Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

ディクションの間違え

最近、チェコ語やドイツ語を筆頭にディクションをする機会がよくある。特にチェコ語は話者時代が少なく、音楽業界では本当に限られる。チェコオペラのディクションができる日本人は恐らく簡単に数えられるレベルであろう。ドイツ語は人数こそいないわけではないが、これまた誤解や間違えの多い言語でもある。このようにディクションについて語り出すと実はかなり奥が深いわけである。


そんな中で、最近あったある経験について一つ。プロジェクトによってどの程度の時間がディクションに取れるかによって変わって来るし、そもそもディクションに充分に時間を設定する団体や教育機関は残念ながら日本には皆無に等しいわけだが…、自分がディきしょんをやる時は基本楽譜なしで言葉だけでまずやる。発音を筆頭に、その言葉のアーティキュレーション、フレージング、そして可能な限りその言葉の感覚を伝えようとする。それらをやる為にはとりあえずは楽譜は邪魔である。楽譜、すなわち音符にどう言葉がはめられたかはその作曲での最終結論であり、なぜそこに至ったかが大事なわけで、それを探るにはまず最低限度そこ言葉がどういう性格かを知る必要がある。


オペラでは言葉は一番大事とまで言われる。もちろん言葉に音楽が付けられ結果的にはは音楽が一番大事にわるわけだが、その音楽は明らかに言葉から導きだれている。そういう意味で大事なのは、その言葉での感じ方、考え方、表現の仕方など、日本人が日本語でそれを行うのと同じように、それぞれの言葉でそれぞれの違った感覚が存在する。もちろん言葉は話せた方がいいが、単に話せることよりもこの感覚を知ることがさらに大事である。逆に言えば、言葉が話せればそれの早道ではあるが、しかし言葉が話せる=オペラができるというわけではない。話せてもその感覚がなかったら演奏上表現にもならなければ当然芸術にもならない。単に音に合わせて言葉をなぞっているだけの、いわばカラオケ状態である。実際、自分の知ってる範囲にも意外によくいるが、言葉がめちゃくちゃできる(話せる)のにオペラが全く振れない指揮者がいる。もちろん本人の興味などの問題もあるだろうが、しかし傍から見ると、そんなにこ言葉できれオペラやらないのはもったいないとさえ思われるぐらいである。話を戻して、それゆえに話せればオペラができるということにはならない。前記の意味が分からずしてオペラの演奏はない。かと言って、もちろんオペラをやるのに言葉が話せなくていいというわけでもまたない。話せるにこしたことはないのもまた確かである。


そんなこんなで、ディクションの際、まずはその言葉の感覚を掴むためにテキスト(リブレット)だけで取り組むことが望ましい。最初から音付きで音に言葉をはめることからやり始めると、特に日本人の場合やはり形から入ることになり、そういった言葉の感覚を永遠つかめないままになり、結果カラオケでしかなくなる。まずはその壁を超えないことには、本質的なオペラにはたどり着けない。とは言え、残念ながらこういったことがほとんど正確に認識されていない今日、やはりディクションに充分な時間が設定されることはなく、ディクションの時間というのは専ら音にどうはめるか程度にとどまってしまっている。その前に、まず教育の段階である程度やるべきことではあるのだが、日本のディクション教育は全然充実していない。辛うじてイタリア語が少しばかりあるぐらいで、ドイツ語は数が全然少ない、フランス語もそれに同じ、チェコ語とかになると前記の通りほぼいないわけである。


というわけで、現状からして、オペラに取り組む際地道にできる限り取り組むしかとりあえず方法はないようである。最初ディクションにある程度時間を使って音なしでやることは結構地道で面倒な作業に思われるかもしれないが、結果逆である。確かに最初は少々面倒に感じられやすいかもしれないが、そこ段階で言葉の発音とその感覚がそれなりに備わると、その後全てが全く変わって来る。結果できあがるオペラは内容的にもレベル的にも明らかに変わっているはずである。まだその経験をされた方がものすごく少ない。自分はそういったやり方で、できるだけ多くの声楽家の助けになれればと思う。