Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

役の声

変な題名になってしまいましたが…。オペラの役には声の設定があります。どの役がどの声で歌われるのか、どの声が適任か、どの声なら可能か…。色々ありますが、どの役も他生の範囲はあるものもあれど、基本的には適した声が存在します。それらは、まずは声種、そして声の質です。質とは、重いか軽いか、太いか細いか、などなど。声楽家は皆自分の持ち声と照らし合わせて、演奏可能なものを探し練習しものにしていきます。


しかし、この声の設定というのは、国や地域によって違ってくるものもあります。世界中どこへ行ってもほぼ同じものから、あるところへ行くと結構違う設定になっていたり。実は探すと結構あります。自分の経験上、有名な役で明らかに違うのが、G.ビゼー”カルメン”のミカエラです。この役は世界的には比較的しっかしした声の人が歌うという認識がされているようですが、実は本場フランスでは違います。軽い細い人にが歌う役です。かつて自分がカルメンを指揮することになった際、コレペティの師匠に是非習いに行くといいと紹介されたのがパリ在住のフランスオペラの大家のマエストロJ.ペリゾン先生。2日間彼とマンツーマンでスコアリーディングをさせて頂きましたが、その時に先生がこう言われてました。「世界中でミカエラは重い声で歌われているが、それが間違えだ。フランスでは細い軽い人が歌う。なぜならミカエラは若い娘だから」と。本場の方がそうおっしゃるので間違えはないでしょうが、しかしフランス語圏を出ると前述のような設定なわけで、一つの役でここまで認識が違うといういい例でしょう。


その他、せっかくなのでもう一例。自分が得意とするオペラ、A.ドヴォジャーク”ルサルカ”、日本ではあまり上演されませんが、ルサルカのアリアが有名でこれだけはよく演奏会でも歌われています。が、このルサルカの声も本場チェコと日本では大きく異なります。日本では太くて重い声でたっぷり揺らせて歌うと思われていることが多いようですが、実は本場本物は真逆です。普通から軽めの声の人がシンプルにサラっと歌うのがチェコで一般的です。最近日本でもルサルカを指導することがありましたが、この違いはものすごくはっきりとしていました。確かに日本人が日本人の感覚でルサルカを感じるとそうなってしまうのかもしれませんが、しかしドヴォジャークは日本人ではなくまさにそのチェコの感覚で書かれたわけです。


この他にも上げていくとキリはないかもしれませんが、役の声がどういう設定になっているのか、調べていくと結構おもしろいような気もします。そして声が変われば歌い方も当然変わります。それはもろに音楽に影響するわけですが、議論が尽きないネタでしょうねえ。個人的に思うのが、確かに地域的な設定や傾向はあるかもしれませんが、あくまで大事なのはその作品そのものなわけで、ひたすら作品と対話すべく…ではないかと思います。生涯かかりますねえ。