Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

コレペティ入門~導入編

まずコレペティの練習をするのには何から弾き語ればいいか。とりあずは無理せず簡単なものから、要するにソロ=アリアがいいだろう。やはり最初は演奏難易度の低い=弾くことが負担にならないものから始めることが望ましい。


ピアノが難しくなく、行き語りの基礎=導入によさそうなアリアを以下にいくつか上げてみる。尚、上げるものの選び方としては、最初の練習にちょうどいい難易度を考えつつ、後にコレペティ課題的に役に立つであろうレパートリーから考えたものである。


W.A.モーツァルト
”フィガロの結婚”より、
伯爵夫人のアリア Porgi amor
”魔笛”より、
タミーノのアリア Dies Bildnis bezaubernd schoen


G.ヴェルディ
”椿姫”より、
ジェルモンのアリア Di Provenza il mar


G.プッチーニ
”ラ・ボエーム”より、
ミミのアリア Si, mi chiamano Mimi


まずはこの辺から試してみるといいと思われる。


モーツァルトはテンポも変わらずピアノも極めて難易度的負担がなく、旋律も比較的分かりやすい。伯爵夫人の方はフェルマータ以外はテンポが変わらない。タミーノの方はブレスが難しいアリアだが、逆に弾く難しさがない分そういった歌手の都合を考えるのに最適な課題と言える。ヴェルディのジェルモンのアリアも、一部時間を取るところはあるものの基本テンポは一つ、弾くことも全く負担にはならないので、歌手の旋律を聴く&考えるいい練習になる。プッチーニのミミのアリア、これはこの中で唯一テンポが何度も変わるが、前の3曲の応用編として上げてみた。テンポの変わり目、ブレスの取り方、それらを考えながら弾くことで歌手の呼吸と色の付け方がよく学べる。ピアノ自体は決して難しくないが、しかしそれらを考えながら弾くと音楽的な意味で簡単ではない。全てにおいていい課題と言えよう。


ここに上げたものはごく一例、その他にも似たような導入に最適な課題はいくつまるだろう。ただここに上げた演目はコレペティ的には後に最重要課題になって来るレパートリーなので、是非お勧めしたい。