Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

明らかに…

日本では原語上演が増えてきているが、しかしドイツ語だけが未だに日本語上演が多い。これが全く意味が分からない。今度うちの楽団でもやるルサルカ、最近これまたまたなぜか原語(チョコ語)上演をやってる団体がいくつかあった。指揮者も演出家もチェコ語&チェコオペラ専門家ではなく原語指導も呼ばずに。何でチェコ語をやってドイツ語をやらないのか。ドイツ語とイタリア語はオペラで一番メインになる主要ジャンルであることは言うまでもない。しかしイタリア語は確実にイタリア語でやって、ドイツ語は逆にほぼ日本語でやるという。全くもって基礎を無視しているというか、やる気がないというか…。


音大の声楽家を出たなら最低でもドイツ語、イタリア語、フランス語ぐらいでは歌えるようにというのが世界的な基礎である。日本はまだまだであるし、むしろそうする気がない、完全に自己満足である。明らかに、本物を理解し求める気がなく、自分達の都合に合わせている、言わばオペラを日本独特のものに変えている。これでは世界には全く通用しないが、しかし最近思うのは、単に本物を知らないだけなのかもしれないが、本場が同とか世界がどうとかはどうでもよく、自分達だけが満足すればそれでいい、それが島国の日本であるようである。