Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

コンクールについて

近頃の傾向を見ると、全体的にそうではあるが、日本でそれなりにやっていける指揮者の条件は、はっきり言ってコンクールのみということである。これには色々と謎が多い。まずは日本はコンクールが大好きで異常に崇拝していると言うのはあるが、そもそもしの理由が謎である。


指揮者コンクールとは、ある種品評会みたいなものである。しかし完全に芸術ではなくビジネスである。我々芸術家や演奏家が思い描くものとは現実は程遠い。なぜなら、まずこれは実力者を探しているわけではないということ。コンクールで上位入賞したならば、そのオプションでとりあえずはいくつかのオケを振れるわけであるし、それに連なるチャンスを来ることがある。要するに、主催者は入賞者を商品としてビジネスを展開するわけである。ゆえに、実力者よりも自分たちが扱いやすい者を通すわけである。ビジネス的に扱いやすい者とは、残念ながら芸術的に優れたものではなく、極めて形式的で表面的な傾向になってしまう。ゆえに受験者(指揮者)からすると信じがたい結果になることがほとんどである。それでも人生一攫千金を狙い受け続ける者は多いが、完全に数打てば当たるの世界である。なぜそれを狙い続けるかと言うと、ビジネス的で芸術的な者とは程遠いとはいえ、デビューするには手っ取り早いからである。今の時代はヨーロッパでも不況なため、短期決戦、大量生産のごとく、コンクールビジネスで持ってデビューして展開するパターンが増えて来た。逆に言えば、劇場叩き上げのような本来の指揮者を目指す者が、それを面倒くさがり手っ取り早いコンクールを目指しているからである。ゆえに今世界中の指揮科ではシンフォニー指揮の教育に徹底してきていて、棒有名指揮科を出てもオペラのレチタの振り方すら知らないのが普通である。当然、コンクールでオペラ課題の審査があっても、その審査は奇妙極まりない。歌手に対して極めて器楽的にはめ込んだ指揮をした者が高得点を取り、歌手とうまく共同作業をしていい演奏を作ってもほとんどの審査員は興味すら持たないどころか否定することがほとんどである。こういった経験は、ある程度分かっている人や勘のいい人であれば、2~3回国際指揮者コンクールを受ければ充分に分かってしまう。それでも大穴を当てようと挑戦を続けるか、馬鹿らしくなってやめるかは、その人次第である。


このような現実は演奏家の間では近頃そこそこ有名な話である。しかし日本にはまだまだ伝わって来てないようである。それどころか、コンクールの通ってないと全く相手にしないのが現実である。実際のところ、コンクールはそういう状況であり、それゆえにコンクール指揮者=上位入賞者の平均レベルは残念ながら低いわけである。もちろん中には悪くない者もいなくはないが、その率は時代と共に極端に落ちてきている。全盛期のコンクール入賞者は最近よりも平均レベルは高かった。自分もそういう指揮者を何人も知っている。しかし今は…。本当のいい指揮者とはコンクールと無縁のことが多い。とすると、日本はいい指揮者を求めてないと言うことになる。ビジネス色が強いのかもしれないが、とにかく名のある者にしか目を向けていないのは事実であるし、日本人指揮者にせよ外人指揮者にせよ、コンクール指揮者よりはるかにレベルの高いいい指揮者は実はいっぱいいる。メディアやマネジメントはそこに目を向けずコンクール入賞者に固執する。それは売りやすいからであることは分かり切っているが、それより何より本当にいい指揮者をdした場合、結果がさらに良くなる可能性も大いにあると思う。思うに、一般の聴衆は、確かにコンクール好きは多いかもしれないが、純粋にいい演奏を求める方々も実は結構いるし、メディアやマネジメントはその辺もう少し楽に考えてもいいのではと思う。そうすることにより、音楽界がより活性化するのではという気がしないでもない。例えば、コンクール等の実績はないが、実は実力者、苦労人、などで、陣の実力を発掘すべく応援します、とういったサクセスストーリー的なものを好むファンもまた日本に多いと思う。そうやって、本来出るべき実力者=真の芸術家を発掘することこそが、本当は一番大事では仲と思う。


このままの傾向だと、世界の指揮者のレベルは引き続きどんどん落ち続けるであろう。これから何がどうなり、どういう傾向になって行くかはよく分からない。予想できる部分とそうでない部分がある。大事なことは、基礎となる部分を忘れてはならないと言うことである。何が大事か、人は何を求め、何に感動するのか。ヨーロッパでも、基本コンクールはそこまで信用されてはいないが、時代の流れや社会の状況により、ビジネスとしてコンクールが発展せざるを得ない流れになって来てしまった。日本はどうなって行くのか、どうすることができるのか、ふと考えてしまう。


指揮者の現実

自分の経験と最近友人に聞いた話から分かる、現在の世界の指揮者事情、現実である。これは大いにオペラの現場やそのレベルに関係あるのであえて書く。


まず結論から言うと、今世界の指揮教育は完全にシンフォニーに傾倒している。要するにコンクール指揮者養成というわけである。仮にコンクールを目指さないにしても、法区政はいずれにせよそれである。言いかえるならば、ヨーロッパ本来の伝統であった劇場叩き上げ指揮者がいなかうなったというわけである。それを知っている指揮者やコレペティトアは皆無ではないが、限りなくそれに近い。劇場ですら、オペラ下済み経験のない=オペラを知らないコンクール指揮者が専属指揮者になり、そういった者が後に来る者を採用するので、完全に劇場のレベルが下がると言うわけである。ゆえに、世界の指揮者のレベルはどんどん落ちて行っている。また指揮者らは逆にレベルが上がていると思っているような雰囲気もあるが、要するにレベルが落ちてる、あるいは違うことをしているということに気づけないわけだから、それはレベルが上がったと思うしかないと言う者である。さらに、歌手らも周りの指揮者らが皆そうなってくると、そういうものと思い込んでしまい、最初は怪しんでも後に普通になってしまう。そして結果歌手のレベルも落ちる。現に、近頃いわゆる大歌手というのが出なくなってきている。大指揮者が出なくなれば、後に歌手にも影響するのである。


ある友人曰く、ヨーロッパの某有名音大指揮科では、近頃オペラを指導しておらず、シンフォニーしかやらない。有名な指揮科の学生にも関わらず、レチタの振り方うら知らないと言うのが現実。日本では昔からそうかもしれないが、自分が知るある若い指揮者志望の者も、あからさまにオペラはやりたくない、おもしろくない、と毛嫌いする。この時点で、教育にもかなり問題があるというのは確かである。それはオペラを教えなくなったのか、教えられる人がいないのか。日本は明らかに後者である。しかしヨーロッパはどうか。最近の劇場指揮者を見ていると後者にかなりなって来たのかもしれないが、転機というか分岐点というか、何かしら理由があるのではと思う。まずはコンクールの時代になって来たというのもあるであろう。それと、今の時代人数が多すぎるというのもあるかもしれない。ゆえに低コスト大量生産型のごとく、手っ取り早くコンクールでシンフォニー振って、そうすればいずれオペラも…という安直な考えになってしまうのであろう。しかしオペラはシンフォニーがちょっとばかし振れたぐらいでは全く不可能である。長い時間をかけて下積みしないと不可能である。しかしその不可能を無理矢理劇場でやってしまっているのが現代の現実である。オペラ崩壊も近いかもしれない。それゆえに、本来のやり方でしっかり分かって実力を身につけた者はオペラ指揮者として世に出れないのである。どうしたものか…。


最近ある友人と話して思ったことを書いた。思ったことと言うよりどうしようもない現実である。そして、オペラ指揮者&コレペティトアである自分はこれからどうすべきかを考える。変な時代になってしまったから…。


理解不能な傾向

とある有名指揮者のマスタークラスの書類&ビデオ選考に応募しあ事がある。設定上ハイレベルなため受けるのにはオーディションが必要とされた。こういったオーディションから採用試験に至るまで、実力の基準として指揮科卒業と書かれることがある。しかし実際は絶対条件ではなく、単なる基準に過ぎない。しかしこのマスタークラスのオーディションは違った。必要書類を提出したら返信が来て、卒業証明を出せと。世の中には学歴にうるさい人は確かにいるが、このような公の場で、しかもはハイレベルな設定、さすがにびっくりした!正直、ハイレベルとはその有名指揮者の名前そのものだけで、主催者は低レベルに思えたからだ。


世の中どんなジャンルでもそうだが、学歴=実力では決してない。ましてや音楽なんて形のないものは尚更そういった形では判断できない。特に指揮者は全演奏家の中で特に経験が必要とされるわけで、学歴、すなわち指揮科を出てるかで実力が決まるわけがない。むしろ歴代指揮科を出てない指揮者の方がいい指揮者ははるかに多いし、近頃は指揮科卒の方が問題が多い。


話をそのマスタークラスに戻して、結論から言うと、自分はグラーツ指揮科に留学していたが卒業はしてない。ゆえに卒業証明として出せるのは日本の音大の声楽科ということになる。このマスタークラスではそれでも申し込みは受理はされた。しかしひょっとしたら指揮科ではなく声楽科というのがマイナスになっているかもしれない。


というのも、今まで声楽科出身というのは指揮者としてプラスになったことがない。それどころかほぼ確実にマイナスになる。この経験を喜んでくれるのは歌手だけである。特に指揮者はこの”声楽”を嫌がる。主な理由は、まずほとんどの指揮者は声楽についてほとんど知らないし興味がない。それから、ほとんどの指揮者は何かしら声楽家を下に見ている。それゆえに、例えば自分のような指揮者が声楽をよく理解してたり、声楽家にウケる何かを見せた時、ほとんどの指揮者は何やってるか分からず何それ?となるかあからさまに嫌がる=見下げるのいずれかである。


オペラ指揮者となれば声楽を扱う部分が非常に多い。それなのにこの現実。恐らくかつての巨匠にはもっと変わってらっしゃった方々がいたのであろう。しかし今の時代、少なくとも自分はそういう指揮者に出会ったことがない。というより、その部分に関して批判されなかったことはない。しかしはっきり思うのが、自分のような声楽をもっと理解した指揮者こそオペラ界に必要で、そういう者が確実に一番いいオペラ指揮ができるはずである。残念ながら今はそういった者はほとんどやらせてはもらえない。なえなら、それは多くの場合間違え、レベルが低い、などとされているからである。


声楽を専門的に知った者&ちゃんと指揮を勉強した者、この両要素が合わせった指揮者こそ真のオペラ指揮者であろう。自分それを目指してやってきたし、これからも。もし自分の人生に一つだけ使命があるとしたら、これである!