Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

指揮者の現実

自分の経験と最近友人に聞いた話から分かる、現在の世界の指揮者事情、現実である。これは大いにオペラの現場やそのレベルに関係あるのであえて書く。


まず結論から言うと、今世界の指揮教育は完全にシンフォニーに傾倒している。要するにコンクール指揮者養成というわけである。仮にコンクールを目指さないにしても、法区政はいずれにせよそれである。言いかえるならば、ヨーロッパ本来の伝統であった劇場叩き上げ指揮者がいなかうなったというわけである。それを知っている指揮者やコレペティトアは皆無ではないが、限りなくそれに近い。劇場ですら、オペラ下済み経験のない=オペラを知らないコンクール指揮者が専属指揮者になり、そういった者が後に来る者を採用するので、完全に劇場のレベルが下がると言うわけである。ゆえに、世界の指揮者のレベルはどんどん落ちて行っている。また指揮者らは逆にレベルが上がていると思っているような雰囲気もあるが、要するにレベルが落ちてる、あるいは違うことをしているということに気づけないわけだから、それはレベルが上がったと思うしかないと言う者である。さらに、歌手らも周りの指揮者らが皆そうなってくると、そういうものと思い込んでしまい、最初は怪しんでも後に普通になってしまう。そして結果歌手のレベルも落ちる。現に、近頃いわゆる大歌手というのが出なくなってきている。大指揮者が出なくなれば、後に歌手にも影響するのである。


ある友人曰く、ヨーロッパの某有名音大指揮科では、近頃オペラを指導しておらず、シンフォニーしかやらない。有名な指揮科の学生にも関わらず、レチタの振り方うら知らないと言うのが現実。日本では昔からそうかもしれないが、自分が知るある若い指揮者志望の者も、あからさまにオペラはやりたくない、おもしろくない、と毛嫌いする。この時点で、教育にもかなり問題があるというのは確かである。それはオペラを教えなくなったのか、教えられる人がいないのか。日本は明らかに後者である。しかしヨーロッパはどうか。最近の劇場指揮者を見ていると後者にかなりなって来たのかもしれないが、転機というか分岐点というか、何かしら理由があるのではと思う。まずはコンクールの時代になって来たというのもあるであろう。それと、今の時代人数が多すぎるというのもあるかもしれない。ゆえに低コスト大量生産型のごとく、手っ取り早くコンクールでシンフォニー振って、そうすればいずれオペラも…という安直な考えになってしまうのであろう。しかしオペラはシンフォニーがちょっとばかし振れたぐらいでは全く不可能である。長い時間をかけて下積みしないと不可能である。しかしその不可能を無理矢理劇場でやってしまっているのが現代の現実である。オペラ崩壊も近いかもしれない。それゆえに、本来のやり方でしっかり分かって実力を身につけた者はオペラ指揮者として世に出れないのである。どうしたものか…。


最近ある友人と話して思ったことを書いた。思ったことと言うよりどうしようもない現実である。そして、オペラ指揮者&コレペティトアである自分はこれからどうすべきかを考える。変な時代になってしまったから…。