Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

爆笑回?

コレペティ科時代、声楽家の友達に呼び出されコレペティや伴奏をすることがちょくちょくあった。それらはとても貴重な機会で、一緒に付き合ってくれた仲間にはすごく感謝している。が、ある時よく一緒にやっていて声楽科の某バリトンが、色々な意味でおもしろかった。


彼は残念ながらソルフェージュ力が乏しく、言ってもなかなか治らないタイプだった。しかし意欲的なので、こっちもできる限り付き合ってしまう。ここまでならまだ普通だ。しかしたまにそれ以上の飛んでもない領域まで行くことがある。最初は普通に練習しているのだが、ある時テンションが上がりどうしようもなくなり、近い友人を無理やり呼び出し気が付いたら演奏家もどきになっている。その頃にはさすがに付き合いきれなくなる。しかしそこに来てくれた友人達は本当にいいやつだったと思う。譜読みするままならない歌をまじめに聴かされて何かしら賛辞を無理矢理述べていくのだから。


もっと酷かったのは、自分が遠出してたまたまいなかった時に身代わりになった友人がいた。彼は現在同大学の声楽科でコレペティトアとして学生を指導しいるのだが、こともあろうに大晦日に呼び出され、客のいない(正確には前述の友人1~2名程度)なんちゃってジルヴェスターコンサートを強引に開催し伴奏させられたのだ!後で彼からその様子を聞いたらさすがにコメントに困ったが、しかし寒いヨーロッパの年末年始にそれではやりきれない。…。


といった具合に、コレペティの実践に機会も時には訳の分からない事態に陥ることもあるようで…。しかし、今となってはいい思い出である。今こうして回想して笑えることは何よりである。修業とはまじめにいいものばかりではなく、時には良くも悪くも変なことになるものである。それも踏まえて経験である。で、その某バリトン歌手、現在どこで何しているのか、消息不明である。一つ言えるのは、まあ大して変わってないであろうということ。とりあえず声楽は続けているようなので何よりである!