Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

指揮者の危機

現代の指揮者の現状について、コレペティトアにも大いに関係している部分がある。全世界の指揮者の世界を見たわけでもなければ全世界の指揮者全員を知っているわけでもないので一概に言えない部分があることは百も承知だが、しかしヨーロッパと日本を中心に自分の知る範囲では少なくとも危機感を感じる。


指揮者とはオペラやオーケストラなどのアンサンブルにおける音楽的リーダーであり、音楽監督などの責任職になるとプログラミングから人事的なことなど、色々な責任が課せられる。ゆえに、まず音楽的に広く深い理解と能力が必要なのは言うまでもなく、同時に王税をまとめるリーダー性、牽引力、政治力等が必要になる。簡単に言えばこんな感じである。もちろん指揮者も人間なので、得意不得意は音楽的にも人間的にも皆それぞれ。ともかく音楽的な部分と人間的(精神的)部分の両方が誰よりも求められるわけである。色々なタイプがいるとは言っても、これらの最低限度は最低限度必要なわけで、タイプとはその先の話になる。ゆえに指揮者には適性が確かにある。音楽的な部分はある程度訓練次第であるが、人間的な部分はやはり向き不向きがある。理想の指揮者像というのはそれゆえに極めて難しいものである。やはり人それぞれの好みや団体の求める傾向などがある。とは言え、音楽的にも人間的にも信頼を得なければならず、少なくともメンバーを納得させる音楽的能力と、メンバーが納得する人間性、すなわちプレイヤーとのやり取りにおける信頼関係を築けるということが必須になる。


当然これを目指し世界中で多くの若者が指揮者を目指し長くつらい修行をするわけであるが、個人的に思うのが、今日の指揮教育において、音楽的な部分はともかく、その人間的な部分、すなわちプレイヤーとの信頼関係を築くと言う部分において、なかなか厳しい現実であるように強く思う。決してそれを考えてないわけではないが、何かが違うような感じである。というのは、ズバリ言うと、明らかに欠けるのは”プレイヤー目線”である。リーダーである指揮者はプレイヤーにはない要素が必要になり、プレイヤーだけではどうしようもない部分を補う必要があるが、しかしそれゆえにもプレイヤーの心理状態、演奏的都合など、逆の目線=客観性を持つことが大事である。それゆえに、指揮者になるにはまず歌か楽器をそれなりにやってから…という考えも歴史的にある。しかし今日これがものすごく不足している。さらに言うならば、極端な話、指揮台に立つとプレイヤーのそれを無視した独裁的なふるまいをしたり、はたまたプレイヤー出身の指揮者でも指揮台ではせっかくのその経験を忘れているか捨てているかのようなのを非常に多く目にする。確かに指揮者としての役割とプレイヤーを受け入れる目線のバランスは難しいかもしれないが、明らかに後者が欠けすぎている。


具体例をあげて説明する。例えば小中学校時代を思い出してほしい。リーダー性のある者が進んで学級員や生徒会長に立候補する。積極的なため仕事はできるかもしれない。しかしそういう者の中には仕切りたがりが強すぎるがために、周りの意見に耳を傾けず暴走して、結果チームワークが乱れたりなどして機能せず、信頼関係を失ってしまうという者も少なくない。前述の指揮者のそれはまさにそういうことに近い。リーダー性があり能力もないわけではないかもしれないが、しかし人へ目も気もやらない&やれないがために、結果としてリーダー失格になってしまうという様。これではうまくまとまらず、合唱コンクールでは賞は取れず、体育大会では試合に勝てず、ということになる。指揮者にそのまま置き換えるなら、オーケストラもオペラもまとまらず、音楽が出来上がらず、いい公演にならない、その前にいい団体として存在できないとなる。仮に大問題にならなくても、いまいち不発に終わったり、低迷期を迎えたり。これでは残念である。これまでの自分の経験、指揮科、指揮マスタークラス、仕事などの経験から、今日の指揮者にはこの傾向が極めて強いと感じたわけである。


ではなぜそうなったのか、これが大事である。人間的要素だけを考えると、確かにリーダーになりたい者には前述の勢いだけあって周りが見えないタイプは確かに多い。ではなぜ指揮者にそういうタイプが増えて来たのか(そもそも自分が生きてない昔どうだったかは知らないわけだが、少なくとも現在増加していることは確かということである)。理由はいくつかあると思うが、一番大きいのがコンクールであると思う。20世紀後半から21世紀にかけてコンクールが盛んになって来た。指揮者も例外ではない。元来指揮者とはオペラ劇場でコレペティトアとして長い下積みを経験した後に指揮者になるというのが伝統であり普通だった。この歴史的常識は一応は今も変わってないはずではある。しかしコンクールができたことにより、そういった長く厳しい修行をふっ飛ばしていきなりデビューという時代がやってきた。これにより、まず地道な基礎訓練が散漫になる。コンクールという一攫千金の魅力があるがために、下積みを面倒くさがってしまうようになり、コンクールなどでとりあえずオーケストラが小奇麗に振れれば早道と安直に考えてしまう者が増えて来たというわけである。そしてそうなるにつれて起こって来たのが、何度も書いてるようにプレイヤーとのやり取りである。どういうことかというと、長い下積みを経て指揮者になった叩き上げには、長い歌手やプレイヤーとに地道な経験があり多くのことを学んでいる為、それでいてある程度のランクの指揮者になった者ともなれば、プレイヤーとの共同作業に何がどう必要かが分かっている人が少なくとも今よりはかなり多かったのではと思われる。ところが、コンクールで下積みなしの早々デビューが増えて来ると、その大事な経験をしないー=プレイヤーとの共同作業の実践的訓練が極めて少ない、そんな指揮者が多発してくるわけである。それで前述の周りが見えない独裁的リーダーがそれにはまると、当然プレイヤーとうまくできない指揮者が増えるのは仕方のない話である。


もちろん全員ではないが、あくまで傾向としてだが、残念ながらこういう状況が今日の指揮者に世界に多いと思う。その為、例えばコンクールなどで何人かの指揮者の演奏を指揮仲間と一緒に批評などしようものなら、プレイヤーといかに音楽をやるかという基準で評価する者はほとんどいない。ほとんどの指揮者がいいという指揮者は、傾向として理論的かつ技術的で、バシバシと進めていく機能的=機械的タイプである。それがよく機能する時ももちろんあるが、しかし多くの指揮者の興味はひたすらそういったところに集中する。それではそれ以上の音楽性や人間性は広がりにくいわけである。最近ではそういう傾向にある指揮者の世界から出て来たコンクール指揮者が下積みなしにいきなりデビューして劇場専属指揮者にいきなりなってしまう時代である。そういう指揮者が増えて来て、さらに彼らは彼らの好みの指揮者(コンクール指揮者やプレイヤー目線のない指揮者)をどんどん採用していく。このままでは近い将来本当の意味での”いい指揮者”はいなくなってしまうのではないか、というより、指揮者の存在価値=職業としての意味が変えられてしまうのではないか。個人的にはそこに危機感を感じている。


この発言はひょっとしたら多くの指揮者から批判を浴びるかもしれない。しかしプレイヤーらからするとそんなことはないと思う。指揮者とプレイヤーの距離感、非常にデリケートで難しい問題かもしれないが、そこを考え実践して行くことはある意味音楽よりも大事と言ってもいいぐらいな気もする。もちろん音楽が出来なければ意味ないし、人間的部分がうまくいけば音楽が少々欠けてもいいというわけでもない。しかし音楽がどんなにできても、人間的部分がある程度ないと難しいのが指揮者というものでもある。今日、日本では残念指揮者嫌いが極めて多い。オーケストラの現場では可能な限り指揮者なしでやりたい、いまいちな指揮者なら排除したい、そんな雰囲気がものすごく強い時がある。これは日本の民族性の問題もあるが、あえていうならば指揮者に原因があるというところもある。また日本ほどではなく日本とは全然傾向は違うが、ヨーロッパでもやはりプレイヤー対指揮者の問題は存在する。結局のところこれは指揮者にとって永遠の課題と言えよう。でも一つ確かなのは、オーケストラとはいわゆる会社のようなもので、指揮者は管理職ならプレイヤーは労働者になる。そんなシチュエーションで、労働者が管理職に対して何かしらのコンプレックスを抱えることは人間社会において仕方のないごく自然なことである。指揮者は自分の立場とそこで自分が何をすべきか、どう必要とされているのかを常に考えるべきである。


コレペティと伴奏

この2つは明らかに違うことであるが、時としてごっちゃになてしまう。設定的にも、作業的にも。コレペティとはピアノを弾きながら歌手に稽古をつける、または手助けをする。伴奏はソリストと共に共同作業で持って音楽を作る=演奏する。簡単に言えばこういうこと。


まず設定的なこと。前述の通りである。コレペティトアとはコーチかトレーナー的な者であり、伴奏者でもなければピアニストでもない。むしろピアニストにはできないジャンルである。特別に勉強した方なら別だが、まずピアノ科(ピアニスト育成機関&過程)ではコレペティに必要な訓練は一切ない。伴奏者は舞台上でソリストと共に演奏する演奏家であり、ソリストとはパートナー関係にあたる。ゆえにコレペティトア&伴奏者=トレーナー&演奏家、と考えることができる。が、日本を筆頭にある地域ではこれらがごっちゃになり、コレペティトア=ピアニストと思い込まれている。まず日本ではピアノ科出身者にその業務をやらせてしまっているためというのもあるが、そもそもその理由に指揮者がピアノを弾かないからというのもある。またロシアを中心にヨーロッパから東の方へ行くにつれてこの考え方は増えている。ロシアでは劇場コレペティトアはピアノ科出身者の職とされている。個人的にはそれをどう行っているのか疑問を持つが、これは現地ではごく普通である。恐らく日本と極めて似ていると考えられるが、しかし日本のようにごく普通のピアノ科出身者にやらせていては劇場での仕事が明らかに務まるわけがない。ゆえに、何かしらの訓練をプラス行った者ということになるが、それがどういうものなのか。日本には劇場がなかったためその必要はなかったとも言えるが、しかしオペラの音楽面への興味と意識の低さも同時に浮き彫りになる。


作業的なこと。歌手にも色々なタイプがいるが、多くの場合伴奏者がテンポやリズムを演奏上支える役割を担う。コレペティではこれらを歌手に充てることがある意味最重要であるが、伴奏者とソリストの場合も時として歌手次第では伴奏合わせなのかコレペティなのか微妙になって来てしまう。となると実際どっちがどうなってるのか微妙であり、当然演奏としてのクォリティーは極めて低くなってしまう。準備をしっかりする歌手の場合、もし自分での準備が難しければ、伴奏合わせの前に個人的にコレペティトアのところへ行き練習してから伴奏合わせへ臨む者もいる。この場合は伴奏合わせが普通にできるわけである。伴奏合わせとはパートナーとの音楽作りに集中するべきであり、そこでコレペティ的なことをやってしまうのは絶対に避けるべきである。しかし残念ながらこういう状況は存在している。いい意味で伴奏者にはコレペティの能力があった方がいいし、それは伴奏者としての演奏活動にかなり役立つ。しかし根本的にコレペティと伴奏は全く違う時間である。まずは歌手にかかっているのだが、しかしピアニストも変にこれらをごっちゃにして横柄な態度を取ったり暴走してしまっては全く意味がない。


これらにより、コレペティと伴奏は時として悪い意味でごっちゃになりやすいことがある。コレペティトアは元々は指揮者のものだが、近頃は指揮をしない専業コレペティトアも増えて来ていて、その場合確かにピアノ科出身で後にコレペティの専門的訓練を受けた者ということになる。またその場合、伴奏ピアニスト兼コレペティトアのようなジャンルが存在して来る。もちろん指揮者でコレペティトアでも伴奏を行う者も多いが、ピアノ科出身者のコレペティトアが増えれば、当然伴奏との兼業の率は高くなる。その場合気を付けるべきは、両者の役割と必要性をしっかりと認識して行うことである。


ピアノ科出身者がコレペティトアになる場合、非常に難しい問題がある。ピアノ科を出て来た方は、オペラ界における指揮者&コレペティトアとは全く違った環境で育ってきている。簡単に言えばピアニストは個人主義的で、ある意味大事に育てられてきている。反面指揮者&コレペティトアは下積み叩き上げ、小間使い的な雑用から扱かれ揉まれて来ている。ゆえに、ピアノ科を出てこの下積み叩き上げを全く知らない者がいきなりその世界に入り練習ピアノを弾き始めたりすると、その空間や周りからの扱いのあまりの違いにショックを受け、対応不能、逆切れなど、色々な理由で続かなくなってしまうことが多いようである。もちろん人それぞれタイプによってさまざまだが、自分の経験上、その環境に合わない&受け入れられない系の方がその後間もなく消えてしまうことが多い。前述のようにコレペティの勉強や経験は伴奏ピアニストとしての演奏活動にかなり役立つ尊いものではあるが、しかしうかつに入り込むと逆効果になってしまう世界でもあることをあえて強調したい。いずれにせよ、その辺からもコレペティと伴奏をそれぞれ謙虚に知ることがまず何より最重要なようだ。


ちなみに、コレペティは確かにまだまだ日本では浸透しきってないからと言えるが、では伴奏はというと、これまた日本ではかなり発展途上である。世界的に本当に”いい伴奏者”は少ない。世界的に伴奏者という立場は軽視されていて、本気で興味を持ち極めよう津するものは極少数である。また残念なことに、ソロで通用しないから伴奏へという軽はずみな者、初見が聞くからというだけで伴奏がうまいと勘違いする者、メトロノームでソリストとしっかり縦が合っただけで合わせるのがうまいと思い込んで伴奏が得意と勘違いする者など、よからぬ理由で伴奏へ進む者が非常に多い。これは指揮者にも言えることだが、伴奏する=合わせるということはそんな表面的で機械的なことではない。特に日本では縦を合わせる&メトロノーム通りということが異常に重視されるためそれが伴奏=合わせることだと思われがちだが、本物はそんな簡単な問題ではない。事実、日本には伴奏の超スペシャリストであるオペラ指揮者は極めて少ないし、優秀なソロピアニストはいても伴奏者として一流と言われる者は存在しない。そもそも世界的にそういう傾向何も日本だけの欠点とは言えないが、伴奏というものはもと重要視されるべきであると思うし、それに気づけたなら謙虚に伴奏について学んで知るべきだと思う。


表記の順番

オペラの案内、すなわちチラシ、プログラム、年間スケジュール等、世界的に伝統的に決まっている書かれる順番がある。まずは当然オペラの演目名、ここには言うまでもなく作曲家とセットで書かれる。まずはこれがないと話が始まらない。そしてその下あたりに小さく台本者などの名前が添えられる。その後当然日時や場所が書かれ、そして出演者や関係者(スタッフ)等の名前になる。この書き方=順番こそが伝統的に決まっている定型がある。まずは誰が何と言おうと指揮者、そして演出家である。この2トップが一番上に書かれること、そして指揮者→演出家の順番で書かれること。これが何より絶対的である。その後舞台監督、装置、美術、合唱指揮などが書かれるが、この辺の細かい順番は劇場によってさまざまである。またそれらを後に述べる裏方スタッフに書くこともよくある。その後出演する歌手陣、当然主役に始まり脇役に至る。黙役やソロパート付きの合唱団員の名前等も最後の方に書かれる。そして当然オーケストラ&合唱団名も書かれる。その後は裏方スタッフである。主要な役職から小さな役職の順番に書かれる。基本的に音楽スタッフ→舞台スタッフの順番で書かれる。その他、オペラの解説や出演者のプロフィールとなるわけである。


この定型がなぜこうなったかは、一言で言うとオペラだからである。もしこれが芝居や音楽付きの舞台作品であれば、書き方は演出家→指揮者、舞台スタッフ→音楽スタッフの順に書かれるであろう。しかしオペラは芝居の要素はあれど基本的には音楽作品であるため、やはり音楽がまず重要視されるため、音楽的部分から先にかかれるわけである。宣伝方法の一つとして演出部分を表に出す劇場もたまにあるが、その倍は指揮者を筆頭に音楽部門を下げるような表現や扱いにはならないようにされているし、その前に音楽が中心なことは分かり切っているのでわざわざ過剰に意識する必要もないわけである。この音楽中心と言うのはオペラの場合本当に重要である。芝居部分を主に受け持つ演出家も、一流になれば当然このことを大前提とするので、決して音楽を壊さない演出をする。過剰に演技を強要する演出家、オペラを芝居としてやろうとする演出家も実は少なくないが、やはりオペラは音楽が支配していて舞台作品である以前に音楽作品、その辺を分かった上でさらに効果的な舞台や演技を作り出せる演出家こそが最高な演出家である。個人的にもそういう演出家に出会いたいと常に思っているし、もし出会えたならば最高の敬意を払いたいと思う。当然ご一緒したいと思うのは言うまでもない。


ところが、今日の日本ではこの定型、すなわちオペラに対する認識が真逆になっているようである。紙面上では、一応基本的にはこの定型は存在しなくはないが、近頃多くの場合指揮者ではなく演出家を、音楽スタッフではなく舞台スタッフを先に書くものを極めて多く目にする。また立場もそれに比例し、オペラの現場において音楽人の地位は相当低いものとなっている。表記の仕方はその考え方や認識の結果論となって表現されている。当然多くがオペラ=芝居と認識し実践している。もしオペラの舞台に立つ者が役者ならば自然であるが、オペラの舞台に立つ者は声楽家=演奏家である。もちろんオペラには演技が必要ではあるが、その前に音楽が何より最重要である。ある巨匠(オペラ指揮者)がこうおっしゃった。「オペラの演出は音楽にそってなされるべきである」と。これは終えpらそのものである。それを逆にしてオペラとは芝居であるとしてしまうことは、オペラという西洋の歴史に歯向かうことになってしまうし、そこまで大げさでなくても少なくともでたらめになってしまう。話を戻すと、表記の仕方にそういった認識が現れていて、さらには意識レベルが現れてしまっているように思う。決して演出面を軽く見ているわけではないが、オペラとはそういうものである。


それがものすごく現れている現実を一つ上げる。オペラの現場には指揮者と演出家という2名のリーダーが存在する。本来は2本柱で協力し合って作り上げていくものである。実はこの指揮者と演出家の関係というのは非常にデリケートなものである。それらは話せば長く複雑なので機会を改めるが、理想はこの2名に共同制作による歌手&スタッフ陣との共同作業である。ゆえに音楽を作る指揮者、舞台を作る演出家、欠かすことのできないリーダーでどっちが偉いではなく、それぞれの役割をこなして協力すべきである。が、日本のオペラの現場において、この2者の立場はには少なからず明らかな差がある。表向きにはいずれもトップ的な言い方がされてはいるが、実はそうなってはいない。もちろん人にもよるのだが、演出家には独裁的でかなり強烈な言い方や態度の方が昔から非常に多い。反面指揮者は、全くいなくはないが演出家のそれのような者は極めて少ない。というのも、演出家はどんな暴言を吐いても皆必死に従うのに対して、指揮者は一度でもそのようなことをすると、指揮者が切られてしまうケースが多いのである。これには大きな矛盾がある。前述の通り2トップと言われていながら、この扱いは全くつじつまが合わない。決して指揮者が暴言を吐いていいと言うわけではないが、演出家が同じ扱いでないことから、明らかに演出家>指揮者という認識が存在している。裏方もそうである。舞台&演出スタッフ>音楽スタッフである。比例して、出演者らも当然演出家&舞台スタッフを中心に考えている。その証拠に、民間オペラ団体を筆頭にオペラプロジェクトを立ち上げる時、まず舞台&演出面から考え始めて準備し、当然そこに多くの予算をかける。最後にやっと音楽面の段取りをし始め、残った予算でやる、すなわち一番予算カットすべきところとしている。ゆえに、音楽チームのレベルと人材にまともに影響が行くし、さらにはオペラに携わる音楽人が育たないわけである。本来音楽作品であるオペラでこのようなことをし続けてると、オペラのレベルは上がるわけがない。上がらないだけならまだいいが、さらに間違ったものになり取り返しがつかないことになっていくのである。しかしこれらは民族性や文化など色々な問題が関わっているので一概に言えない難しい問題でもある。


紙面上にどう表記されるか、一見小さいことのようで、その理由を掘り起こしていくとこのような極めて重要かつ深刻な問題が浮き彫りになっていく。しかしながら、このことに冷静に気づき謙虚になれる者が一体どれだけいるか?それが大事であるが、一番難しい問題でもある。というのも、芝居大好きな日本人ゆえにである。やる者は芝居としてやりたいし、聴衆も芝居として見たいのである。ゆえにオペラを無理矢理芝居化した方が日本国内ではビジネスとしても成り立つわけである。その日本独特の文化や民族性を否定はしないが、もし日本のオペラが世界へ目線を向けた場合、それではどうしようもないわけである。やる者としてはどちらを選ぶかは個人の自由であるが、純粋に謙虚に本来のオペラを目指す者に出会えたならば、ヨーロッパで学び活動するオペラ指揮者&コレペティトアとして精一杯できることがあればしたいと思う。自分は日本独特ではなく本場の本物を目指した者である。それゆえに国内では正直困難が常に付きまとう。残念ながら自分にはその日本独特なものはできないが、しかし数は少なくとも本物に目を向けている方々もいないわけではない。ある意味狭い範囲かもしれないが、そこでできることを地味でもやり続けていく、それが自分のやるべきことだと思っている。