Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

演奏家にとって一番大切なもの

一番大切なものとはナンセンスな言い方かもしれないが…。言うまでもなく”音楽”である。全ての演奏家、全ての音楽家がこれを基準に存在し活動しているわけである。もちろん、大切なことは他にも沢山あるが、あえて何が一番核かと言えば音楽以外の何物でもないことはわざわざ言うまでもないことである。


しかしなぜあえてこんなことを言っていると言うと、特に日本においてよくあることだが、声楽家の多くは、一番大切なのは”声”だと言う人が異常に多いからである。声楽は器楽奏者の楽器にあたる部分、すなわち声を作る作業から入る。まずはこれにものすごく時間を要する。そしてある程度のレベルでプロ歌手になっても、そのメンテナンス等は永遠に続く。そして、技術やメソードなどが大好きな日本人の声楽教育において、声を作るということが何より一番大切と言う風になってしまったようである。確かに声は大切であるし、声楽家の修行の順序としてはまず声作りからせねばどうしようもない。しかし、これで声が一番大切、まず声、となってしまうと演奏家として音楽家としての本質を見事に見失ってしまうことに気づいて頂きたい。


声とは何か?言い方はいくつかあるお思う。前述の通り、声楽家の楽器である。他にもいくつか表現はあるかもしれない。確かなのは、声楽家が音楽を伝える&表現する手段であるということ。声を使って音楽を伝えるのが声楽家である。単純に、ヴァイオリンを使ってやればヴァイオリニスト、ピアノを使ってやればピアニストである。それを少しでも高いレベルで行おうと全ての演奏家は常に鍛錬を続けるわけである。


話を戻して。声が一番大切、というのは明らかにこの核になる音楽を軸にしていない、言わば演奏家として音楽家として成り立たないことになってしまう。もちろん考え方やモチベーション的な意味で、音楽を表現するために声を維持することが大切というのは当たり前であるが、声を出すことが最大の目的でも一番大切でも決してない。以前こういう言葉をとある声楽家から聞いたことがある。「歌手は声が一番大事、気持ちよく声を出すことが音楽だ」と。これでは完全に演奏家でも音楽家でもない、残念ながらただののど自慢アマチュア歌手でしかない。まず人の声とは雑音である。訓練によって楽音として使えるようにできればその時点で音楽ができる可能性にはなるが、声そのものが音楽にはならない。それに表現等が加わらなければいけない。はっきり言って、これでは完全に自己満足である。


声を出す理由は何か?何の為に声を作って出すのか?冷静に客観的にこれらを考えれば分かることではないかと思う。何より音楽をする手段の一つである。色々な意味で声楽家は発声練習やヴォイストレーニングに長時間費やし、いつの間にか自分の中で声を出すことそのものが声楽というジャンル、さらには音楽になってしまっているという現実が残念ながらものすごく多いわけである。こういう言い方をすると一方的に思われるかもしれないが、自分は元々声楽科出身である。少なくとも日本の音大を出るまでは声楽家の方々と同じことを同じようにやってきて、声の大切さも難しさも充分に理解した上で言っているわけである。そして今、指揮者として、コレペティトアとして、声楽家というジャンルを考えた時、このようなことを強く思ったというわけである。決して素人の意見ではない。


変な言い方だが、声楽家が声が一番大切と言うのを無理やり指揮者に置き換えると、指揮棒が一番大切ということになってしまう。器楽奏者に置き換えると、楽器が一番大切ということになってしまう。もちろん楽器は大切である。特にプロであるならばやはりそれなりのものを買い求めねばいけないというのは確かにある。しかしそれ以上に自分が音楽をどこまで知り、どこまで追い求めるか、それに伴い技術も知識も限りなく習得していく、というわけである。日本の技術先行教育では、声楽家の声と同様に、楽器を弾く技術が過剰に重要視され、結果一番大切な音楽、すなわち中身にあたる部分が軽視される傾向にある。声も楽器も、さらには技術も演奏する手段&方法に過ぎない。一番大切なのは音楽と言ったが、その音楽とは何か、これを知るには人生かかるわけである。それをひたすら追求し続けることこそが演奏家のつとめではないかと思う。


コレペティトアは舞台裏の人種であるが、舞台上の人種である声楽家の準備を手伝うわけである。ゆえに、演奏家ではなくても音楽家である。当然これらのことを分かってサポートすべきである。そして、難しいのは、声が一番という歌手への対処法である。正直、そういう意見の声楽家はベテランになればなるほど対応に困る。残念ながら今はまだ自分にもそれは分からない。一つ確かなのは、そういう考え方の声楽家は必ず問題点がある。なぜなら、申し訳ないが”声が一番大切”というのは三流歌手の条件になってしまうからである。自分の経験上そうだった。そういう考え方の方で一流歌手は知らない。例えば、百歩譲って、声にやたらこだわり、声だけは辛うじて綺麗、技術も悪くない。しかしそういう方はそれが最高点なため、それ以外がないか著しく欠けるわけである。となると、指揮者として、コレペティトアとして、または他の共演者と何も共同作業ができなくなり、やっても無駄になることが多い。自分はそういう経験を何度もしてきた。これには今のところ答え的なものは見つかってないが、それよりなにより、声が一番大切という声楽家をどうしたら変えれるか、減らせられるか、あるいはどう教えたら素直に育つのか、そんなことを考えてしまう。