Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

コレペティトアの種類

基本はオペラにおけるコーチ、世界中同じ認識である。しかし、今日コレペティトアとはいくつかの種類が存在する。以下の通りである。


― オペラコレペティトア
― 器楽コレペティトア
― バレエコレペティトア


基本この3種類であろう。ドイツ語圏の音大の場合、規模の大きいところはこれら3つに科が分けられていることがある。基本コレペティ科とは指揮科に属するのだが、その中でこれらに分類されているところがある。ちなみに、我が母校のグラーツ芸大は指揮科の中にあり、オペラコレペティ科しかなかった。しかしながら、ここは無理やり言うと”指揮コレペティ科”みたいな感じである。伝統的言い方で、指揮科へ行き指揮とオペラコレペティを学び劇場指揮者に必要なことを主に学んだ場合を”Kapellmeister Studium”と言う。Kapellmeisterとは、ドイツ語圏の劇場専属指揮者のことを指す。それの為の訓練ということで”劇場指揮者の為の訓練”みたいな感じであろう。


話を戻して、前述の3つのの違いである。オペラコレペティは言うまでもなく劇場コレペティトアになるべく訓練を受け劇場へ入ったコレペティトア、あるいは指揮者である。器楽コレペティとは、器楽奏者の為のコレペティトアである。ヨーロッパの音大には、声楽科はもちろん、器楽の科にもコレペティトアが存在する。実技担当教授が専門の楽器を通じて音楽を教えるのと同時に、音楽的視点で指導するコーチがこのコレペティトアである。やり方はオペラの場合と基本同じで、ピアノを弾きながら音楽を指導するのだが、楽器の技術的なことが中心ではなく音楽や楽譜についてが中心となる。実践的訓練と言えよう。そしてこの場合、オペラに比べてピアニスティックな要素が多くなる。オペラの場合は指揮者が担当することが基本だが、器楽の場合はどちらかというと器楽を専門にした伴奏ピアニスト的な者が担当することが多い。日本にはオペラのそれより器楽のこれの方が多いのかもしれない。バレエコレペティトアは、オペラコレペティトアのバレエ版である。劇場やカンパニーにおいて、バレエの練習でピアノを弾く者である。これもオペラに比べるとピアニスト的かもしれない。というのも、オペラコレペティトアが歌手を指導するような感じにバレエコレペティトアがバレエダンサーを指導することがなく、練習に付き合うことになるからである。ゆえに、オペラとバレエでは求められる要素が違う。劇場によっては、これらを別々に募集し採用するところもあれば、両方兼任の場合もあるが、基本的には別物である。バレエコレペティトアはもちろん日本にも存在しているが、このヨーロッパ的認識であるかどうかは微妙である。これも単にバレエ好きのピアニストが来ているという程度かもしれない。しかしオペラコレペティトアよりも日本とヨーロッパにおける業務内容の違いはない。ほぼ同じと考えていいだろう。


このように、コレペティトアと言われる人種にもいくつかのジャンルが存在する。そして、その中でもまたいくらか分かれている。例えば、オペラコレペティトアで、指揮者でコレペティをする者、指揮者&コレペティトア兼任の者、コレペティ専任&専業の者、伴奏ピアニスト&コレペティトア兼任の者。器楽コレペティトアで指揮者上がりでコレペティ専任&専業の者、伴奏ピアニスト&コレペティトア兼任の者。バレエコレペティトアで、指揮者上がりでコレペティトアの者、専任&専業コレペティトアの者。このように細かく分けると色々いる。共通して言えることは、やはり土台が指揮者であるということであろう。もちろん伴奏ピアニスト出身的なタイプも多く存在しているので、それぞれがそれぞれの得意性を持ち機能している。コレペティトアを志す者は、このどのタイプが適正かを考え、それに合った訓練を経てなるべきである。またその正しい理解と訓練がいいコレペティトアを生み出すであろう。