Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

コレペティトアと声楽家

劇場で歌手陣を支えるコーチ、コレペティトアの役割を簡単に一言で言うとこんな感じになると思う。では、厳密には歌手とはどういう関係なのか。どこからどこまでをコレペティトアがやって、何が声楽家個人のやることなのか。この辺、実はおもしろくも大切である。


残念ながら、声楽家は楽譜、譜読み、ソルフェージュ、ゆえに練習に弱いとされている。確かに傾向としてはそうだが、しかしなぜそうなのかは、実は自分にはいまいち分からない。というのも、自分は元々日本の音大で声楽科に在籍していて、それで指揮者&コレペティトアになったという極めて稀なタイプ。合唱指揮者なら普通かもしれないが、オペラやシンフォニーの指揮者ではほぼいない。それゆえに、なぜ声楽家がそれらに弱いのが分からない。練習したら済む話だろ、としか思えないからである。確かにそういった訓練をしてないか少ないから弱いと言えるかもしれない。一つ思いあたるのは、声楽家は順序的にまず発声から練習し始める。これは例えるなら楽器製作である。楽器の場合は職人がやるが、声楽の場合体と声が楽器になる為自分でせねばならず、まずはこの発声の訓練にものすごく時間がかかる。それゆえに、器楽奏者らが読譜やソルフェージュ的訓練を行う時間に対して声楽家のそれがものすごく短くなっている傾向は確かにある。後、声楽家は声を使うため練習時間が器楽奏者ほど持たない。ゆえにある程度の段階になった時、楽譜に向かっている時間、譜読みした数(経験)が声楽家の方が明らかに少なくなるというのもある。また日本の場合、オペラ歌手はオペラを芝居と思い込んでしまってるケースが極めて多いので、音楽的訓練を明らかに後回しにして演技の練習ばかりに時間も動力も費やしていることが多い。当然音楽的能力は上がらない。これは日本独特でヨーロッパでは音楽重視なのだが、ヨーロッパの歌手はまた別の問題があるのであろう。こうしてあげるといくつかは出て来る。しかしながら、声楽家にも数は少なくとも、そういった能力がよく備わっているものもいるにはいる。要するに、ちゃんと訓練さえすればできるのである。ゆえに、これらは仮に理由としたところで、所詮言い訳になってしまう。


コレペティトアは指揮者の音楽(解釈からテンポまで)を歌手に伝えつつ練習しながら、こういった読譜的なことまで歌手にサポートする。しかし冷静に考えると、指揮者との練習に入るまでの段階は本来演奏家の準備であり、個人責任である。しかし劇場歌手の場合、コレペティトアが存在する。確かに、指揮者の要求を踏まえて稽古をつけるという作業は効果的で限られた時間に効率よく練習ができる。劇場のような組織においては必要不可欠であろう。が、歌手の読譜的なことやソルフェージュ的なことも結局ある程度やらざるを得ないのもあた現実。ここまで来ると、客観的に見ると、対応できていない歌手が駄目に思われるであろう。確かにその辺は本来歌手(演奏家)個人責任である。コレペティトアは能力的にはその辺も対応できねばならないが、冷静に考えればコレペティトアがその辺まで手伝っている時点で歌手の能力的問題となっているのである。


よく声楽家は、それらゆえに、コレペティトアは歌手の練習をしてくれる人と思い込み、人任せになっている場合が非常に多い。しかしこれはとんでもない間違えである。自分である程度やった上でコレペティトアのところへ行くからいいのである。また公演がなくともオペラのレパートリー拡大や勉強の為にコレペティトアのところへ個人的に行く場合もあるが、これはオペラやその役についてを学びに行くわけで、あくまで譜読みのアドヴァイスである。楽譜を読みものにするのは最後は自分自身である。その辺をしっかり認識した上でコレペティトアのところへ行かないと、いつまでも人任せで一人の演奏家として成長できない。コレペティトア目線では、そういうドツボに陥った歌手を見るとかなり痛いわけである。仕事と割り切って対応してもらえる場合もあるかもしれないが、ある一線を越えてしまっては全く歌手の為にならない。前述の通り、自分は声楽を専門教育機関で専門的に勉強してきたコレペティトアであるため、こういった声楽家の甘い部分、間違っている部分は特に気になってしまう。声楽家の方もコレペティトアの方もその辺を分かった上で取り組んでいくと、少なからず上達やレベルアップにつながるであろう。