Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

チェコの劇場について

今自分の活動拠点になっておりますチェコの劇場についてです。チェコ国内にはプロとしてオフィシャルに稼働しているオペラ劇場はいかがあります。


プラハ国民劇場(プラハ国民劇場、プラハ国立歌劇場、スタヴォフスケ劇場)
ブルノ国民劇場”ヤナーチェク劇場”
オストラヴァ・モラヴィア=シレジア国民劇場
ウスティ・ナド・ラヴェム北ボヘミア歌劇場
プルゼニュ・ティル劇場
チェスケ・ブディヨエヴィツェ西ボヘミア歌劇場
リベレツ歌劇場
オロモウツ・モラヴィア歌劇劇場
オパヴァ・シレジア歌劇場


こんな感じです。プロダクション的にはこの9劇場ですが、首都プラハと第2の都市ブルノに関しては規模が大きい為説明を加えます。


まずプラハですが、大きな枠組みではプラハ国民劇場となり、その中に()内の3劇場が存在しております。かつては国民劇場&スタヴォフスケ劇場と国立歌劇場の2つに分かれていましたが、約6年ぐらい前に合併して1つになりました。またスタヴォフスケ劇場とは年間プログラムは一応ありますがややイベント劇場的要素があるため、国民劇場が同じメンバーでずっとやってました。またここはかつてW.A.モーツァルト”ドン・ジョヴァンニ”が初演され、映画”アマデウス”のロケでも使われた有名な劇場です。このように、プラハの劇場は厳密には3つ存在していますが、プロダクション的にはかつては2つ、今は1つです。とは言えキャラクターはそれぞれで、国民劇場はチェコオペラ中心、国立歌劇場は世界のオペラを、スタヴォフスケ劇場は”ドン・ジョヴァンニ”を中心にW.A.モーツァルトのオペラがメインで、その他はさまざまです。


ブルノ国民劇場、通称”ヤナーチェク劇場”と言われる歴史と由緒ある名門劇場です。当然、かつてL.ヤナーチェクの名作が初演されております。この劇場はプロダクションは1つですが、建物が2つあります。簡単に言えば新旧で、旧劇場がヤナーチェクのオペラが初演されたりして来たところでマーヘン劇場、いかにもヨーロッパらしい建物です。新劇場が前世紀に作られたモダンな建物で、これが”ヤナーチェク劇場”と呼ばれています。サイズ的にも結構大きなホールです。そして上演ですが、オペラは主にこのヤナーチェク劇場で行い、マーヘン劇場ではバレエ等が主に行われていますが、もちろん重要なオペラ公演も多く行われています。


その他の劇場はほとんどがプロダクションも建物も1つないわゆる普通の劇場的サイズのものがほとんどです。各劇場それぞれのキャラクターがあります。チェコの劇場は対ギアどこでもシステムとして、オペラ、オペレッタ&ミュージカル、バレエ、演劇、と部門が分かれていて、それぞれのチームが存在します。どの劇場にも総裁がいて、オペラ部門にはオペラシェフ、音楽監督、専属指揮者、副指揮者、合唱指揮者、コレペティトアがいます。


社会的にはと言うと、自分が上記の全ての劇場へ行ったわけではないのでずべ手は分かりませんが、少なくとも自分が行ったことある、関わったことある、話に聴いたことある範囲で言うならば、大体どの劇場も結構集客があるようです。オペラ劇場は街の文化歴史の象徴で誇り、皆ものすごく大切にしていることが伺えます。とは言え、チェコオペラ界には財政難など色々な問題もあるようで、たまに経営困難に陥り閉鎖のうわさが聞こえることもありますが、今のところ国や街やファンの力で閉鎖は聞いていません。ちなみに、近頃はチェコは失業率が極めて低く景気が上昇中とのこと、これからはそれに比例してオペラ界も潤ってくれればいいのですが。


チェコの劇場について、とりあえず表面的な部分ではありますが、ザっと書いて見ました。最近はドイツ語圏の劇場などは変に現代化した結果ヨーロッパらしい良き伝統がどんどん消え失せて行っています。でもチェコはまだまだ古き良きヨーロッパの伝統がそのまま残っている部分が多く、チェコオペラ界もまさにそうです。近頃レベル低迷と言われてはいますが、それはそれとして、それとは別に”ヨーロッパの良き伝統”は守られて欲しいと思います。