Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

指揮者という職業

日本にも指揮者志望の若者は近頃多い。日本には指揮科のある音大は限られているが、そもそも指揮者になるには指揮科に行かなければならないという定義はなく、むしろ指揮科を出ていない指揮者の方が優秀なことは歴史的極めて多い。指揮講習会、オペラの副指揮者、オーケストラの指揮研究員等、指揮を学べる環境は探せばいくつかはある。


ヨーロッパ、特にドイツ語圏では、指揮者は伝統的に劇場でコレペティトアとして修業を積み、後に指揮者に昇格して劇場正指揮者となり、長年の経験を経てオーケストラの指揮者になるというのがある。そのためドイツ語圏の音大の指揮科、特に旧東ドイツの指揮科では、指揮科に入ると指揮と同等かそれ以上にコレペティのレッスンを筆頭に劇場へ進むべく教育カリキュラムが整っている。これを一般的に”Kapellmeisterstudium”と言うが、要するに指揮者教育とは前述の劇場へ入って修行を積んで指揮者に成長して行くであろう者の準備段階である。ドイツ語圏以外でも、キャラクターの違いこそあれど、基本的にオペラが軸になっていることは歴史的に自然な流れである。


ところが最近、世界的に指揮者コンクールが流行りだし、また不況と同時に劇場の衰退もあり、指揮者という人種の需要と供給のバランスも以前よりかなり悪い。指揮者志望の者が多発し、でも入る余地があまりに限られている。そして指揮者コンクールだが、当たればでかい一攫千金的要素がある。コンクールに優勝したならば、コンクールの規模にもよるが、賞金のみならずオプションで数団体のオーケストラに客演ができる。一気にチャンスが拡大するわけである。前述の劇場叩き上げ指揮者は、非常に長い年月を要する。それよりもコンクールでデビューする方が手っ取り早いとなるわけである。ゆえに、近頃多くの指揮者が、コンクールでデビュー、すなわちまずオーケストラを小奇麗に振れれば早道、と考えてしまっている者が極めて多いが、しかしこれがとんでもない間違えである。


今日、巨匠が生まれにくい時代と言われているが、指揮者に関して言えば、まさに今書いた通りが原因ではないかと思う。”劇場叩き上げ指揮者 < コンクール指揮者”、この現状だと明らかに修行の年月も経験値も現代指揮者は低いわけである。ゆえに残念ながらいい指揮者は減って来ている。オペラ指揮者の減少というのはそのまま指揮者の平均レベル低下を意味するのである。


そんな現実はあれど、しかしながらやはり歴史的に指揮者はオペラからというのは常識で、未だにベテランやよく分かってらっしゃる音楽家は皆同じ考えである。ヨーロッパでは、確かに劇場叩き上げを面倒くさがったり嫌ったりする若手指揮者は増えては来ているが、どこかで”本当はオペラ”というのは存在しているであろう。


で、日本はであるが…。オペラ劇場のなかった日本、指揮者の伝統も歴史もいきなりコンクールから始まったと言っても過言ではない。指揮者に限らず全ジャンルにおいて日本では異常なまでにコンクールを崇拝している。これはこれで不思議な現象ではあるが、しかし本当にそうである。で、今日の日本では指揮者ははっきり言ってコンクールで当てるしか道はない。そういう指揮者でないと日本のオーケストラも音楽事務所も目を向けないのが現実であるし、また一般のファンもコンクールに通らない指揮者を指揮者と思ってないところもかなりある。正確には、指揮者とはコンクールでデビューするものと思い込んでいるかの如く。また本来音楽家であり芸術家である指揮者をあたかも芸能人やタレントのごとく見せ物的に思われていることが非常に多いようである。指揮者は確かに目立つが、決して見せ物として振っているわけではなく、音を鳴らすために、音楽を作るために振っているわけで、間違っても演技ではない。


そういうわけで、日本の指揮者を目指す若い世代も、必然的に指揮者とはコンクール、すなわちシンフォニーを振る者という認識になり、それに憧れそれを目指すことが多いのである。確かに劇場がない日本でオペラを学び目指すのは不可能である。指揮科でもオペラを振るという前提の教育は行われていない。話をまとめると、ヨーロッパと日本では、指揮者という職業に違った認識をしているのである。根本的なところで、歴史的伝統的にヨーロッパはオペラから、日本はシンフォニーから、である。となると、出来上がったもの=指揮者像も当然変わって来る。ヨーロッパでは音楽家、日本では芸能タレント、ヨーロッパでは芸術家、日本では見せ物、などである。


自分は日本で生まれ育ち日本で指揮に興味を持ち、後のヨーロッパで学びヨーロッパのやり方で育ち指揮者&コレペティトアになった。確かに最初は日本で指揮に興味を持った時はオペラ指揮とは知らなかったレベルである。正直オペラ指揮を本格的に志したのはそれからかなり後のことである。ゆえに日本で指揮者というと前述のような考え方になるのも分からなくはない。ただ自分は、”やるからには本場で本物を”、という考え方なので、その後色々あった結果、指揮の元祖であるオペラに目覚めたわけである。


これらから、コレペティトアは指揮者がまずなる重要職であるのだが、日本ではコレペティトアはピアニストとごっちゃになってしまっているため、ピアノ科出身の者が興味を持つことが多い。後に実際はそうではなかったと知り辞めて行く者がほとんどだが、しかし本来ストライクなはずの指揮者がコレペティトアにという流れは今のところ全くと言っていいほど目にしない。やはりシンフォニー、コンクール、では仕方ないのかもしれないが、日本でも本来あるべき姿、指揮者=コレペティトア、がもう少し出て来ると、色々な意味で日本のオペラ界もいい要素が増えて来るのではと希望を持ちたいところである。また日本の指揮者もレベルが上がるのではないかと思う。