Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

不思議な一言

日本の音大時代の話である。当時声楽科の学生だったのだが、声楽科の友達の伴奏をよく引き受けてやっていた。最初にやり始めたきっかけは、伴奏者の見つからない友達に相談されて、それなら自分が弾こうか?というのが始まり。門下発表会の伴奏だった。実は小学校の頃から合唱コンクールや卒業式等の伴奏は何度もやったことがあり、伴奏することは好きだった。ゆえにそれなりにできる自信もあった。しかしこれがきっかけとなり、その後永遠続くとは当時は考えもせず…。


結局伴奏者としての活動は卒業するまで続いた。多い時は1つの演奏会で数人伴奏を掛け持つこともあった。そしてその流れで学外の演奏会でも弾くようになった。声楽家の学生でありながら、歌う回数よりも伴奏の回数の方がはるかに多かった。学生時代の演奏回数のほとんどが伴奏だったわけである。声楽科の学生は伴奏者探しに苦労することが多い。簡単に見つかる場合もあるが、見つからない人はなかなか見つけられなかったり、または相性が合わず伴奏者を変える場合もある。ピアノ科の学生も、積極的に伴奏をやる人から、伴奏が嫌い&興味ないなどで一切やらない人までさまざま。伴奏者との出会いも縁の話である。それゆえに、声楽科の学生でも自分のように伴奏ができる&やっていると知られると引っ張りだこになってしまうこともあるわけである。多くの声楽科の仲間に言われたのが、声楽家の方が歌のことをよく分かっているから歌いやすいと。それが理由で結構使ってもらえた。日本の音大在学中、声楽に始まり、気が付いたら金管楽器の伴奏まで何人かやっていた。最終的に卒業試験でも何人も伴奏していた。


大学に入る直前から声楽に並行して指揮の勉強も始めていたのだが、今思えばこの伴奏者としての活動が自分の基礎になった。声楽科の学生だったということもあり、先輩から学生オペラの副指揮などの機会を何度か頂いたが、当初は全然歌に合わせて振れず色々大変だった。が、伴奏を永遠やっていたお陰で、徐々に合わせると言うアンサンブル感覚が培われた。伴奏こそが自分の原点である。しかしながら、当時は自分が将来コレペティトアになるなんて考えもしなかった。というのも、伴奏はそれなりの数やってはいたが、ピアノ科じゃなかった自分はピアノの技術には大して自身を持っていなかった。後に留学して指揮科&コレペティ科に入ってピアノの技術がコレペティには大事ではないと知るわけだが、当時はそんな知識はなかったし、それより何よりある程度以上の難易度の曲を弾く、すなわち難しいヴォーカルスコアを弾くということが自分自身にイメージできなかった。と、そんなある日不思議なことが起こった。


当時専属で伴奏していた同期の声楽科の友達(ソプラノ)がいた。彼女の伴奏は門下発表会、学外の各種演奏会、個人レッスン、オーディションなど多岐にわたっていた。ある日彼女の個人レッスンの伴奏に行った時である。その先生はベテランで、確かすでに退官されて名誉教授になられていたような頃だったと思う。その先生のレッスンは何度か行き、自分の伴奏を気に入って下さってとても大事にして下さっていた。で、ある時先生は自分にこうおっしゃった。「君は歌のことを分かって弾いてるから、コレペティトアになったらいいんじゃないか?」と。前述の通り、当時の自分は指揮者は目指していたもののピアノにそこまで自信がなくコレペティトアに何てなれるわけがないと思っていた。ゆえに先生のその発言にはびっくりと言うか、むしろ言葉は悪いが真に受けなかった&相手にしなかったような感じだったことをよく覚えている。もちろんベテランの先生のお言葉はありがたいのだが、しかし当時はさすがに受け入れきれないものだったわけである。何より意外過ぎて不思議だった。


それから数年後、留学して指揮科へ入学。その1年後、再度入試を受けコレペティ科にも在籍した。そして今、オペラ指揮者&コレペティトアとして活動している。どういうわけか、その先生が言われた通り、望まれた通りになったわけである。コレペティトアを本格的に志した理由は色々あったが、しかし最初は全く考えもできなかったその道になぜか行ってしまった。さらに言うならば、その先生は本当に自分をよく見て下さっていた、いや、何かが見えていたのか感じられていたのかもしれない。


その友達の伴奏はその後しばらくして辞めたのだが、それ以来その先生にはお会いできていない。またお会いできることがあれば是非当時のことを聞いてみたい。そして何より、自分の今を報告したい。きっと心から喜んで下さるに違いない。うまく言えないが、その先生には今色々な意味で心から感謝している。


とある会話

何年も前の話である。ドイツ語圏の某劇場の採用試験を受けた時である。試験が終わり、受験したコレペティトア3名(自分含む)で夕飯へ行った。しかも皆アジア人。日本人の自分と、指揮&コレペティを学ぶ台湾人の若い女性、ピアニスト出身のコレペティトアの韓国人女性の3名だった。残念ながら3名ともこの試験に受からなかったのだが、共通の話題が多く話が弾んだ!


コレペティについて話した時、あるネタが面白かった。ピアノの楽譜によく出て来る左手のオクターブ進行である。コレペティの場合こういうのは基本的に単音にしてしまうことが多い。その方がコレペティにとってより効果的だからである。そこで無理してオクターブ弾き続けるよりも余裕あった方が他の対応ができるからである。これはごくごく普通のこと。そこで面白かったのが、ピアニスト出身の韓国人コレペティトアが言ったことである。彼女が言うに、確かにオクターブを単音にするのは効果的でコレペティには必要だが、しかし基本的にピアニスト(ピアノ科学生含む)にとってはオクターブで弾き続けることは全く苦ではないとのこと。確かにそうである!ピアノの専門家にとってはそれは初歩的技術であり、確かに自分も含めて全てのピアノ学習者はピアノの初歩的課題でやってきていることである。しかし、ピアノが専門ではないコレペティトア=指揮者と、ピアノが専門のピアニスト、確かにこの技術的差はうなずける。そこで大事なのは、彼女はいずれも対応できるということである。もし彼女がオクターブを単音にできない、すなわちピアニスト特有の書いてある通りに弾かないと気が済まないというのでやり続けていたとしたら、確実にコレペティトアになれていない。とは言え、時にはオクターブを単音にせずあえてそのまま弾くことも大切なこともある。例えば、何かしらの理由でテンポやリズム、さらにはバスラインを強調したい時、左手をしっかり弾く=オクターブで弾くということである。あるいは元々オクターブで書いてなくてもそれらゆえにわざとそう弾くこともある。そんなオクターブの弾き方で長々と討論して盛り上がった3名であった!


これはごく一例に過ぎないが、このように弾き方の一部分で色々話合えたのは楽しかった。この日はこの他にも色々話したが、何を話したのかはこれ以外はあまり覚えていない。このオクターブネタだけが妙に印象的だった。コレペティトア同士、指揮者同士、時にはこういう一コマもおもしろいものである。



コレペティトアの減少

日本ではかなり前からそうだが、いや、むしろ今が改めて全盛期かもしれないが…。日本の演奏家はとにかくコンクール、これがなければメディアが動かない=一般のファンが信じない。当然指揮者も同じである。楽器や声楽の場合はソリスト以外にもオーケストラや合唱などまだ選択肢はなくはないが、指揮者は指揮者としてやっていけるかいけないかしかない。現状、国内では残念ながらコンクールのみがその道となってしまっている。


しかし元々指揮者とは、オペラ劇場でコレペティトアとしての長い下積みを経て正指揮者になり、後にシンフォニーオーケストラも、というのがヨーロッパの伝統である。コンクール指揮者とは主にシンフォニー指揮者であるが、近頃はヨーロッパでもある意味流行って来ている。世界的傾向として、まずオーケストラ(シンフォニックなレパートリー)を小奇麗に振れれば全てが早道と考えられてしまっている。たしかに、劇場下積みのように長い年月かけるより一攫千金の道があるのならばそれを目指したくなるのは人間のごく自然な心理かもしれない。そして最近はコンクール指揮者(コレペティトアとしても指揮者としてもオペラ経験のない者)がいきなり劇場専属指揮者や音楽総監督に就任ということが増えて来た。


このような指揮者事情から、地道な下積みの叩き上げ指揮者がどんどん減少している。言いかえれば、コレペティ経験のない指揮者、酷い場合はピアノが弾けない指揮者が劇場のトップに君臨するわけである。それはさておき、比例してコレペティトアを志す者は当然減少傾向にあり、いいコレペティトアはさらに少なくなるというわけである。ドイツでお世話になったあるベテランソプラノ歌手とこのような話をしたことがあるが、彼女は切に嘆いていた。「経験のない者にオペラが振れるわけがない。そういう指揮者が歌手を壊すんだ!」と。確かにその通りである。歌手の声とは繊細なものである。精神状態やコンディションなどがそのまま声に出てしまうわけで、経験のない分かっていない指揮者がむちゃをさせると単純に声がやられてしまう。一時的ならともかく、酷い場合はそれにより歌手生命が危うくなることもよくある。


コレペティトアからの叩き上げ指揮者、歴史に名を残した名指揮者は皆これである。しかし、今日この伝統は修行を面倒臭がった結果廃れて来てしまっている。本来はコレペティトアになるということは全ての始まりであり、いい指揮者になる為の必要不可欠な経験である。もちろん、この世にオペラ劇場が存在している限りなくなりはしない役職であり、声楽家という人種がいる限り需要も供給もなくなりはしない。しかし志すもの、優秀な者、どんどん減少している。オペラに携わる者はこの現実を冷静に受け止めるべきだと思う。