Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

ルサルカより

先日ルサルカ公演が終了した。何とか…と言った感じだった。ご来場&ご協力頂いた全ての方々へはもちろん感謝していうが、しかし歌手によってくっくりと明暗が分かれた公演になった。特にその暗の部分は日本のオペラ界の一番駄目な部分であった。


よかった部分は、しっかり暗譜し自分なりに歌い切り作品と向き合った歌手が何人かいた。悪かった部分は、演奏会形式にもかかわらず好き勝手に演技しまくって音楽無視の自己満足の歌手が何人かいたということである。しかも、普通の舞台上演でそれならまだ分かるが、演奏会形式で一切動かないと散々言ってきたにも関わらずそういう結果になってしまった、要するに音楽を周りを無視して徹底的にオペラを自分の好き勝手な姿に変えて自己満足に走ったということである。そして主催者側としては、その結果を受けてその暴走(演技をしてしまう)を止められなかったと言うことに反省が一転集中してしまうわけである。


そもそもなぜこうなったか。人間性と言われればそれまでかもしれないが、その前になぜそこまでして契約違反をしてまで動きたいのかである。なぜか日本のオペラ界のほとんどは歌いたいではなく演じたいである。なぜオペラなのに芝居希望者が集まっているのかである。要するにオペラを思い込んでいるか無理矢理変えようとしてるというわけであるが、ヨーロッパで研鑽と経験を積んだ者としてはやはり理解不能である。


今回は舞台所は照明だけそこそこ雰囲気付けて、音楽が途切れないためどこで出てはけてという導線だけを決めて、後は音楽の流れでとしたわけである。しかしやはりオペラは芝居で作るものと思い込んでいたのか、そういう者達はそれを都合よく解釈し、動いていいと覆いこんだのか、あるいは単純に本番は動いた者勝ちとして契約を無視したのか。まあどちらかであろうが、この時点でオペラ人失格であり、またチームプレイ不能な者として社会人としても失格である。主催者側としてはある意味こうなることをある程度予測していた部分もあったので、あえてこの”一切動かない”を相当強調したつもりではあったが、足りなかったようである。あるいは日本のオペラ界では不可能なのか?動かず音楽でオペラを作る、これは当たり前の普通のことであり、実際に演技を入れる前に誰でもやることである。言いかえれば音楽だけで一通り全て作れるわけであるし、それができない者に動く資格はない。ゆえに前述の物は単なるアマチュアということになってしまう。一番避けたかった結果になってしまった。


そんなこんなで、いい部分と悪い部分が超極端な公演ではあったが、ありがたいことに評判は悪くはなかったようである。せめてもの救いだったが、しかし本物をやる、今回ルサルカと言う珍しい作品であっただけに現地のオリジナルを再現する目的でやったが、正直いなかった部分があったのは心残りである。そもそも、動いてしまったがために音楽がぶち壊れてしまった、練習してきたことが全て水の泡になってしまった、そういう何人かは何度も言うようだが残念でならない。今後はこの経験も踏まえてさらに気をつけねばと思った。