Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

時代の流れ

近頃日本では、オペラは演出の時代になって来た、演出家が全てを牽引するなどという考えややり方がかなり浸透している。多くのオペラ歌手は芝居のことしか考えず、音楽は二の次である。しかし、ヨーロッパでも以前よりは演出が強くなった傾向は確かにあるが、あるいは音楽のレベルが落ちただけなのかもしれないが、根本的に音楽重視(土台)という伝統は変わらない。演出を過剰に売り出すヨーロッパの劇場も近頃たまに見るが、しかしそういう劇場は音楽がかなりしっかりしている。音楽がある程度あってからの演出である。あくまでオペラは舞台作品である前に音楽作品である。


しばらく前の時代には有名アリアを仁王立ちで歌って許されたが今はそういう時代ではないと言う者がいる。確かに仁王立ちでいいかと言われれば…ではあるが、かと言って演技しながら歌えばいいか、はたまた演技の方が大事かと言ったら決して違う。そういう考えの者はあくまで演技が大事で役者として…と強調するが、そもそもオペラの舞台に立つオペラ歌手は役者ではなく演奏家である。演技だの何だのあるにせよ、ジャンル的には明らかに音楽家であるわけである。これは絶対に忘れてはならないことである!演技にについて追及するのはいいことだが、それが先、それがメインになってはオペラ人失格と言うわけである。さらに言うなら、演技なし(歌だけ)で充分人に音楽を伝える歌唱のできない者は演技しても無駄、演技する資格はないわけである。この時点で演奏者として失格である。オペラ歌手はまず音楽(歌)で充分表現できるようにならねばいけない。何のために立げいこよりも先に音楽稽古をしているかという根本的なところである。しかし残念ながら今日それは演技でごまかされており、要するにそれは自己満足につながる。


これには題名の通り良くも悪くも時代の流れが反映している。しかし日本は恐ろしく芝居に傾倒し、その進行が世界トップクラスに早い。世界的に見ると、確かに以前よりは演出が表に出て来てはいるが、それは演出中心になったと言うわけではなく、どちらかと言えば音楽が落ちたのではとさえ思う。というより、オペラを演出重視にすると音楽ではなく芝居化し、結果レベルが落ちるだけではなくオペラそのものが衰退する。オペラは芝居でも演劇でも決してない。この状況に陥った理由として、教育等に何かしら問題があることは事実である。一番いい(必要)と思われるやり方は、とにかく音楽を学ぶこと&知ること、音楽としてオペラをとらえ実践すること、またそれらを再認識することである。オペラの演技とは芝居の演技と違い、音楽の流れでやらねばいけない。ある演出家がこう言う。「音楽が入れば芝居はついてくる」と。演出側から見ても本来これが基本であり、オペラは誰が何といおうと音楽ということをあらわしている一例である。


オペラ歌手は演奏家であり音楽家である。役者ではない。しかし日本の主流はその逆で、オペラ歌手は役者であり演奏家ではない、まずは演技、演技が全て、となってしまていることが非常に多い。まずはこの基礎的部分を改めて考える必要がある。それには、確かなオペラ指揮者とコレペティトアの台頭が必要不可欠となる。もちろん声楽指導者もだし、オペラを芝居化させないオペラとしてオペラをやる演出家もである。しかし、音楽を先導するオペラの真のリーダーであるオペラ指揮者がまず何より大切と思われ、同時にそこに付随するコレペティトアの存在は歌手のもろに直接影響を与える。何をどう改善すればその道を敷けるか、そこが一番難しく一番大切である!