Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

コレペティの留学~留学生活編

コレペティ科に入学!とりあえずはめでたくて、当然本場で本格的に学べるわけなので、ず尚に喜んでいいところである。入試までもすでに日本では経験できない過酷な時間を過ごしてきたことであろう、まずは少し優越感に浸るのもいいであろう。しかし、大変なのはここからである。コレペティないし指揮の修行とは想像絶する過酷なもので、いよいよ本場での本当の生活が始まるのである。


まず日本の音大と比べて課題数も授業数も全てが半端ない。日本の音大を出てきた人ならば消せる単位があるので、ある程度消せば多少楽にはなるが、仮にまともに全部やった場合、日本では絶対経験できることのないすさまじいキャンパスライフとなる。参考までに、自分がグラーツ芸大のコレペティ科&オケ指揮科在学時のとあるゼメスターを参考までに書く。


月/対位法、指揮レッスン、アナリーゼ
火/ソルフェージュ、和声、コレペティレッスン
水/スコアリーディング、ピアノ、イタリア語、音楽史、合唱
木/古楽基礎演習、副科ヴァイオリン、音楽史(近現代)、副科声楽
金/劇場経営学、チェンバロ、フランス語
土/休み
日/休み


記憶が曖昧な部分も多少あるが、一番科目数が多い時はこんな感じな時があった。生活的には、まず朝7:30に学校が開くので朝1に行って練習室を予約。まず朝授業開始まで1~3時間程度練習する。それから夕方ぐらいまで上記の授業へ。夕方ぐらいに終わると、夜21時過ぎまで練習可なのでそれまで練習。授業の合間に運よく練習室が確保できた時も練習、あるいは休憩を挟みながら図書館等でスコアリーディングなど。週末は、土曜日こそ朝ゆっくり寝て昼からゆっくり練習に行くが、日曜日は10:00~16:00で練習可な為9:00過ぎに学校へ行き練習室取りの行列に並ぶ。16:00まで練習して帰宅。演奏会や特別講義などが入るともちろんそっちへ行くが、基本的にはこのような生活を1年中送っていた。課題的には、指揮、コレペティ、ピアノ、スコアリーディングは常にそれなりにある。例えば指揮の課題と言えば、1曲=シンフォニー全楽章、コレペティの課題と言えば常に3本のオペラを、この時点で日本の音大生の課題量を数倍超える。さらに、講義系でも宿題が課せられたり、そうでなくても自分で勉強しないと対応不能なものもあるので、要するに永遠休みなく大量の課題と時間に追われる過酷な生活と言うわけである。余談だが、さらにすごいのは、ヨーロッパの学生らはこのように徹底的に勉強しながら、その微妙な合間に徹底的に遊ぶのである。常に何をするにも徹底的に全力で、この辺の感覚と体力はすごい。日本人には相当大変ではあるが、しかしこんな環境の中過ごしていくと対応できた人は本当に順応していく。日本ではありえないことかもしれないが、ヨーロッパでその後仕事しようと思うならば、確かにこういった生活経験は必要である。


さて、コレペティに関して具体的に。レッスンは個人レッスンで、永遠オペラのヴォーカルスコアを弾き語りし続ける。やはりこれが何よりの基礎で最重要である。弾き語りすることによって、ヴォーカルスコアをピアノで弾くことのみならず、歌詞、ブレス、間合い、フレージング、和声等、一通り全てのことを理解できる。歌わなくても伴奏できると思う方もいるかもしれないが、それは単にメトロノーム的に合わせて弾いた機械的かつ表面的なレベルの話であり、本場で通用すべくある程度のレベルに行くのであれば弾き語りで得られるものは超最低限度である。そしてレッスンでは、自分なりに準備して行った弾き語りを行い、教授が音楽的なこと、声楽的なこと、ディクション、楽曲分性や解釈等、色々なことを教えてくれるというものである。弾き語りの練習は大変で、特にコレペティ科ともなると常に3本ぐらいのオペラをやり続けるわけなので、はっきりいって準備は相当大変である。最初の方は全く時間が間に合わずどうするのって感じになるが、ある程度時間が経過するとそんな中でも何とかなるようになってくる。この訓練と経験もものすごく大事である。そんな過酷な毎日を過ごし準備した課題をレッスンへ持って行き、そこに教授が色々教えてくれる、必死に頑張って準備すると本当におもしろいレッスンが待っているわけである。それだけにやりがいがあるが、そう簡単にはいかない。自分がいたオーストリアは比較的祝日が多いの意外と学校休みの日が多いが、それゆえに日本を出たことない人で日本の音大しかしらない人は軽く見る人が多い。しかしオーストリアの音大に入って1ヶ月が過ぎると、そういう人たちがものすごく低レベルに思えて来る。それだけ現実は厳しいと言うことである!


もう一つ。上記の科目を見て欲しい。グラーツ指揮科を例に上げると、例えばピアノとイタリア語は必須である。しかし自分はコレペティ科にも入っていたので、コレペティ科必須科目としてチェンバロとフランス語が入って来ている。これはオケ指揮と合唱指揮にはない。この辺がコレペティ科独特である。また指揮科は全員当然コレペティは必須で週1だが、自分は週2である。上記はコレペティは火曜日に1回しか書いてないが、これは1時間(45分)を1回にまとめるべく続けて行い2時間(90分)としていたわけである。自分の教授はウィーン在住で毎週火~水とグラーツに来られていたので2日に分けることも可能だったが、面倒くさいのでまとめたわけである。


自分の例を参考に、コレペティ科の留学生活が大体お分かり頂けたかと思う。オペラはよほど規模の小さい室内オペラ等でない限り長くて膨大である。それを常に3本学び、在学の打ちには少なくとも数本以上のオペラをレパートリーにするわけである。これはやった人にしか分からない過酷さではあるが、例えば声楽家がそれなりの規模のオペラの主役級を1回やると考える。それだけでもどれだけ大変かは経験者なら分かるだろうが、声楽家で最低限度のオペラ経験がある方ならその大変さはほぼ予想着くであろう。これでもオペラ1本ということになるが、コレペティトアのオペラ1本とはそのオペラを隅々まで知ることである。いくら主役級とは言え、その1本とはまるで意味が違う。この先は本当にやった人にしか分からない領域かもしれないが、それが大体どんな領域なのかはオペラ歌手の方なら何となく理解できるかもしれない。コレペティトアと指揮者はそういった訓練を何年も行っているわけである。


いかにも大変そうにばかり書いてしまったが、少し書いたように準備は大変でもレッスンはものすごく楽しいものである。日本では絶対に学べないことだらけで、それを本場のプロのコレペティトアやオペラ指揮者から直接学べる本当に貴重で尊い時間である。本当に本気でこの道を究めたいと言うのであれば、それだけ苦しんで苦労する価値は充分にある。日本人目線ではどうしても大変そうな部分ばかりが目に付くが、希望を持っている方は決して気を落とさず、是非楽しみでやって頂きたいと思う。自分も例外ではなく、元々オペラを振る為に留学して、それでは物足りず2年目からコレペティ科にも在籍したわけであって、1年普通にコレペティレッスンを受けた後にさらに自ら倍の苦労を買って出たわけであろう。本当にオペラを愛し本場で勝負したい人にとっては、逆に喉から手が出るほど欲しいチャンスである!


このような過酷でありながらも中身の濃い時間を数年過ごし、ようやくプロのコレペティトアやオペラ指揮者になっていくわけである。次回は、コレペティトアとしての実践、すなわち仕事としてどうするのか、できるのか、就職、劇場等について書く。



コレペティの留学~入試編

入試は当然願書を出すところから始まる。今ではシステム等が変わっていると思うが、自分の時代は冬~春(2月~4月)に願書を出し、春~夏(5月~6月)に入試と言うのがドイツ語圏では主流だった。今では秋以降に願書を出し翌2月に入試、秋に入学というのが増えてきているようだ。いずれにせよ大学や地域による違いがあるので、少なくとも1~2年前から興味のある大学やその地域のスケジュールを調べておく必要がある。願書自体は原語が最低限度分かれば問題ないレベル。後、今で はどこにどうあるかは詳しくは分からないが、日本の音大を出ていれば、それらの証明を出せば途中から入学と言うシステムもかつてはあった。もちろんその場合最初から受けるよりも試験官の目線は高くなるが。


入試科目は、コレペティ科の場合は専門実技がコレペティメインになる以外は指揮科と同じであろう。専門実技以外は、音楽理論、ソルフェージュ、ピアノ、初見である。自分の母校グラーツ芸大は指揮科の中にオケ指揮、合唱指揮、コレペティがあるため、当時はコレペティ科を受ける場合は指揮の試験もあった。もちろん専門実技はコレペティなので指揮の試験はやや参考的要素もあったが、まあ基本的なところだけ抑えていれば特に問題はないレベルだったように思う。


あくまで自分の経験だが、当時のグラーツ芸大の入試を参考までに書く。まず試験は当時1日で行われ、朝から夕方までかかり、かなり過酷だった。当時のタイムスケジュールは以下。


9:00~12:00   音楽理論&聴音
15:00~15:30   初見視唱
16:00~18:00   実技試験


自分の念は10名受験し、上記の時間内で行われた。全指揮科を一括で行うため、その1名は指揮科のどの専攻を受けるか、併願しているか、は人それぞれだった。結果オケ指揮と合唱指揮2名ずつ受かり、自分はオケ指揮の1人だった。ちなみに自分は1年後にコレペティ科だけ受けなおした為、基礎科目はずでに入っているので免除、実技試験だけ入試日に受けたと言う形であった。話を戻して、音楽理論&聴音は、まず最初1時間が聴音、残り2時間が筆記。聴音は最初の数問は簡単で落ち着いてやれば日本の音大を出た人であれば全く問題ないレベルであった。が、一応その中でも少しずつ難しくなり、気が付いた頃には日本の音大でソルフェージュが得意としていた人でも解けるわけのないようなレベルにいつの間にか到達していた。後半は本当に意味が分からなかった。筆記、和声と対位法は基本的問題で、基礎があれば問題ないレベル。自分の時は管弦楽法が出て、各楽器の音域を書かされた。後正確には忘れたが、結構自信を打ち砕かれるようないやらしい問題も沢山出て憔悴しきったことをよく覚えている。いや、聴音が強烈だったから疲れただけなのかもしれないが…。初見視唱は、最初に新曲視唱が1問、落ち着いて歌えばまあ大丈夫なエベル。その後3問出されたのが、試験官が3~5音程度を3回弾いて、それを覚えて歌うというもの。最初は簡単だったが、2~3問目は結構音程が取りにくく結構難しかった。実技試験、ピアノ(初見含む)と実技である。大抵の場合、ピアノと実技のどっちを先にやるかはその場で聞かれて好きな方から始められることが普通かと思う。


これらの試験の間に、大学の練習室を借りて最終調整。当然その合間に昼食もとる。自分らの場合、まず午前中にかなり難しい重苦しい時間を過ごした為、昼頃にはかなり絶望していた。しかしここまで来てやってきたことをやり切れずに帰るのは嫌だったので、疲れを押して開き直って午後に挑んだ。それがよかったのか、実技試験はうまくいった。結果受かったわけだったが、結局は総合点での評価になる為、最初こけても後で挽回チャンスもあるので、最後まであきらめず自分の力を全ての分野で出し切ることが大切である。これらを1日で詰め込むのはかなり過酷で、はっきり言って日本の音大を出ただけの人は一生経験することはないだろう。また別の回に格が、ヨーロッパの音大は課題の量も授業の入れ込み具合も半端ない。ヨーロッパの音大生活は日本のそれとは比べ物にならない過酷なものである。その為、多くのプロが学生時代が一番大変だったと言う。入試の時点でそれが暗示されているかのようである。


自分の経験を元に入試に着いて語ったが、あくまで参考例の一つではあるが、大雑把に大体こんなものと思っていれば大体感覚はどこも近いと思う。入試課題数的にはもう少し多いところもあるが、過酷さは大体似ていると思う。具体的な試験課題は、ピアノに関しては前回書いた通り、大体ピアノ科に似ているかもう少し少ないかである。コレペティ実技試験は、オペラのアリアや2~3重唱辺りを2~3曲程度ではないかと思う。大学によっては曲をしていていたり、任意で自由選択だったりする。とりあえずはアリアと2~3重唱辺りを数曲入試までに練習しておいて、最後願書出す時ぐらいに無難なものを選べばいいと思う。もちろん、できることなら入試準備の訓練時に、もっと大きなアンサンブルやフィナーレ等の長目のものを触っておけばなお余裕が出るだろう。いずれにせよ入ってからそういったことは沢山やるので、まずは基礎がしっかりしていること、それを踏まえての将来性、この辺が重要である。


入試に関しては大体かんな感じである。次回は入ってから、コレペティ科の勉強や生活について書く。


コレペティの留学~準備編(ヨーロッパ)

日本でできるだけのことをやったら、いよいよヨーロッパへ行き本格的な入試準備である。何より大切なのは、コレペティの練習、入試課題等の準備、語学学校である。


まず語学学校だが、かつては(未だに?)何もせずいきなり入って行く日本人が多かった。しかし今の時代それでは通用しない。ドイツの音大は入試の時点でかなりの語学レベルを求めており、オーストリアは入試の時点での課題こそないものの、入学後一定の期間内に語学試験に受からないと強制退学になるなど、いずれせによ入試前にある程度の準備をしないと不可能と言うわけである。個人差はあれど、最低でも半年程度は入試前に語学学校に行くべきである。


コレペティの練習は日本でのそれの延長であるが、より本格化させるべく、やはりできれば受けたい大学の教授とコンタクトを取り個人レッスンを何度か受けるのが望ましい。とは言え、この教授とのコンタクトがまず一番厄介でありながら最重要と言える。簡単に言えば、教授がその弟子を取る気ながら話が早いのがヨーロッパの音大である。個人レッスンを受けて気に入られればかなりの合格率と言えよう。とは言え、いかにしてコンタクトを取るかが難関である。オーソドックには大学ホームページで教授の連絡先を調べ直接メール等を打ってみるという方法であるが、これははっきり言って運である。返信が来て一度個人レッスンか聴講等へ行ければまずはよし、しかし返信すら来ないこともある。ここで友人知人等の紹介があればかなり楽である。後は気に入られるかどうか、合うかどうかである。ただ一つ知っておくべきは、気に入られたからと言って受かる保証とはならない。試験には滅法受かりやすくはなるが、人数次第で上位に残らず漏れたり、教授の弟子を取れる枠がいっぱいで入れないこともある。良くも悪くも最後まで正確なことが分からないのが入試でもある。


コレペティの練習内容としては、基本全開書いたとおりの延長で、後は教授などから入試に向けてより専門的なアドヴァイスを受ける程度で、ひたすらそれの完成度と言った感じであろう。コレペティ科入学までの実技レベルとは大体こんな程度と言える。その他、コレペティではなく普通のピアノの試験もある。大学によって差はあるが、大体ピアノ科と同じぐらいと思っておいて問題はないと思う。本当に同じぐらいか、それより少ないか、といった感じである。例えば、自分がかつてグラーツ芸大の指揮科&コレペティ科を受けた時は、任意で時代の違うピアノ曲2曲だった。またドイツで受験したときは1曲増えて3曲、古典派ソナタ、ロマン派、近現代であった。その他多いところはそれに印象はやエチュード等を足して4~5曲というところもある。と言うわけで、大体ピアノ科という意味がお分かり頂けるであろう。選考基準としては、決してピアニストを目指すわけではないのでピアニストとしての技量というわけではないが、とりあえずこの時点では弾けるにこしたことはないと思う。ゆえに入試までは普通にピアノ練習していいと思う。それから必ず初見の試験もある。このレベルは本当に大学によって色々である。ある意味運である。もし受ける大学に友人知人等がいるならば、大体の難易度を事前に知ることもできるかもしれない。後は音楽理論とソルフェージュだが、まず理論は和声と対位法の基礎レベルがあれば問題ないかと思う。楽典的問題は日本の音大を出た人ならば余裕どころか笑えるレベルの問題ができることが少なくない。ただ、名称等を原語に変換しておかねばならない。当然問題文も言語である。面倒なのはそれだけであろう。ソルフェージュは、普通に楽器か声楽であれば、フランス等一部のソルフェージュ難関国でない限り日本の音大を出た人ならば問題ないであろう。ただ、自分の経験を一つ言うと、当時のグラーツ芸大の指揮科&コレペティ科入試のソルフェージュは問題数が多く、最初は馬鹿でも解けるようなレベルにはじまり、数問は大丈夫、後にはちゃめちゃになり誰も解けるわけのないレベルに到達した。これはほんの一例だが、気hン総合点で判定が下る為、とりあえずできるところをと考えれば、よほど1問も解けなかったような致命的レベルで半限りさほど心配はしらないと思われる。


このように具体的に入試に向けた準備を現地でする必要がある。語学学校と個人レッスン等があると仮定して、最低でも入試半年前には現地入りすべきである。もし1年近く時間が取れるなら万々歳である。入試準備期間に入ると日本にいることは全く意味もなければマイナスにしかならないので、可能な限り早めに長めにヨーロッパへ行かねばならない。後は願書だが、近頃ヨーロッパの音大は結構早めに締め切って入試をやる傾向にあるようである。準備はとにかく早めに、実技の練習等は可能な限り時間に余裕を持って。


では、次回は入試について具体的に書く。