Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

オペラ公演におけるオーケストラ

オペラとは総合芸術と言われながらも、結局のところ音楽に支配されている。演劇的要素もあるが、それらは音楽に沿ってなされなければオペラにならない。ということは、オペラ公演を進めているのは指揮者であり、オーケストラである。ゆえに、指揮者は言うまでもないが、実はオーケストラはある意味オペラ公演で最重要な部署とも言えなくもない。ヨーロッパの劇場では座付きオケと言われ、オペラ劇場の組織の核をなす部署となってる。ある意味ではオーケストラは劇場において一番いい就職先なのかもしれない。


ところが、日本のオペラ公演におけるオーケストラの一はヨーロッパのそれとは真逆である。プロジェクトを組むとき、当然まず予算編成が行われるわけであるが、予算のあっけどころは皆舞台と演出ばかりで、音楽的な部分はまず削減の対象か最後に残った範囲でしかやろうとされていない。酷い場合は、音楽練習を可能な限り減らし(時にはなしの場合もあるらしい)、とにかく立ち稽古に時間も予算もつぎ込む。これはオペラを強引に芝居化する日本独特の現象であるが、悲しいことに現実である。それゆえに、指揮者などの音楽チームも当然予算削減対象の筆頭に上がる。しかしそれよりもオーケストラの扱いが、音楽チームと同等か下手したらそれ以上な感じがある。オーケストラに予算をかけたくないあまりに小編成アンサンブルにしたり、ピアノ伴奏にしたりする。舞台や演出を減らそうという考えは基本ないようである。最終的にそうせざるを得なくなっても、その頃には音楽面はほぼなくなっているような有様である。


ヨーロッパでもこんにちは不況により、色ろな削減を強いられている。しかし日本のそれとは違う。劇場は国や州や市などの予算で行われているが、1つのオペラプロジェクトを行う場合、予算が限られているからます舞台と演出を固めて音楽を限りなく削って、とはならない。それならば演奏会形式にしようということになる。そこに可能ならば可能な範囲で少し出入り程度の動きを付けたりという具合に作っていく。これは極めて自然なことである。オペラはあくまで舞台作品である以前に音楽作品、ならば予算等限られた範囲であるならばまずは音楽から、というのは当たり前のことである。ゆえに、日本のように音楽チームやオーケストラからまず平気で削られるという発想はない。もちろん例外的状況等はあるかもしれないが、根本的なオペラに対する発想はここまで違うわけである。


日本の場合、そういう考え方で予算を組む方にも問題はあるが、同時にそんな悪条件でも引き受けてしまうオーケストラ奏者にも問題はある。確かにそうでもしないとオペラを弾く場がないという辛い現実もあるが、しかし引き受けてしまうと主催者側はそういうものとしてしまい、永遠にオペラにおけるオーケストラの存在は低いまま、扱いは悪化する一方である。この辺が改善されない限り、オペラのレベルが上がることはないであろう。なぜなら、この音楽的部分はオペラの土台だからである。