Der Korrepetitor

オペラ指揮者&コレペティトア・宮嶋秀郎がコレペティについて語るブログ

コレペティに関する間違った質問

先日、留学時代の学友で現在コレペティトアとして活動する友人と飲んで語り明かした。彼も日本人で、近年一時帰国時に日本でマスタークラス等をやる機会が出てきたという。その時の話を聞いた。


彼は大体どこに行っても似たようなことを言われると言う。それは以下のようなことである。


‐ ソロ弾いて下さい!
‐ ピアノはどう練習していますか?
‐ ピアノの技術について…?


大体こんな感じとのことである。


同じくコレペティトアとして自分も全く同じ経験があるのでよく分かるのだが、やはりお前もそう言われたかあ、というのが正直なところである。あえてこの3つについて解説してみる。


ソロ弾いて下さい、であるが、これを言う人はまずコレペティトアという人種を全く知らない。コレペティトアとは歌手に稽古つけるトレーナーであり、この時点でまず演奏家ではなく舞台裏の人種、コーチである。もちろんピアノの腕自体は人それぞれではあるが、そもそもコレペティトアという人種はピアノの演奏を聴かせるピアニストではない。たまたまソロも弾いてるような人ならばこの要望はたまたま通ることもあるかもしれないが、まず基本的にコレペティトアにソロを求めるのはおかし話である。ちなみに友人はピアノ科出身でもピアニストでもない、文字通りコレペティトアである。


ピアノはどう練習していますか?であるが、まずピアニストではないコレペティトアはピアノを弾くことが大事なわけでも目的なわけでもない。オケがない状態で仮想オケ、言わばオケの代わりにピアノで代用して歌手に稽古をつけるわけで、ピアノは弾いているというよりも利用しているといった方がいいであろう。ゆえに、ピアニスティックな意味での技術的視点なピアノの練習は基本的に必要ないわけであり、早い話が弾ければとりあえずはいいわけである。ゆえに、この質問はかなり的が外れている。ちなみに、自分は彼とは付き合いが長く色々な話を平気で言い合える関係ではあるが、ピアノの練習の仕方に関しては一度も聴いたことも言ったこともない。なぜなら我々には必要のない方面の話であり、その前に興味がない。


ピアノの技術について…、前ネタの続きのようにはなるが、そんなこんなでピアニストとしての技術は必要ないわけである。日本人でこの質問をする人、我々の講習会やレッスンを受けに来る方々はほぼ間違えなくピアノ科出身者が多いであろう。例外なくピアノの弾き方としての質問である。はっきり言って、我々はピアニストとしてはどうか…である(苦笑)あくまでコレペティトアなので。ゆえに、そういう意味でのピアノの技術に関しては答えられることは何もない。むしろ質問者たちの方がはるかに上であることは確かである。ただ、コレペティトアの技術については言える。ピアノの技術とは全然違って来るし逆に否定されそうだが、これこそがコレペティトアにとって大事という技術は、いかにして要領よく弾くかということである。例えば、どの音を抜いてどの音を弾くか、あえて旋律を外して伴奏だけを弾く、さらにはどのように練習を進めて行くか、などなど。これは本当に大事なことであるが、ピアニストらからしてみると、音を抜くというのは特に日本ではやってはいけないことになる。練習の進め方は歌手を導くためにどうするかなどであるが、これはほとんどのピアにトがあまり興味を持たないことである。というわけで、いずれにせよ技術に関しては期待されている答えは我々にはできないのである。


近頃日本でも、密かにコレペティトアを志す者が増えて来たことも事実である。しかし前記のようにどうしてもピントがくるっている場合がほとんどである。そもそもピアノ科出身者=ピアノを弾きたい人、のやる職業ではない。まずはその辺を冷静に管上げるべきである。しかし、本当にコレペティトアになるべく興味持っている人もいないわけではない。そういう方々に関して言うと、勉強する機会も環境もないわけである。今度7月22日
自分とその友人とで都内にてコレペティのマスタークラスを開催する。詳細が決まり次第アップするので、興味持って頂けた方は是非いらして下さい!