Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

謙虚に現実を知るということ

なぜ日本ではオペラは=芝居、そしてオペラは今世界中で演出を中心に回っている、そう信じ込んでいるのか?


結論から言うと、これは大間違えで、単なる日本人の思い込みである。少なくともヨーロッパではそういうことはあり得ないし、自分が知る限りでは世界中でそういう現象は起こっていない。アメリカについてはよく知らないが、日本が大きく影響を受けるアメリカはひょっとしたらその傾向はあるのかもしれない。例えばメトロポリタンオペラは舞台セット美術に莫大な予算をかけることで有名である。しかしながら、クラシックもオペラも世界の中心はヨーロッパに外ならず、その視点からいくと世界の中心がそうとは言えない。


ではヨーロッパはどうかというと。一理あるのは、以前に比べると演出面は良くも悪くも活性化されているところはある。しかしそれは決して音楽を押しのけて演出が一番になったというわけではない。厳密に言うと、演出云々より、音楽が衰退したという現実の方がはるかに大きいわけである。さらに言うなら、指揮者のレベルが著しく低下している。コンクールが盛んになった今の時代、以前のように劇場で長年下積みをして指揮者になると言う伝統がほぼ消え失せ、コンクールでとりあえずオケだけ小奇麗に振って一攫千金狙いという表面的指揮者が増えて来た。要するに、アンサンブルの職人的である芸術家としての指揮者ではなく、テレビショーのごとく見世物指揮者が主流になって来たというわけである。さらにそういう指揮者が劇場をも牛耳るようになてきたから訳が悪い。その結果、指揮者が=音楽がれベう落ちたなら残るは舞台や演出へ、となるのはある意味必然かもしれない。もう一つ言うと、劇場を取り仕切る総裁やそれに準ずる立場の者で音楽を理解していない者が増えて来たというのもある。となると、音楽を司会していない=オペラを知らない、というわけである。そんなこんなで、オペラ全体のレベルが落ちてきたというわけである。


厳密な理由は全て分からないまでも、日本ではともかくオペラの音楽部分が全くと言っていいほど知られておらず、教育が全くと言っていいほどされていない。そしてオペラを芝居としてやるという日本独特のやり方が結果出来上がってしい、これがまた強烈に根付いてしまっている。この度合いは、ヨーロッパで歴史的にオペラ=音楽のレベルをはるかに超越しているから致命的である。そして皆、その日本人の理解のまま外を見て考える為、仮にヨーロッパのいいオペラに触れたところで、その考えは変わらず大事なことに気づけないわけである。西洋音楽のオペラをやっているわけだから、本場に学ぶのは超自然な行為であり一番大事なことである。この日本人の枠から抜け出さない限り、純粋にそれを理解できることもなければ実践できることもない。国内だけでやるならそれでいいかもしれないが、本場へ挑戦しようとか、さらには今後国際社会における日本人として考えた場合、それでは全く駄目である。客観的に、謙虚に、これが国際社会における今日、今の日本人に地番欠けている致命的な問題である。それが音楽の場合、特にオペラに強烈に出てしまっている。


ヨーロッパに留学して以来ヨーロッパでの生活はすでに10年以上になる。外から見た日本、色々なことがあるが、島国の日本は本当にこの客観性が欠ける為、外の世界から隔離されている。日本人自身は皆自分たちの能力が高く謙虚だと思っているようだが、残念ながら外から客観的に見ると、それは日本と言う離れた島の中だけの妄想に過ぎない。島国とはそこまでかと年々思い知らされる。決して日本の全てを否定するわけではないが、日本人はこの謙虚さを必要としているし、素直に客観的に見直すことができれば色々なことがよくなるはずである。