Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

室内楽のピアノ

先日室内楽の演奏会でピアノを弾いた。コレペティや伴奏が多い中、久しぶりにピアニスティックな本番だった。数人の器楽奏者(管弦)とのアンサンブルは楽しく、また指揮活動する中で自ら音を出し仲間と一緒にやることがかなり久しぶりだったので本当におもしろかった。


今回出演した個人的理由は主に2つある。まずは指揮者は自ら音を出せない為、たまには自ら音を出すことをしておきたかったから。結局この音を出す、ゆえに音楽をする、これが演奏家の基本である。ゆえに基礎として大事であり、自分としてはいつもではなくてもちょくちょくやておきたいことである。もう一つは、前者に通ずることではあるが、いつもは指揮者とプレイヤーという関係でやっている仲間と共に音を出してアンサンブルすることで、より距離を近くして結束を深めたかったということである。恐らくここまで降雨風に考える指揮者は少ないであろう。しかしこれはものすごく大事なことであり、世界中のほとんどの指揮者が目を向けなくとも自分は何より大事にしていることの一つである。


やってみて思ったこと。オペラ振りでコレペティトア&伴奏者の自分が弾くと、やはり伴伴奏的である。基本的に他の奏者に合わせてしまうところがあり、それゆえにアンサンブルとしてはとりあえずは問題が少なくうまく行く。これは自分の能力を生かすとしてはいいことではあるが、しかし室内楽奏者ともなるとそれらよりは明らかにピアニストとしての要素が強い。今回自分で感じたことは、アンサンブル的には良くても、室内楽で弾く場合はもう少しソリスティックにな要素を磨かねばと思った。そうすることでより仲間とのアンサンブルを自ら高いものに持って行けるし、逆に言えば前記のように自ら音を出しながらソリスティックな要素を学べるので、時分にとって貴重な機会になっていく。そういう意味でも、今後とも機会あれば是非室内楽は続けたいと思う。それが自分の普段の活動に生きることは言うまでもない。