Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

日本のオペラの流れ

かつて日本ではオペラは全て日本語上演されていた時代があった。まだオペラが日本で浸透していない時代に始まり、実は結構最近までよく行われていた。未だにドイツオペラは日本語上演が残り、オペレッタは来日公演以外は全て日本語である。


日本語上演が主流だった頃、要するに日本でオペラが伝わり上演され出した時代、日本には劇場がなくオペラ指揮者もコレペティトアもいなかった。というより、劇場がない日本に必要な人材ではなかったし、当然教育できる者も教育機関もなかった。そして演出家はというと、そのまま芝居の演出家が対応せざるを得ない。さらに、日本語上演にすることにより、本来作曲された音楽(ディクションから来るフレージングやアーティキュレーション等)が完全に崩れるのは仕方ない話。それらにより、芝居的演出>音楽となり、日本オペラ界は芝居化の一途をたどった。


オペラとは総合芸術ではあるが、舞台作品である以前に音楽作品、作曲家が音楽を付けないことにはオペラにならない。当然、オペラを支配しているのは音楽であり、歌手はまず歌って表現することが最優先、そこに後程演技が付き舞台作品となるわけである。日本のオペラ界は上記の流れにより、その音楽部分が知られぬまま進み、早い話がヨーロッパのオペラの音楽部分がごそっと抜けたような状態になってしまった。さらに、目に見える形ある者が好き&形から入ることが好きな日本人、ただでさえ姿かたちのない音楽、まだ知らない西洋音楽の中身を追及するより、そのまま日本語上演で芝居化に走ってしまったわけである。こうして日本のオペラは、本来音楽であるオペラを無理矢理芝居としてやり続けて来た結果、現在に至る。


ところが、最近は留学生も増え、少なからず本場の本物を知るものが少しずつ増えて来た。そして日本でも原語上演は主流になって来た。となると、多かれ少なかれオペラにおける音楽の必要性と重要性を考えずにはいられなくなって来た。とは言え、歴史的に日本のオペラは芝居で作る者とされてきている為、いまいちこの音楽が浸透しない。流れからして、日本オペラ界は古い世代ほど芝居、若い世代ほど音楽に気づきつつある、といったところだろう。とは言え全てが未だに芝居重視であることには変わりない。でもこの若い世代がもっと音楽としてオペラを学び、気づき、そして変えていく、そうなればいいのだが。それには当然、まず我々指揮者&コレペティトアが頑張らねばならない!