Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

時代は変わった…

最近色々な状況を目の当たりにしたり経験したり、または話を聞いたり、そこから分かって来た時代の移り変わりである。これは歴史的なこととも言えると思う。


それは何かというと、ドイツ語圏の劇場の在り方である。具体的に言うと、指揮者&コレペティトアの在り方、すなわちこれらがどういう人種か、何が求められるか、どういう者が適正とされているか、などである。またそれにより、オペラ界全体が影響を受けることは言うまでもない。結論から言うと、本来これには伝統的なスタイルややり方などが文化のごとく存在していたわけだが、色々な経緯や状況により大きく変わって来たということであり、それによりドイツ語圏のオペラ界のレベル低下が急速に進みつつあるということである。そしてドイツ語圏のオペラ界は世界のオペラ界の中心と言える場所であり、どれがレベル低下すると当然世界的にレベル低下が起こると言うものである。


具体的な内容であるが、元来古き良き伝統であったスタイル、指揮者はまず劇場のコレペティトアやアシスタントとして長年下積みをし、後に指揮者に昇格していく。そしてまずはオペラ指揮者として大成し、そのれからシンフォニーも。これが一流指揮者を作る基本であったわけである。事実、歴史に名を残している名指揮者は皆これであり、別の伝統のあるドイツ語圏以外でも、歴史的指揮者は皆オペラ指揮者としてそれなりの経験と実力を持っている。要するに、オペラは指揮者の基礎であり、ドイツ語圏は歴史的にそれが一番強く根付いていた、言わば世界のオペラの基礎と言える地域であった。しかし、今の時代その最大の長所と言っても過言ではないその特徴がかなり失われてきている。まだゼロとまでは言わないかもしれないが、限りなくそれに近づき、またこれからの若い世代はすでにそこに視点はほぼない。


今世紀に入り、指揮者界もコンクールの時代に入って来ている。指揮者コンクールとは、早い話が一攫千金的なもので、そこでうまくいけばそのまま下積みなくデビューというわけである。特にここ10年ぐらいでその数は増え、挙句の果てには、下積みのないコンクール指揮者がいきなり劇場専属指揮者になるということが最近結構普通になってきた。コレペティトアとしての下積みがないということは、要はオペラを知らないと言うことである。知らないだけならまだしも、間違った理解や別の理解をしている場合も多い。そして、コレペティトアはというと、元来指揮者が最初に下積みでなるものであったが、近頃はコレペティだけがしたい専任コレペティが増えてきている。要するに、指揮者より極めてピアニスト的になってきたと言うわけである。それでいて志望者が多い今の時代、試験ではオペラのことよりピアにスティックなことが求められる傾向が強まってきている。これはオペラを視点言うならば残念なことで、ある意味間違ってきている。そんなこんなで、結果的にドイツ語圏の良き伝統のコレペティトア→指揮者というものがほぼなくなってきている。そしてそういった指揮者が増えると言うことは、そのまま歴史が変わることになる。なぜなら、その次の指揮者を選ぶのは現職の指揮者、当然自分の好きな似た傾向の者を選ぶことになる。ゆえに、かなりコンクール指揮者系が浸透してきたということは、これからは確実にそういう指揮者しか採用されなくなるということである。特に今まだ微妙に残る職人的ベテランオペラ指揮者が引退後、このままだと確実に歴史は変えられてしまうわけである。そして同様に、コレペティトアも指揮者ではなくピアニスト的になり、オペラを支える最重要役職と言えるコレペティトアのレベルも著しく低下すると言うことになる。


それらの傾向が具体的にどういうものかというと、簡単に書くとこういうことである。指揮者は、明らかに技術的、理論的、メトロノーム的で、そしてコンクールのごとく短時間に形だけまとめる方向、これらが強くなり、歌手との共同作業やオペラの音楽の奥深いところが限りなう薄れていく。これらは長年の経験によって培われるものであるが、コンクール系出身の指揮者やコレペティトアとしての下積みのない指揮者はこれらを学ぶ機会も時間も皆無である。そういう人種が今、そしてこれからのオペラ界を仕切っていくことになるわけである。コレペティトアは、指揮者的要素がなくなる、要するにピアにスティックになり、オペラのアンサンブルというよりメトロノーム的でより理論的になると言うわけである。一見指揮者ほど影響は少ないようにも思われるが、しかしこれまでよりかは薄く浅くなるわけで、指揮者的要素の低下=アンサンブル的要素の低下と言える。また採用試験時にはアンサンブルやオペラに対する理解とその対応が本来大事なのに、それらが求められなくなるということは、単にオペラ人としてのレベル低下ということになる。


というわけで、今後はこういうことが予想される。


オペラ指揮者がオペラを知らない人がなるようになって来た

オペラやオペラ指揮が違ったものになりレベル低下

引く続きその流れで新オペラ指揮者が育成&発掘される


である。


元々指揮者という人種は、根本的に理論や技術が好きで、音楽や人間より自分のペースで仕切っていくことが好きな者が多く、それを正義感のごとく推し進める傾向の強い人種である。それゆえに常にプレイヤーや歌手との対立や溝が多く存在するわけだが、そういうのはもっと指揮者がプレイヤーや歌手に耳を傾け、理解し対応すべきである。しかしこのオペラ界の傾向から考えると、かなり指揮者ら本位な世界になって気いる。となると悪く言うならば、オケや歌手もその指揮者らの洗脳に合い、どんどん違う者になっていく可能性が高いわけである。やはり指揮者とは影響力の強い人種であることには変わりないし、ヨーロッパオペラ界ではやはり指揮者という存在はかなり強いわけである。まあコレペティトアもこの傾向で行くならば、歌手を理解し支えられる者が減っていくと、結果指揮者と共に音楽チームの機能性が低下し、そのまま歌手のレベル低下となる。


今世界中で指揮者コンクール、指揮マスタークラス等、このような傾向をさらに強い勢いで持って推し進めていく力がどんどん増え続けている現状である。ある意味、あまりに増え続けるとどこかで飽和状態となり減少につながることもあるが、残念ながら今のところそういう空気は見られない。もちろん未来のことは誰にも分からないが、事実なのはすでにこの流れにオペラ界は少なからず巻き込まれていてレベルが下がってきていることである。そして伝統的なスタイルで純粋に地道に勉強している指揮者やコレペティトアはすでに通用しなくなってきている。そこまで変わって来ていると言うのが現実である。今はとにかく、どこかでブレーキがかかり、良き伝統が少しでも戻って欲しいと願うばかりである。もちろん悪い伝統はいいものに変えて行けばいいし、良いものを残して受け継いでいけばいいわけである。しかし、これも時代の流れと言えばそれまでなのかもしれないが…。恐らく今世界中で、指揮者らは指揮者のレベルは今上がて来ていると思い込んでいるかもしれない。しかしそれが一番恐ろしい間違えである。指揮者にレベルは今確実に落ちてきている。そえに比例しえオペラのレベルも落ちてきている。オペラをちゃんと分かっているオペラ指揮者、一人でも多く存在し続けることが今とこれからにとって一番大事だと強く思う。