Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

ルサルカ登場人物~森番&料理人の少年

ルサルカに出て来る森番と料理人の少年、チェコ語では森番がHajnýで料理人の少年がKuchtíkです。森番はバリトン(一応設定はテノールだがバリトンの方が色が出やすくバリトンのことが多い)、料理人の少年がソプラノです。このオペラの中で唯一コミカルなキャラクターで、この二人は常にコンビで動きます。

森番はじいちゃんかおっちゃんでそれなりに年配だがおどけた間抜けなキャラクターで少々足りなさそうな感じ。料理人の少年はある意味利口そうで森番よりかは頭が切れるような設定ではあるが、結局のところ仕事さぼって?森番と一緒にボケてるところがあるので、まあレベル的にもいいコンビと言えるでしょう。Ⅱ幕とⅢ幕に出て来て、Ⅱ幕ではルサルカに関する噂話、Ⅲ幕は森に繰り出して魔女と水の精と遭遇して逃げて終わると言う何とも言えない存在。物語の説明的役割はあるものの、二人の存在自体は基本的に話の筋には直接関係ない。しかしこのキャラクターがこれらのタイミングで登場することによって、オペラ全体に対してスパイスを効かせるような役割を果たしている。これらの役をやる歌手としてはキャラクター的に特徴があるので非常にやりがいのある面白い役とも言える。基本綺麗で美しい音楽が続き最後に悲劇的になるこのオペラで、唯一全く違うキャラクターで楽しめる(遊べる)要素を持っている為、作って行くのが面白い部分であるw

写真は、リアル森番&リアル料理人の少年wいずれもネット上から見つけました。