Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

先のレベル

指揮について。自分は日本の音大は声楽科だったが、高校時代から声楽と並行して指揮を本格的に目指すことも決めていた。大学に入ったか入らないかぐらいの時期から即指揮の勉強も本格的に開始。実は間もなく最初の先生に波紋になったり、学生オペラの副指揮を干されるなど、悲惨なことばかりでお世辞にもいい道を歩んではいなかった。一時期指揮をしていることを嫌がった当時の声楽の師匠から指揮活動禁止令を出され、もしやって見つかれば波紋という緊迫した時間もあった。しかし色々あって、学生時代後半はそういった楽曲を跳ね除け徐々に指揮の仕事(プロのオペラの副指揮、プロのオペラ団体の研修所の指揮、アマチュアオーケストラ&吹奏楽団など)を取るようになり、卒業後は完全に指揮に専念。その後プロのオペラ団体の本番を振らせてもらう機会を少し頂き、間もなく留学して指揮科に入ったというわけである。


かなり異色で異端児である。楽器から指揮に行く者は多いが、声楽から指揮に行く者は少ない。流れで合唱指揮にたどり着く者はちょくちょくいるが、普通にオペラやシンフォニーの指揮者になるものは世界的に見てもまずいないと言っても過言ではない。それどころか、声楽出身指揮者というとそれだけで差別の対象になる。確かに一般的には声楽家はソルフェージュ力や読譜力など基礎能力の平均恵ベルが低いとされているので仕方ない話である。しかし自分は決して声楽が駄目で指揮に逃げたわけではなく最初から指揮もまじめに考えていたわけである。よく楽器でもある話だが、専門分野で結果が出なかったりいまいち成長できず物にならない場合に、簡単に考えて指揮に転向するものがいる。残念ながらこういう者は世界中に結構多いのだが、指揮科じゃななくさらに見下げられやすい声楽科だった自分も例外なくそう思われたわけである。後に指揮科に留学したことによりその疑惑はめでたく晴れたわけだが。


指揮の勉強は、それゆえにかなり難しかった。最初半年は個人レッスンに通っていたが、先述の通り破門になりその機会を失った。まあ指揮の場合はそれが全てではないが、しかしやはり確かな機会でありある意味堅実で手っ取り早い方法でもある。その先生にはその後も練習見学の許可は頂けておりしばらくは通ったが、しかしいまいち成長できずがっかりさせてしまったであろう。でも何だかんだとお世話になり、当時まだ何も知らなかった自分に時間を割いて必死色々教えて下さったお陰で、とりあえず指揮の世界への導入にはなった。この先生との出会いは全ての始まりであり、本当に厳しくご指導いただけたお陰で、指揮はともかく先へつながるものとなったことは確か。本当に感謝している!以後留学するまでは、破門後に出会った先生の練習見学を中心に、たまにある指揮講習会等へ行ったりして勉強し、合間にオペラの副指揮、アマチュア団体の指揮などをして経験を積んで行った。がむしゃらである意味先の見えない無謀なサバイバルでもあったが、しかし結果的に卒業後オペラの本番指揮を任せて頂けるまでに行けたことを考えると、決して間違った行動ではなかったと確信している。また学生時代は友達から伴奏依頼をよく受けており、声楽を中心に楽器もいくつか、かなりの数の伴奏をこなした。声楽科の学生だったにも拘わらず、歌った回数よりも伴奏した回数の方がはるかに多かった!しかしこれが何よりいい修行だった。そんなこんなで、前述の破門後の先生がオペラ指揮者だったこともあり、オペラの副指揮と伴奏をこなしたことにより、オペラ指揮者へと目覚めたわけである。オペラ指揮者になる為の基礎としては、このころの経験や訓練は本当に尊いものだった。指揮の勉強環境は決していいものではなかったが、こうやって色々な先生方や仲間たちとの出会いに恵まれ、正直かなり苦しかたが、結果的に最高だったと思う。今ヨーロッパで色々経験しても尚、当時の経験が確かなものだったと確信を持っている。当時お世話になった方々へは心から感謝している。


指揮のやり方について。日本にいた頃の自分の指揮科、はっきり言ってオーバーリアクション(振りが大きい)で今思えば雑だったと思う。最初破門になるまでは指揮法のレッスンを受けていたが、その後メソードからは離れた。声楽科の学生だったこともありプロのオペラ団体の合唱団のトラをやりながら色々な指揮者から色々盗んでいたこともある。色々な試行錯誤と自分の経験と研究で自分なりに作り上げていった感じであった。しかし当時は当然まだまだ色々足りないわけであり、やはり本格的な修行が必要。オペラ指揮者になるために、オペラ劇場叩き上げの伝統があるドイツ語圏への留学を目指したのである。


留学して間もない頃。最初は日本での影響と傾向が残っていた。当時はよくも悪くも振り方で何とかしようとし過ぎていた。もちろん指揮者は振り方で伝えるのが基本であり、当然最初は皆これを基礎とする。しかし勢い余って力んでいたのか、棒で音楽をするはずが力んで振ってしまい音楽になり切っていなかった。留学直後はそんな感じで頑張って振っていた。しかし数ヶ月か1年したかしないかだった頃だったが、だんだんと色々なことに気づいて来た。そこまで振る必要がないと。徐々に振り方も変わって来た。とここまでは恐らく普通であろう。ただその後、いい意味で変わりすぎたがために逆に苦労することになった。


前述の通り、指揮者は振って音楽をせねばならず、皆振り方を訓練する。同時にそのために必要な知識等の勉強もする。しかしそんなある時自分が気づいたことがある。それは、振り方、すなわち振ってやること以外、目に見えない間合いである。どううことかというと、人間一緒に何かする時のことだが、指揮者がプレイヤーに示すということもあれば、指揮者が振らずにプレイヤーを自由にすることもある。さらに、自ら音の出せない指揮者が音を実際に出すプレイヤーと同じ表現の仕方では難しくなる部分もある。要するに主観と客観である。文章で説明するのは難しいが、要は指揮者とプレイヤーの間=間合いである。目に見えない気のやり取り、空間=空気、時間などなど。それらを考えると、必ずしも指揮者が振ればいいというわけではない。なぜなら団体行動なのだから。もちろん能力としては、指揮者は全部振って伝えれるぐらいであればいいが、しかしアンサンブルにおいてそれがある程度以上だと単にきつすぎるわけである。


そしてもう一つ。振るということに関してである。棒で伝えるということになるが、多くの指揮者は振って伝えようと必死に棒の振り方を試行錯誤し、振ることにかなりの神経を傾ける。もちろんそういう訓練はあっていいしそういう時期も必要であろう。しかし、前述の通りプレイヤー達との共同作業において、指揮者が一方的にさおれをやるだけで果たしていいのだるか?タイプによる違いもあるが、それだけでは共同作業はうまくいかない。話を戻すと、世界中のほとんどの指揮者は棒を振る時は腕で表現しようとし過ぎるわけである。特に指揮科、指揮講習会、コンクール、このレベルではその範囲内のことしか行われていない。よく言えば基礎的、悪く言えばまだまだ低いレベルということになる。楽器でも何でもそうだが、真の表現とは何かと考えた時、もちろん表現は意図的にやろうとする行動なのかもしれないが、しかし創造して頂きたい。表現しよう=振ろうと思って振られた棒と、自然体から伝わって来る音楽、どちらがいいかと言えば明らかに後者である。具体的に言うと、「振ってます」という力んだ棒と、力みのない動きから自然に音楽が表現されているということである。


言葉でぐらいはこのことを聞いたこともある人はいるかもしれないが、しかし実践となるとほとんどいない。事実、この後者の指揮はものすごくレベルが高いわけである。職人的ベテラン指揮者や巨匠レベルになって、ようやく到達できるかどうかであろう。その前に、このことに気付ける人はがまずほとんどいないわけである。しかし、話を戻すと、自分は色々な流れと経験から、留学して間もなく頃にこのことに気づいてしまった。そしてそれからはそのレベルを目指そうとしたわけである。それまでは皆と同じように振ることを考えすぎ振り回していたと思う。それからは振り方でどうにかすべく振ることを止め、体はいたって自然体、動きとしては無駄のないシンプルでリラックス(脱力)した動きを求めた。そして音楽(表現)はと言うと、ここからが一番大事な究極なのだが、本当に中身にいい音楽があると、それは意図的に出そうとしなくても自然に出て来る、ということに気づいたのである。これは例えば、本当に経験ある人間は、特に過剰に飾ったり語ったりしなくとも、雰囲気やオーラでその経験が伝わり、落ち着きや癒しや納得を与えたりするのと同じことである。全芸術家にいえることだが、これこそが表現の究極であり、まさに”極めた”というレベルである。


そして自分はそれを目指そうとしたわけであるが、当然すぐにできるものなわけはない。これはとにかく人生経験がものを言うわけである。音楽的理解や解釈はもちろん、人としての経験や懐の深さや強さなど、色々な要素が積み重なりなしえるものである。当時の自分はその表現をするための準備として力みのない自然な動きは徐々にできていったものの、たかだか20代そこそこの若者がそう大した表現ができるわけもない。要する、人生かけた果てしない追及である。しかし、そんな年にそんなことに気づいてやり始めてしまったがために、逆にものすごく苦労することになった。というのは、まず周りにそれに気づいている人は誰もいない。皆必死に棒を振っている。それゆえに、自然体な動きの自分は周りと比べ音楽を表現しようとしているようには見えにくくなってしまい、周りからは棒はいいが音楽のないやつとされてしまった。しかし自分のその振り方はただ自然に動いているわけではない。音楽に反応させて動いているわけであり、ただその中身が表に出て来るのには年月が必要である。ゆえに自分のその「棒はいいが」は音楽を感じからこそ機能しているわけで、決して技術的なタイプでもテクニシャンでもない。単に音楽だけをやっているのである。恐らくほとんどの指揮者は振って表面的に振って見せる振り方でやり続け、年とともに少しはその表現に気づくかどうかという指揮者人生を歩んでいるのだろうと思う。ただ自分はちょっと早く気づいてしまったらしく、すでに指揮科で求める指揮のレベルを求めていなかったわけである。


それからというもの、その果てしない究極の表現の追及、そしてプレイヤーとの絶妙な間合いを求めて修行した。しかし同年代の学生はもちろん指揮者らからは理解されなかった。世の中には大体平均的な段階に応じたレベルがあると思う。自分の当時のレベル、学生~プロにおいて、こんなレベルを求めることは普通はない。むしろプロデビュー後長年かけて追及して行くものであろう。しかし残念ながらそれゆえに、誰からも気づかれず、理解されず、逆に見下げられてしまった。師匠は尊敬する巨匠であったが、その先にレベルは教えてはくれなかった。師匠はその辺天才肌だったのか、師匠自身気づいてないか重んじてなかったのかは分からないが、とにかくその後も永遠理解者は現れなかった。指揮者から認められないとなるとチャンスはなかなか来なくなる。


しかし、そんな苦しい状況でも結果が出ることはあった。実際に振った時、プレイヤーやソリスト(楽器も声楽も)からは支持を得る、喜ばれるようになった。色々な方々化rア色々言われたが、自分のその指揮が機能すると、プレイヤーは弾きやすくやりやすく、ソリストも心地よく安心してソロに集中出来ると言うわけである。そしてオペラ指揮=伴奏という能力が長い経験で身に付き、それゆえに”伴奏”で高い評価を得ることになった。こんな具合でプレイヤーの票は確実に得るようになっていた。プレイヤーの票を取り、指揮者の票を取らない。コンクール等では全くだが、実践ではいい。気が付いたらこういう状況になっていた。これは今現在でもそうである。


長々と書いてしまったが、その結果いい意味で独自のオペラ指揮ができた。これが自分の最大の武器であり、オペラの能力がつくと当然シンフォニーにも高いレベルで対応できるようになってくる。そして今もこれからもひたすらそれらの追及の旅は続くわけである。とは言え、散々書いて来た傾向は未だ変わらない。やはり指揮者の票が取りにくい為、いくらオペラが振れたところでそこに簡単には入れてはもらえないわけである。指揮者がいない時期に採用試験が受けられれば、プレイヤーやフロント側の票だけで決まる、ひたすらそういうチャンスを待ち続けている今日この頃。