Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

なぜ日本にオペラ指揮者&コレペティトアがいないのか

この理由はいくつかある。とりあえずあげてみる。


― 劇場がない=オペラが文化ではなかった


― 教育機関がない→指導者がいない


― 指揮者志望の者がオペラに興味を持たない


― コンクールに時代ゆえに


とりあえずざっとあげるとこんなところかと思う。これらを細かく分けるとまた色々出て来るが、基本となるのはこれらではないかと思う。


まず劇場がなかったというのは仕方がない。元々異文化なものを取り入れているわけで歴史的なことである。それゆえに、職業としてのオペラ指揮者&コレペティトアが存在しなかった、要するに必要がなかったと言える。今日民間オペラ団体等は多数存在するが、それらが盛んになって来たのはかなり後になってから、ゆえにオペラ指揮者&コレペティトアが必要になるのも遅かったと言える。


教育機関がないのも、劇場がなく必要がないなら、当然存在するはずもない。こんにちは必要性が上がってきたとは言え、指導者の主な世代が生きて来た時代はまだ必要ない時代だったし、そもそもこういうのは長い歴史が作り上げるもの。日本にオペラ指揮とコレペティの指導者がしっかりと存在する時代ではまだないというわけである。


指揮者志望の者がオペラに興味を持たないのは、最後のコンクールの時代と比例する。日本で指揮者と言うとやはりシンフォニーを振ってる人というイメージはプロアマ問わずある。またオペラ指揮者の基礎であるコレペティは日本では未だにピアニストと勘違いされている、そして指揮者がピアノを弾くという認識が全くないと言っていい。これではコレペティトアが存在できない。さらに、日本では指揮者というとコンクールのみしか道がない現状。ましてや劇場下済みの叩き上げということができる場所は皆無。仕方ない。


というわけで、現在もやはりオペラ指揮者&コレペティトアが育ち存在する土壌にないことは明らかである。それでも最近は真剣に志す者もいて、そういった者は皆留学するなどして修行する。逆に言えば伝統あるヨーロッパに行けばいいと言えばそれまでだしその方がいいのだが、しかしそろそろ日本でもそういう流れが来てもいいのではと言いたくもある。しかしながら、まず興味持つものがいないというのはどうしようもない。ある指揮仲間の友人から聞いたことだが、「皆オペラはできれば避けたいと思っている」と。全員ではないにしてもかなりがこうであるということに疑う余地はない。確かにコンクールが主流の国で学んでいると、オペラの叩き上げは長い年月と経験を要するのでかなり面倒くさいのは確かである。しかし本当に好きで本物を極めたければと考えると…。この辺が日本のオペラ界の将来を左右するであろう。