Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

一流コレペティトア

最近某世界的有名劇場で長年活躍し現在某名門校で教鞭を取る一流コレペティトアの方と出会った!そしてありがたいことに学生へのコレペティを見学させて頂けた。久しぶりにものすごくおもしろい機会だった♪


さすがにこのレベルになると、色々納得させられ、色々勉強になり、やっぱそうだようなあとなる。しかし、自分がここ最近日本でオペラをやる時間が少し続いたせいもあり、改めてヨーロッパと日本の違いを感じたことがただある。そもそも日本ではコレペティは全く確立されていないジャンルだが、一応はピアニストと考えられているため、やはりピアノを弾くことがメインであろう。しかしヨーロッパはむしろ真逆で、ピアノを弾くことはメインではなくそれ以外が重要である。そしておのずとそれに必要なピアノでの対応、すなわちコレペティの弾き方があるわけである。まずその一流の方のコレペティを聴いた瞬間それがものすごくよく分かる。


簡単に説明しやすいことを少し紹介する。まず彼のピアノ、音量がものすごく小さく、そして省いている音が結構多い。前者だが、コレペティトアは歌手に稽古をつけるためでありピアノを演奏する=ピアノで伴奏するわけではない。ゆえに、必要なテンポ、リズム、音程(旋律)を伝えつつ、後は歌手が自分の声や音程を確認できるようでなかればいけないわけで、そうなるとガンガン大音量で弾いては論外というわけである。昔教育実習に行った時に担当して下さったその学校の音楽の先生に「もっと大きく弾きなさい。音や声に自信のない学生はそうすることで安心感を得て歌いやすくなる」と言われたことがある。ごもっともだが、しかしコレペティとなると当然そういう素人レベルの話ではない。プロもしくはプロを目指す学生レベルなら言う前でもない。これを頭に置いた上で後者だが、音を省く、まず正確に必要な音を確認する、テンポやリズムを正確に歌う、この作業を特に個人レベル(アリアはもちろんアンサンブルの場合でも一人だけで練習する場合等)で行う場合は、楽譜通りに全部しっかり弾くとかえって無駄になることが多い。例えば、まず音取り段階では伴奏全部弾くより最初は旋律を一緒にひいてくれる方がいいわけで、ある程度音が入って来たなら今度は必要な和音をシンプルに与えてやることで感覚はさらに明確につかみやすく、何より歌いやすい。コレペティ、すなわち練習の段階では歌手はこういった弾き方を何より必要とするわけである。


前記の教育実習もそうだが、言い方悪いがレベルの低い歌手らになればなるほど、ピアノをしっかりと全部の音をそこそこの音量で弾くことを要求してくる。日本では実はそれが多い。一つはコレペティトア=ピアニストという発想から来るのも大きいだろうが、もう一つは声出すことがメインになっている歌手が多いということである。コレペティというのはち密であり奥深い音楽作りの手助けである。日本では残念ながらそこまで求めている歌手が非常に少ない。音量と音の数でもってのピアニスト的コレペティトア、ヨーロッパのそれと比べると明らかにレベルの違いを物語っていると言える。極端にいうならば、音量があって、音がしっかり全部あって、ピアニスト的、早い話がカラオケである。


ここに書いたことは一部に過ぎないが、一流のコレペティトアと接すると本当に色々な発見があり、色々と気づかされる。彼とは長い目では同業者としての付き合いではあるが、厳密には彼の方が自分よりもはるかに経験もキャリアもあるわけなので、付き合いは同等でもやはり自分の方が彼から教わることが多いわけである。このような出会いは本当に貴重でありがたい、大切にしたいと思う!


自称コレペティトア

決して差別するわけでも人を見下げるわけでもないということをあえて前置きしておくが…。


日本には自称コレペティトアが意外とそれなりに存在しているようです。もちろん、コレペティトアも指揮者も、基本的には自称な職種である。例えば〇〇劇場コレペティトア、〇〇管弦楽団指揮者、などのポストがあれば尚いいが、これはあくまでどこかしらの団体と契約した所属アーティストであり、それがあってもなくてもコレペティトアとして、指揮者として仕事をしていれば明らかにそうである。


しかし、あえて自称と書くのは、実際には違うことをやっているのに名乗ってしまっている人が結構多いからである。要するに、コレペティトアではないのにコレペティトアと名乗っている人ということである。そもそも正しい情報もなく、というより間違った情報が出回っている日本ではそれも無理ないのかもしれないが。それに、ヨーロッパで言うコレペティトアはやはりオペラ劇場あっての役職であり存在なわけで、それがない日本では確かに需要も供給もなく、いわゆる正しい存在としてのコレペティトアは必要ないと言ってしまえばそれまでとも言える。根本的にオペラそのものがヨーロッパのそれとは全然違うもの=日本化しているわけで、それに比例してコレペティトアも日本化したと考えれば確かにそうである。


それはそれで現在の日本のやり方なのである意味仕方のないことである。日本の中でコレペティトアとしてやって行きたいと言うのであれば、その中に対応する方がいいであろう。ただ忘れてはならないのは、今日の日本におけるコレペティトアとは、あくまで名前は知られて来ただけで明らかに未確立分野ということである。それゆえに、確かに日本化したコレペティトアが確立されえいればそれまでかもしれないが、そうではない。ヨーロッパで学び劇場かそれに準ずる経験を指定限度した上で帰国した人はごくわずかだが存在し、彼らは間違えなくコレペティトアである。しかしそのレベルに到達していない者、それこそがプロとして確立されていない自称コレペティトア、すなわち違うことをやってる名前だけのコレペティトアというわけである。残念ながらこのケースは非常に多い。悲しいことに、最低限度の経験(ヨーロッパ留学や劇場等)なしに過剰に名乗っている者は明らかにそうである。とは言え、ある意味そういった人たちが日本化コレペティトアを確立しつつあるレベルにある今日この頃かもしれない。これ以降のことは、というよりこの方向の全ては、自分たちにとっては全く別ジャンルなのでよく分からないが。


一つ言えることは、確かに前記の通り日本化コレペティトアを目指したい方はそれはそれでいいのかもしれないが、確立されていないジャンルということも踏まえて、まずは謙虚に本物を学んでみるのはどうか?と思う。やはり基本は大切である。結局のところコレペティトアは自称かもしれないが、悪い意味の自称ではなく、確かなプロとしての自称になりたいのであれば、少なくともまずは謙虚に本物を学ぶことが何より必要ということだけは確かである。


最近の指揮傾向

以前ここにも何度か書いたかもしれないが、特に今世紀に入ってからは指揮者は完全にコンクール社会になったと言っても過言ではない。中には地道に劇場で積み上げる者もいるが、その数はかなり減って来て光が当たらない=認められにくい存在になってしまっている。特に日本では、指揮者は何かしらコンクール上位入賞がないと不可能である。元々劇場がなく指揮者=シンフォニーオケな国なので仕方ないのかもしれないが、しかしこれだけ情報化社会においてそろそろコンクール指揮者の浅はかさに気づく人が出てきてもいいのではと思う。


コンクール指揮者=シンフォニー指揮者とあえて書くなら、その傾向はエンターテイメント志向が強いと言える。技術的に言うならば、まずは比較的短時間にコンパクトな仕事ができるという能力が求められ、ビジネス的にうならばコンクール主催者を筆頭としたマネジメント側にとって特になる存在(タイミング、人種、コネ等)、これがコンクールで勝てる最大の要因であろう。後者は時の運等の問題もあるかもしえないが、前者は極めて浅はかになりやすい。一見小ぎれいに振っていて格好いいかもしれないが、劇場叩き上げ指揮者のように長年の経験によって培われて来た深いものとは程遠いわけである。またさらに、そういう傾向が強くなった結果、オペラ指揮そのものにたいする評価も昔と変わって来ている。やはり表面的になってしまってきている為、オペラ指揮を地味とか単調に考える傾向が近年強い。確かにただでさえ下に潜っていてオケと歌手を合わせるという作業をしているわけなのである意味地味なのかもしれないが、しかしその作業内容、そしてその奥深さ、単にオケだけを小ぎれいに振るコンクール指揮者とはまるでレベルの違う話である。もちろん、単に合わせておしまいという浅はかなオペラ指揮者もいないわけではないのでそれは当然話は別だが。


何となく最近思うことだが、ここ10年ぐらいで世界中で指揮のコンクールやマスタークラスが多発して来た。ところが、マスタークラスこそ常にそれなりの数あるが、コンクールは今現在、一時に比べるとラッシュがちょっと収まったような気もしなくもない。今後新たなビジネスチャンスが出て来るのかもしれないが、しかし近年中止や延期が相次いだり、また今現在公募がかかっているものが一時的かもしれないがかなり少なくなっている瞬間でもある。単なる谷間かもしれないので、それなら近々戻ってくるかさらにエスカレートするかもしれない。しかしもし一旦終焉ならば、世界の指揮傾向は今後どうなって行くのか。傾向や流れからして昔のような叩き上げの時代に戻るとも思えないが、せめてコンクールの時代という勢いが衰退してくれればと密かに願う。