Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

世界におけるコレペティ事情

日本ではまだまだ正確に認知されていないコレペティだが、世界ではどうなのか。言うまでもなくヨーロッパ、特にドイツ語圏は伝統的スタイルが根付いている。ドイツ語圏以外のヨーロッパ諸国でも、いくらか地域ごとのキャラクターによる違いはあるが、大体似たようなスタイルで存在している。


ヨーロッパから少し外れてみる。ロシアやウクライナあたりに来るとすでに全然スタイルが変わっている。この辺では、日本と極似で、コペレティトア(劇場での歌手のコーチ)はピアニスト(ピアノ科出身者)の仕事となる。ロシアで歌っていた友人に聞いてみたところ、コレペティはピアニストだと言う。日本がロシアのこれを真似たのか影響受けたのかは知らないが、極めて似ている。コレペティトアの役割や求められる能力は指揮者そのもの、これは業務内容から考えても根本的に同じはずだが、果たしてそれがピアニストに務まるのか、実際行って見てみたいものである。とりあえず言えるのは、劇場が歴史的文化的に長らく存在しているロシアでのこの役職、日本よりはるかに機能していることは確かである。それが実際どういうものなのか気になる。


アメリカではどうか。劇場やオペラカンパニーにおいて基本的にこの役職は音楽スタッフ(Music staff)として存在するので、基本的にはヨーロッパのそれと同じであろう。しかし劇場の募集要項等を見ると、ヨーロッパに比べるとややピアニスト的に表現されているような気がする。多少キャラクターが違うのかもしれない。実際にそこへ行って見たわけではないが、ヨーロッパのがんぞコレペティに比べるといくらかアメリカ独自のキャラクターが存在しているように思う。ともあれ、ロシアや日本のように諸ピアニスト(ピアノ科出身者)というまでではないようである。


今日色々なタイプのコレペティトアが存在する。元祖コレペティ(=指揮者)、伴奏ピアンスト兼任のコレペティトア、指揮をしない専任コレペティトア、極めてピアにスティックなコレペティトアなど。もちろんその場と状況に応じて色々なタイプがいていいと思う。しかし大事なのは、その元祖コレペティがどういうものか、この伝統的スタイルこそがオペラを作り支えるということ。これだけは基礎として是非押さえられたい。