Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

危機

関西にいる友人からしばらく前に聞いた話である。関西にあるオペラ団体、大小合わせるとそれなりの数ある。近頃の傾向として、表向きには予算削減が理由らしいが、音楽練習をカット=全くやらずに、いきなり立稽古から始めることがあるとのこと。これにはびっくりした!全くオペラではなくなっている…。


これも最近ある別の情報だが、某オペラ団体がオペラの練習を開始し、わずか3回で音楽を仕上げて…とのことらしい。これも前記のものと全く変わってないと言える。完全にオペラではなくなっている。


まず予算削減というのは私立オペラ団体では特にシビヤな問題である。が、ほぼ確実にどのオペラ団体も予算対策を音楽で行う。と言うのは、オケを非人間的ギャラにするかノーギャラ(アマオケか学生のただ働き)、オケをなくしてピアノにする、などなど。で、近頃は音楽の練習をしないという方法も出て来たらしいという…。これらは、要するに舞台や演出面に可能な限り費用を賭けようとするためであるが、しかしこれが一番やっては行けなことである。なぜなら、オペラは音楽であり、作曲家がオペラ作品として残してくれたからこそ我々はオペラ人として現代生きてられるわけである。単に冒涜であり、その前にオペラをオペラでなくしてしまっている。そしてそれが普通にできるというのが意味分からない。


予算がないなら、舞台をやめて演奏会形式にする、これがまず普通の考え方である。ヨーロッパでは普通にそれがある。ところが日本は真逆である。もしオペラが芝居に音楽を後から挿入したものであればそれでいいし、舞台に立つ人種が役者であるならそれでいい。しかし、オペラの舞台にはオペラ歌手、すなわち演奏家が立つ。そしてオペラは全くもって芝居ではない。後に演技等は入るとは言え、明らかに音楽でできているジャンルである。


日本のオペラ界でオケや指揮者に予算がかけられないのは本当に酷すぎる話である。この時点でオペラを音楽として考えてないどころかそうする気がないというのが明らかである。日本でオペラが発展しない最大の理由は明らかにこれである。


指揮レッスン

今日は指揮の個人レッスンをしました!弦楽合奏を指導することになったヴァイオリン弾きの方ですが、指揮は全くの初心者、必要と感じ訪れました。ゆえに全くの最初からです。こういうレッスンは内容的には極めて簡単な最初歩レベルですが、しかし最初はだれでも難しく、そして最重要とも言えます。早い話が、ここでしっかりやっておけば後々楽で強いというわけです。この最初歩を意外といい加減にしてしまっている人、もしくはその段階で間違ってしまっている人、結構いるんじゃないかと思います。


自分は日本の音大は声楽科で留学後指揮科に入りましたが、しかし日本で音大に入ったか入らないかの頃から個人的に指揮のレッスンや練習見学に通い始め本格的に勉強を開始、留学して指揮科に入ったとはいえすでにある程度の経験を積んでいたので初心者では全くありませんでした。とは言え指揮科はこれから勉強を始める人のためのカリキュラムから始まります。そして自分もヨーロッパの基礎教育にはものすごく興味があったので、初期のレッスンは楽しみでした。


母校グラーツ芸大指揮科は、当時は1年目は準備期間と設定され全指揮科の学生(オケ指揮・合唱指揮・コレペティ)が同じ授業を受けます。ゆえに、最初オケ指揮科で入った自分も合唱指揮のレッスンが1年目だけありました。合唱指揮の教授はオーストリアではかなり有名な方、しかも自分が入試前にピアノを習っていた先生の弟ということもあり、かなり楽しみではありました!そして彼の1ゼメスター目のレッスンですが、これがすごくおもしろかった。振り方の基礎を徹底的にやるだけのレッスンですが、極めて自然体だが的確で明確な振り方の指導でした。決して指揮方=メソードがあるわけではなく、まあ彼なりのメソードとも言えるのかもしれませんが、それが本当に自然で音楽的で。うまく言葉では言えませんが、本当に分かりやすくシンプルで最高な訓練だったと思います。


で、後に自分が指揮を教える立場になった時、単発の講習会等は別ですが、今日のように基礎からしっかりやる時間のある時、あるいは初心者やアマチュア向けの講座の時、グラーツで合唱指揮の教授にならったそのやり方が物凄く役に立っていて、かなり参考にしてレッスンを行っています。今日しばらくぶりにこれを教えてみて、久しぶりに自分も当時を思い出し楽しかった。やはり基礎は大事ですねえ!


というわけで、指揮に興味がありこのやり方が気になった方、是非お気軽にお越し下さい!


オペラ人として

いつもコレペティに関することやオペラ界に対する意見等をメインに書いているが、たまには自分についても書いて見ることにする。


自分はオペラ指揮者&コレペティトアである。職業は?と聞かれると、迷わず”オペラ指揮者”と答える。あるいはもう少し説明できるならば、コレペティトアとも言うし、伴奏者と付け加えることもある。以前は”指揮者”と答えていたが、今ははっきりと”オペラ指揮者”と答える。


自分は確かに”指揮者”であることには変わりないが、本来指揮者とは総称である。厳密には指揮者という職業の中には色々な分野があり、オペラ指揮者以外にも、シンフォニー指揮者、合唱指揮者、吹奏楽指揮者など、あるいは学生やアマチュア等を指導する者も指揮者と言う。日本では指揮者=シンフォニー指揮者、すなわちコンクール上がりのシンフォニー指揮者が普通と一般的に思われているが、実は掘り起こすとかなりの職種が存在する。で、自分はその中で根っからのオペラ指揮者である。


なぜそうはっきり言えるかと言うと、自分の中での優先順位はオペラが一番であるからである。当然指揮者なのでシンフォニーも振るし振れる。ただ何がメインかと言われるとオペラそのものが一番重要であり、はっきり言ってしまえばシンフォニーを振ることよりもオペラのコレペティをやるほうが自分の中では優先順位が高いわけである。極端な話、一生シンフォニーだけ振るのと、一生オペラのコレペティだけをやるのとでは、迷わず後者を選択する。指揮者でそれは変に思われるかもしれないが、自分は確かに指揮者ではあるが、それより何よりオペラ人である、色々あった結果最近自分で改めてそれに気づいた。


一つ辛い経験を書く。近年チェコに進出して色々お世話になっている。しかしチェコオペラ界は異常なまでに閉ざしていて、どういうわけか日本人の自分がチェコ国内でチェコ人に”オペラ”というと突然変な顔をされる。さらには、自分に協力的な方ですら「何だ、オペラ指揮者なのか…」や「え…、オペラ…」と言われてしまい、多くの場合その時点で連絡が来なくなったり応援終了になったりする。劇場関係者と話しても色々変なことがあり、例えば履歴書を見せると半信半疑な顔をし、レパートリー知るとを見せるとあからさまに「これは嘘だろ!」と言う酷いものまでいる。聞くところによると、外部者に慣れてない人種なため不安を感じそうなると言うのも一理あるらしいが、しかし「何で日本人なのにオペラを?」という声はよく聞くので、確実に差別はある。要するに、日本人にオペラが分かるのか、振れるのか、何を馬鹿なこと言ってるんだ、と。例えばドイツ語圏ではさすがにそれはない。もちろん日本人は下に見られてはいるだろうが、日本人だからと言う理由でそうは言われない。しかしチェコでは、そもそも日本人が普通に西洋音楽のオペラをやっているということすら知らない人たちが結構多く存在する。例えば、突然外人が日本に来て歌舞伎や能などの団体へ入れてくれと言いに来ているような感覚であろう。とにかく、相手にされないのが現状だ。


その経験があったからこそ、自分はオペラ指揮者であるという誇りを強く持ち直し、職業はオペラ指揮者ですとあえて言うようになった。名刺も履歴書も指揮者→オペラ指揮者に書き直した。そして指揮者である以前にオペラ人だと強く認識するようになった。今後どこで誰と出会い、どんな縁があってどういう活動できるかは分からないが、あくまでオペラ最優先で、オペラ人として、それゆえにオペラ指揮者&コレペティトアとして生きて行く。