Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

ソリストと合唱

日本の声楽家の間でこの2つには差別的なぐらいの違いがあることが多い。ソリストが偉くて合唱は偉くない=その他大勢、ようするにソリストになれるレベルがないとか、ソリストになれなかった人がやるとか、とにかくマイナスイメージしかないことが多い。人によっては、ソリストが参加費やチケットノルマを持っているプロジェクトにもかかわらず、合唱だったギャラ出せと言う。これはさすがにとんでもないレベルの話だが、これに象徴されるようにとにかく酷いことが多い。


自分もかつて声楽家だったが、しかし当時からこのことを実に不愉快に思っていた。自分はオペラの合唱等を当時は積極的にやっていた。特に学生時代は参加費やギャラとは関係なく。しかし学生の時から、ソリストは勉強になるが合唱はならない=くだらない、という者が非常に多かった。さらに言うと、ソロで歌うのではなく、皆で歌うこと、アンサンブル、こういったものに興味がない人が言いすぎると思う。特に日本で声楽科にはアンサンブルに興味ない者が多いと思う。


確かにソリストはソリスト、合唱歌手は合唱歌手というところあはる。しかしこれは決してマイナスな意味ではない。もちろん好みや適性はあるにせよ、ソリスト>合唱、というのは根本的に音楽家としてなってないのではと思う。日本の、特にオペラ関係に携わっていると、昔も今もこんことを痛烈に感じる。合唱以前に、アンサンブルをもっと大切にすべきと思うし、そこにこそ音楽の醍醐味がある。まあ日本のオペラ界はオペラは音楽ではなく芝居という設定なので、まず音楽に興味がないゆえにの話かもしれないが。オペラ指揮者としては非常に残念に思う。