Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

コレペティトアとは

最近日本でも”コレペティトア”という言葉がよく知られて来て、実際に勉強&実践する方々が増えて来ております。が、未だに正確にどういうジャンルなのか、どういうものなのか、などが認知されていないというのが現実です。


コレペティトア、これは元々ヨーロッパのオペラ劇場で指揮者がピアノを弾きながら歌手に稽古をつける、いわばコーチやトレーナー的立場の者を指します。コレペティトアという言葉は、ドイツ語のKorrepetitorから来ています。ドイツ語圏の劇場ではこの他にRepetitor、Solorepetitorなどの言い方もあり、フランス語ではRépétiteurと言われます。日本語ではコレペティトール、コレペティトゥアなどの言い方がされることが多いようですが、これらは日本語読みやフランス語読みがごっちゃになっており、ドイツ語のKorrepetitorの発音は無理やりカタカナで書くと”コッレペティートア”みたいになります。


さて、これはどんな人種なのか?前述の続きになりますが、基本的には指揮者が担当します。主に若手、駆け出し、修行中の指揮者が指揮者になるための修行の中でこの役職に就くことが普通です。元祖コレペティはこうです。あくまで舞台裏のコーチ&トレーナーであり、ピアニスト=演奏家ではありません。近頃は伴奏ピアニスト的なコレペティトアも沢山いますし、実際に劇場コレペティトアがリートの演奏会の伴奏を担当することも多いですが、元々の意味としてはピアニストではありません。というのも、やることが全く指揮者そのもので、ピアニストのジャンル(演奏としてのピアノ)ではありません。早い話が、指揮者が棒振りながらやるか、鍵盤弾きながらやるか、といった感じです。要はオーケストラの代わりとしてピアノを使いながら歌手に稽古をつけます。


というわけで、これからこのブログで自分のオペラ指揮者&コレペティトアとしての経験などを生かして、どういうものなのか、どうやって勉強&実践するのか、などを書き綴って行きたいと思います。