Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

指揮者の現実

自分の経験と最近友人に聞いた話から分かる、現在の世界の指揮者事情、現実である。これは大いにオペラの現場やそのレベルに関係あるのであえて書く。


まず結論から言うと、今世界の指揮教育は完全にシンフォニーに傾倒している。要するにコンクール指揮者養成というわけである。仮にコンクールを目指さないにしても、法区政はいずれにせよそれである。言いかえるならば、ヨーロッパ本来の伝統であった劇場叩き上げ指揮者がいなかうなったというわけである。それを知っている指揮者やコレペティトアは皆無ではないが、限りなくそれに近い。劇場ですら、オペラ下済み経験のない=オペラを知らないコンクール指揮者が専属指揮者になり、そういった者が後に来る者を採用するので、完全に劇場のレベルが下がると言うわけである。ゆえに、世界の指揮者のレベルはどんどん落ちて行っている。また指揮者らは逆にレベルが上がていると思っているような雰囲気もあるが、要するにレベルが落ちてる、あるいは違うことをしているということに気づけないわけだから、それはレベルが上がったと思うしかないと言う者である。さらに、歌手らも周りの指揮者らが皆そうなってくると、そういうものと思い込んでしまい、最初は怪しんでも後に普通になってしまう。そして結果歌手のレベルも落ちる。現に、近頃いわゆる大歌手というのが出なくなってきている。大指揮者が出なくなれば、後に歌手にも影響するのである。


ある友人曰く、ヨーロッパの某有名音大指揮科では、近頃オペラを指導しておらず、シンフォニーしかやらない。有名な指揮科の学生にも関わらず、レチタの振り方うら知らないと言うのが現実。日本では昔からそうかもしれないが、自分が知るある若い指揮者志望の者も、あからさまにオペラはやりたくない、おもしろくない、と毛嫌いする。この時点で、教育にもかなり問題があるというのは確かである。それはオペラを教えなくなったのか、教えられる人がいないのか。日本は明らかに後者である。しかしヨーロッパはどうか。最近の劇場指揮者を見ていると後者にかなりなって来たのかもしれないが、転機というか分岐点というか、何かしら理由があるのではと思う。まずはコンクールの時代になって来たというのもあるであろう。それと、今の時代人数が多すぎるというのもあるかもしれない。ゆえに低コスト大量生産型のごとく、手っ取り早くコンクールでシンフォニー振って、そうすればいずれオペラも…という安直な考えになってしまうのであろう。しかしオペラはシンフォニーがちょっとばかし振れたぐらいでは全く不可能である。長い時間をかけて下積みしないと不可能である。しかしその不可能を無理矢理劇場でやってしまっているのが現代の現実である。オペラ崩壊も近いかもしれない。それゆえに、本来のやり方でしっかり分かって実力を身につけた者はオペラ指揮者として世に出れないのである。どうしたものか…。


最近ある友人と話して思ったことを書いた。思ったことと言うよりどうしようもない現実である。そして、オペラ指揮者&コレペティトアである自分はこれからどうすべきかを考える。変な時代になってしまったから…。


理解不能な傾向

とある有名指揮者のマスタークラスの書類&ビデオ選考に応募しあ事がある。設定上ハイレベルなため受けるのにはオーディションが必要とされた。こういったオーディションから採用試験に至るまで、実力の基準として指揮科卒業と書かれることがある。しかし実際は絶対条件ではなく、単なる基準に過ぎない。しかしこのマスタークラスのオーディションは違った。必要書類を提出したら返信が来て、卒業証明を出せと。世の中には学歴にうるさい人は確かにいるが、このような公の場で、しかもはハイレベルな設定、さすがにびっくりした!正直、ハイレベルとはその有名指揮者の名前そのものだけで、主催者は低レベルに思えたからだ。


世の中どんなジャンルでもそうだが、学歴=実力では決してない。ましてや音楽なんて形のないものは尚更そういった形では判断できない。特に指揮者は全演奏家の中で特に経験が必要とされるわけで、学歴、すなわち指揮科を出てるかで実力が決まるわけがない。むしろ歴代指揮科を出てない指揮者の方がいい指揮者ははるかに多いし、近頃は指揮科卒の方が問題が多い。


話をそのマスタークラスに戻して、結論から言うと、自分はグラーツ指揮科に留学していたが卒業はしてない。ゆえに卒業証明として出せるのは日本の音大の声楽科ということになる。このマスタークラスではそれでも申し込みは受理はされた。しかしひょっとしたら指揮科ではなく声楽科というのがマイナスになっているかもしれない。


というのも、今まで声楽科出身というのは指揮者としてプラスになったことがない。それどころかほぼ確実にマイナスになる。この経験を喜んでくれるのは歌手だけである。特に指揮者はこの”声楽”を嫌がる。主な理由は、まずほとんどの指揮者は声楽についてほとんど知らないし興味がない。それから、ほとんどの指揮者は何かしら声楽家を下に見ている。それゆえに、例えば自分のような指揮者が声楽をよく理解してたり、声楽家にウケる何かを見せた時、ほとんどの指揮者は何やってるか分からず何それ?となるかあからさまに嫌がる=見下げるのいずれかである。


オペラ指揮者となれば声楽を扱う部分が非常に多い。それなのにこの現実。恐らくかつての巨匠にはもっと変わってらっしゃった方々がいたのであろう。しかし今の時代、少なくとも自分はそういう指揮者に出会ったことがない。というより、その部分に関して批判されなかったことはない。しかしはっきり思うのが、自分のような声楽をもっと理解した指揮者こそオペラ界に必要で、そういう者が確実に一番いいオペラ指揮ができるはずである。残念ながら今はそういった者はほとんどやらせてはもらえない。なえなら、それは多くの場合間違え、レベルが低い、などとされているからである。


声楽を専門的に知った者&ちゃんと指揮を勉強した者、この両要素が合わせった指揮者こそ真のオペラ指揮者であろう。自分それを目指してやってきたし、これからも。もし自分の人生に一つだけ使命があるとしたら、これである!


追悼

活動の拠点となっているチェコの有名指揮者Jiri Belohlavek氏が本日お亡くなりになりました。現役チェコフィルのシェフとして精力的に活動されていましたが、しばらく前から体調が芳しくなく、ここ最近はキャンセルするなど不調続きでした。にも拘わらず最後まで指揮台に立ち続け、指揮者としての人生を全うされました。残念ながらお目にかかる機会はありませんでしたが、しかしお世話になっているチェコを代表する指揮者、何か他人事のように思えません。ご冥福をお祈りします!


というわけで、チェコフィルは突如シェフを失いました。第2の都市の名門オケのブルノフィルもシェフ不在。チェコの主要団体に指揮者がいないという状況です。亡くなられたのは残念でも、いい意味でモチベーションが上がると言う者です。自分も頑張らねばと思いました!