Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

ルサルカより~コレペティ

来る年明けのルサルカ公演へ向けて準備が進んでおります。先週末で約2ヶ月間各個人&グループで行ってきたコレペティが終わり、一通り下準備ができた段階です。この後年末に音楽練習を集中的におこない、年明けにまとめて本番と言った流れになります。


ここまでは皆それぞれがそれぞれなりに順調かと思います。全歌手に対してコレペティをして、色々なことを考えさせられました。ヨーロッパで学び活動してきた自分は日本のやり方や考え方がどうなのかというところは、こうやって実際にやってみて初めて分かることが色々ありますが、ものによってはヨーロッパとの違いをまじまじと感じることもあります。まず今回は演奏会形式で演技が一切ありませんが、それでも演技で全てを作ろうとする日本独特のやり方が抜けず、演技なしと言っているにも関わらず無理矢理動こうとする者も中にはいました。今回はもちろん趣旨と全然違うのでやめてもらっていますが、しかしこのやり方の違いが非常に大きい。なぜなら、演技重視の人ほど歌ではなく動きで見せて表現しようとする、すなわち歌で表現することを限りなくやっていない、さらには知らないわけです。この現実はかなり大問題です。それから、音楽の作り方に関して。中には言葉や音の長さ等を色々質問してきたりする人もいますが、それ自体は決して悪いことではありませんが、傾向として日本の歌手でそれらを追及する人ほど、形から入って形だけになっている、すなわち形をしっかりすること=音楽という不思議なことにあんっている場合が非常に多い。形と言うのはあくまで最終的に出来上がったものであり、まず最初に考えるべきではありません。なぜなら元々我々が感覚で持っていない西洋音楽をやるわけで、形から入る=中身がない(後回し)では音楽にも表現にもなりません。この辺になると、いい悪い、正解不正解の問題ではなく、知ってるか知らないかのレベルの話になります。トータルすると、やはり日本ではまだまだオペラは発展途上、正確に理解されていない=まだまだ知らない、結果違うことをやっている、という現実に色々な面から気づかされます。


これらは数回の練習で言ってやって変わるものではありません。かなり若手ならば少しずつ変えてはいけますが、中堅以上になるともう変更不可能状態です。極論を言うならば、日本のオペラはヨーロッパとは真逆なぐらいに違ってはいますが、しかし日本のそれが好きでそれにこだわってやりたい人も多いようで、それは各自の好みの問題なので仕方のないかとかと思います。その場合自分のような指揮者&コレペティトアは全く役に立たないわけではありますが、今回ルサルカと言う特殊作品を通じて、一人でも二人でも何かしら感じて気づいてくれる人が出て来たならば、それはそれで充分幸せなことではないかと思います。とにかく今回はできる範囲で色々試してみたいと思います。