣達はしっかり向き合い、そして一緒にルサルカを演奏できた。一流の演奏家とは、同じ音楽をする仲間を純粋に謙虚に認め合い、高め合う、そういう人のことを言うのだと思う。