Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

こうもり

来る8月、KPBにてJ.シュトラウス”こうもり”が最近決まりました。最近はルサルカを筆頭にチェコ語作品が続いており、もちろんそれはそれでいいのですが、そろそろチェコ語以外の作品もやりたいと思っていたところでした(笑)確かに近年はルサルカは自分の最大のネタになっていて、チェコオペラをまともにやる唯一の日本人指揮者ということで光栄なことではありましたが、元々はオーストリアに留学しドイツ語圏が長いので、こうもりのような作品は実は一番経験も知識も豊富な主要レパートリーであります。自分は指揮者としてはやはりオーストリア出身なので!


というわけで、久しぶりにドイツ語です!ドイツ語は話してはいますが、作品としてまともにやるのはしばらくあいておりました。オーストリアに育てられた自分としては大いに血が騒ぐ作品です(笑)ルサルカの時はチェコ語、これは言うまでもなく今の日本人には知識も経験もなく、何より正確な情報が全くないので明らかに不可能なレベルの中どうするかでしたが、今回のドイツ語はそうではなく、ある程度の知識経験はあります。しかし、正確なドイツ語、特にウィーンやオーストリアとなると、実はこれはこれで正確な情報があるとは言えない。それどころかドイツ語は日本では結構誤解や勘違いが多い。さらに、日本ではオペレッタはほぼ日本語上演。オペレッタをドイツ語で、実はまだまだ未開の地的なレベルとも言えます。


とは言え、誰も知らないチェコ語を一からやる、それなりに知ってるが誤解の多いドイツ語を改めてやり直す、これ、どちらも同じぐらい難関です。逆に言えば、この両極端な難関両方に挑めると言うことは、かなりきつい話ではあるものの、指揮者としてはある意味貴重な経験とも言えます。そんな流れの中、色々考え色々試してみたいと思います。